2020年05月31日

DENON DP-400

sub1-w1280.jpg

 デノンのホームページを見ていたら、DP-300Fの上位モデルであるDP-400がフルオート再生ではないが、オートリフトアップ機能があることに気づいた。
 DP-400はDP-300をベースにしつつも、新開発のスタティックバランスのS字型トーンアームの採用、オートマチック機構を廃したことによるスピンドルのシャフトの独立・筐体の堅牢性のアップ・回転の精度の向上、フォノイコライザの電源回路も見直し、低ノイズFETや、低ノイズタイプのバイポーラ入力オペアンプ搭載、ターンテーブルの回転精度を高める「回転制御機能」を搭載などなど。十分なクォリティアップが図られている。そして、33- 1/3回転、45回転はもちろん、78回転にも対応。SP盤も聴くことが可能だ。
 実売5万円クラスのレコードプレーヤーとしては、音質と利便性を上手くバランスさせたモデルのようだ。レコードプレーヤーとしては比較的新しい製品であることも安心できる材料の一つだ。そして、個人的には回転制御機能もポイントが高い。比較的手頃な価格帯とは思えない充実ぶりだ。
 実際、かなり良さそうではあるが、デザインはオーディオテクニカのAT-LPW50PBの方が好み。でも、もっと言えばレガのほうが…。これを言い出したらキリがないか。
posted by 坂本竜男 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

やっぱりフルオートは便利

 少し、オーディオ熱(アナログ熱)が落ち着いてきた。しかし、家にいる時間が長いこともあって、レコードはよく聴いている。すると、やっぱりフルオートのプレーヤーの方が圧倒的に便利だ。そして、安全でもある。
 AT-LP300はすでに生産終了。後継モデルはAT-LP60Xになるようだ。これを買ってもいいが、ちょっと面白くない。この上のクラスはどうだろうか?
best-denki_4961310138028.jpeg

オーディオテクニカ AT-LP3

avac_dp300fk.jpeg
デノン DP-300F

 真っ先に候補に上がるのはこの2モデルだ。いずれもアナログには定評のあるメーカーだが、デザインは違うが中身は同じっぽい。どちらを選んでも音質と使い勝手は大きな差はないだろう。
 だが、気になる部分もチラホラ。トーンアームはちょっと本格的になってきたが、下位モデルとターンテーブル部分は共通のように見える。もし一緒だったら、これは困る。今、不具合が出ているのが、まさにそこだからだ。やはり、上位モデルの方が無難なのだろうか。でも、アナログは上位モデルになればなるほど、音は良くなっても使い勝手は悪くなる。フルオートなんてあり得ない。さて、便利さを選ぶか耐久性と音質を選ぶか?
posted by 坂本竜男 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

ダイヤル式携帯電話

aHR0cHM6Ly9tZWRpYS1tYnN0LXB1Yi11ZTEuczMuYW1hem9uYXdzLmNvbS9jcmVhdHItdXBsb2FkZWQtaW1hZ2VzLzIwMjAtMDIvNzhmNjI3YTAtNTFlNS0xMWVhLTlmYjctNDk2ODE5M2U4OTAy.jpg

 スマホ嫌いのためのダイヤル式携帯電話。組み立てキットが販売されているらしい。これはちょっと面白いな〜。つながり過多な今の世の中に対するアンチテーゼとも言えるね。
posted by 坂本竜男 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2020年05月30日

オリンパス MC-14、導入

20.5.301.jpg

 先日届いたブツは、オリンパスのMC-14。×1.4テレコンバーターである。
 僕が所有しているレンズでは40-150mm F2.8 PROに使える。使うと、56-210mm、つまり35mm換算で112-420mm F4として使えるわけだ。
 オリンパスのテレコンは画質の劣化がほとんどないことで知られている。いろいろなところでその優秀さは語られているが、果たして僕にとってはどんな使用感なのか?明日にでも試してみよう。
posted by 坂本竜男 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

ロードバイクとピラティス

20.5.292.jpg

 以前も紹介した「ロードバイク スキルアップ トレーニング」福田昌弘著。やはり、読めば読むほどピラティスのエイクササイズと同じだ。表現の仕方は所々違うが、本質的にはほとんど同じだと思われる。
 この本で紹介されているドリルのうち、自分が不得意なものを意識してロードバイクに乗っている。つまり、使えてない筋肉を使うことを意識しているわけだが、ジワジワ効果が出ている。
 思ったよりも早くアベレージが25km/h台に突入したし、向かい風が以前よりも速くなった。そして、体重も減ったがそれ以上にウエスト周りがかなり締まってきた。これで長距離と登りが速くなれば言うことなしだ。
 だが、ロードバイクに焦りは禁物。これらの効果も、意識し始めて2週間ほど経ってから出始めた。今はまだ短距離中心なので、長距離は次のステップだろう。今は素直に体型の変化がとても嬉しい。ピラティスのエクササイズをプラスした自転車は、おそらくダイエットとしても最高なのかも。
posted by 坂本竜男 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

ブログの過去ログを読んで気づいたこと その2

 ブログの過去ログを読んで気づいたこと。
 まだ自転車趣味を始めて数ヶ月の頃。自転車はロードバイクではなく、クロスバイク(ジオス アンピーオ)だった。当時から割とマメに走行記録をつけていたのだが、1〜2時間の走行時間の場合、ほぼ今と変わらない数字を出していたことに驚く。アベレージ25km/hをクリアしている日が多いのだ。
 もちろん、100kmを超える場合はアベレージはそれなりに落ちているが、50〜60kmくらいだったら今とあまり変わらない。カーボンフレームのロードバイク、リドレー エクスカリバーに移行して、速くなっていたつもりだったが、いくら歳をとったとはいえ短時間・短距離に関しては変わってなかったとは…。これはショックである。
 やはり、せめて走行スピードは30km/hくらいまでは上げておきたい。(ちなみに、今は無風状態で25〜28km/h)今のトレーニング方法でペースは上がってきたけど、走行距離と走行日数が伸びてないのがいけないのかな〜。
posted by 坂本竜男 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2020年05月29日

SUMMILUX 15mm F1.7を導入して

20.5.291.jpg

 ライカ SUMMILUX 15mm F1.7が、思った以上に良い。ネットでのレビューは25mmよりはあっさりめとのことだったが、十分にライカらしい色ノリの良さと解像度の高さを備えている。ボケ味も美しく、そして、色気があるように思う。また、コンパクトなのに高級感のある仕上げで、所有欲を満たしてくれるのも嬉しい。今はGX8につけっぱなしである。
 ライカの単焦点が15mm、25mmと揃い、ライカ標準ズームの標準域でのボケの少なさとレンズの暗さがかなりカバーできるようになった。あとは中望遠の明るい単焦点(具体的にはルミックス42.5mm F1.7あたり)を導入したら、いよいよ6D mark IIの出番はなくなりそうだ。
 いくらセンサーサイズが小さいというハンディがあるとはいえ、マイクロフォーサーズのフラッグシップと最新レンズの組み合わせは、写りの良さも性能もかなり強力だ。正直、一眼レフはいくらフルサイズでも古くさく感じる。AFも不満があるし、大きく重く、失敗のリスクも大きい。持ち出す気持ちが薄れてしまう。確かにフルサイズ一眼ならではの魅力・長所はあるのだが……。
posted by 坂本竜男 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

飽きっぽさと効率と

 僕は基本的に飽きっぽい。だから、趣味も仕事もある程度集中すると、途端に飽きる。しかし、長続きしているものは、また夢中になる時期が来て再び集中する。そして、また飽きる。その繰り返しである。
 趣味ならそれでもいいが、仕事では流石にそれはまずい。だから飽きてきたら、他の作業や息抜きを挟むのだが、やはり効率は良くない。しかし、仕事が多いと一つの仕事が飽きてきたら別の仕事をし、それが飽きたらまた違う仕事をする。それを繰り返すと、いつの間にか複数の仕事が同時進行でいい具合に進んでいく。仕事の数が多すぎると、そこまでうまくはいかないときもあるが、基本的にはある程度仕事の数があった方が僕の場合は効率的だ。
 最近はコロナの影響もあり、仕事はかなり減っている。そんな時は仕事の数は少ないのに、思うように仕事が進まなかったりしてもどかしい(もちろん、それでも納期が遅れることはないが)。効率が悪いのである。
 だが、今月の後半から仕事も少しずつ戻り始めた。頭を切り替えながら複数の仕事を進めることが、ようやくできるようになってきたのだ。これは本当にありがたい。仕事が回り出した実感がある。僕はやっぱり、仕事を含めてやるべきことがいくつもあった方が性に合っているのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

TEAC CD-P650

cdp-1-768x273.png

 安いのに音が良いと、一部で評価が高いCDプレーヤーがある。TEACのCD-P650である。
 もう、生産完了したモデルで、実売も2万円ほど。メーカーの中ではローエンドモデルに位置する。流石に高級感はないが、わりとシンプルなデザイン(といっても可も不可もなくという感じ)で、サラッと使うのには良さそうな感じではある。
 もはや今はCDプレーヤーは過去の産物だ。以前のような超高級機はほぼ姿を消し、PCオーディオかネットワークオーディオに主流は移行している。音源はハイレゾかCDをリッピングしたものか、配信か、といったところか。
 ただ、僕自身はパッケージメディアが好きだから、LPやCDという形がしっくりくる。わざわざディスクをプレーヤーにセットしたいのである。アルバムのジャケットを同時に楽しみたいのである。
 しかし、単体のCDプレーヤーは激減している。そんな中で低価格高音質として一部ですこぶる評価が高いこの製品に興味を持ったのである。
 ネットでの評価では生演奏のような音質というものがある。低価格機だから余計な音作りをせず(またその予算もない)、素直な音作りをしていて、それが功を奏しているということなのだ。高級機よりも音が良いと評価する人もいる。
 これに対し、眉唾の人もいいだろう。だが、音楽の聴き方で機器の評価が変わることも多々ある。レンジの広さや解像度などを求めるなど、スペック的なものを重視する人と、音楽の心地よさやダイナミズムを重視する人とでは評価は違って当然。これに関して、どちらが正しいということはない。
 では、このTEAC CD-P650はどういうタイプなのだろうか?音楽が楽しいプレーヤーだったら、「買い」なのだが。
 我が家のオーディオは、最低限の音楽再生においてもクォリティをクリアしたら、いかに気持ちよく楽しく音楽が聴けるか。生演奏に近い感覚で聴けるかを大事にしている。そういう意味ではクリアできていると思っているのだが、なにせシステムがマニアックで少々大げさな気もしている。もっとさりげなくあってほしいという気持ちもあるのだ。
 そういう意味ではこのような機器というのは押しが強くなくて具合がいい。一度自宅で聴いてみたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2020年05月28日

思考の整理学

20.5.282.jpg

 刊行から34年。驚異のロングセラーを続けるこの本。東大・京大で一番読まれた本としても知られるが、これだけ長い間、強力に支持されるのは時代を超えて大事な、とても本質的なことが書かれてあるからだろう。何度読んでも、その時その時で響き方が変わる本でもあると思う。
 この本を読むことで、先が開けることもあるだろうし、見落としていた大事なことに気づくこともあるだろう。ときにはいい意味で自分への戒めになることもあるかもしれない。行き詰まった時はもちろん、調子が良い時も読むべき本だ。
posted by 坂本竜男 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

鰻はできれば定期的に

20.5.281.jpg

 今日のお昼は久しぶりに筑後の鰻の次郎長。うな重を堪能する。
 ランチとしては贅沢ではあるが、ここのうな重は美味しいのに良心的な価格。このお店を知ったおかげで鰻が少しだけ身近になった。
 鰻は美味しいのはもちろん、やっぱり力がつく感じはある。思い込みかもしれないけど、その思い込みは意外に大事。できれば定期的に鰻は食べたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

住空間 改良計画

 少しずつ仕事も元のように増え始め日常も戻り始めているが、まだまだ自宅にいる時間が長い今日この頃。我が家の住空間をより快適にすべく、改良計画を立てることを思いついた。
 我が家のメインの空間はキッチンとリビングが一緒になった18畳の部屋である。その部屋の片隅に手作りの本棚とパソコン&デスクを設置し、ワークスペースを設けている。そして、オーディオシステムを設置し、オーディオルームも兼ねる。
 リビングの片隅にワークスペースを設けているのは、リビングというよりも仕事とプライベートの両方を含めたコミュニティスペースとして活用しているからだ。だから、来た人は自由に本棚の本を読めるし、CDやレコードも聴くことができる。お店や施設のカードやパンフレット、イベントのチラシ、エゴイスタスのバックナンバーも置いていて、自由に持ち帰ってもらえる。コミュニケーションと本と音楽のすべてが、この部屋でつながるのである。
 このコミュニティスペース兼ワークスペースはとても気に入っているが、モノが増えてくるにつれて、もっとシンプルで機能的にできないかと思うようになった。エゴイスタスは毎回増えていくし、書籍やCD、レコード、チラシも増える一方だ。ディスプレイと収納は考えないといけない。
 そして、部屋の割にテーブルが小さいのも難点。普段は問題ないが、3人以上お客さんが来られた時は流石に小さすぎる。これもなんとかしたい。
 さて、では具体的にどうすべきなのか。まだ時間が取れるうちに計画を立てて実行に移したい。
posted by 坂本竜男 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月27日

またまた…

20.5.279.jpg

 またまた、新規導入。これは……?
posted by 坂本竜男 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

ライカ SUMMILUX 15mm F1.7をちょっとだけ試してみる

 早速、ライカ SUMMILUX 15mm F1.7を試してみる。いつものように、近所をちょっとだけ写真を撮りながらの散策。もちろん(?)、ボディはGX8である。

20.5.274.jpg

20.5.275.jpg

20.5.276.jpg

20.5.278.jpg

20.5.277.jpg

 僕が15mm(35mm換算30mm)という画角は得意ではないこともあり、いつもと代わり映えのしない写真ばかりになってしまったが、それでもこのレンズの素性の良さは十分に見て取れる。
 まず、広角レンズの割に結構ボケる。これは最短撮影距離が20cmと寄れることも大きい。そして、ボケは極めて滑らかである。ピンが来ている部分の解像度は十分に高いが、決してカリカリの描写ではなく、しなやかさと柔さがある。色乗りは25mmと比べるとあっさりかと思いきや、ライカらしさがしっかり出ている。多くの人が絶賛するのがよくわかる。良いレンズだ。
 問題は僕がこの画角を苦手にしているということだ。本来、スナップにはぴったりの画角のはず。しばらくはGX8につけっぱなしにして、ガンガン撮りまくろう。
posted by 坂本竜男 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.導入!

20.5.271.jpg

 やっとライカ DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.を導入した。3本目の(パナ)ライカレンズである。
 25mmと比べると、その仕上げと質感の良さは別次元。25mmは安っぽくはないが、やはりプラスチック感が強めなのは否めない。一方、15mmは金属製鏡胴とフードとその適度にマットな質感が抜群。小さなレンズなのに、しっかりとした高級感がある。

20.5.273.jpg

 小さな単焦点レンズなので、レンジファインダータイプのGX8との相性も抜群。質感の高いハイスペックなスナップシューターセットだ。
 評価がすこぶる高く、最も売れているパナライカの単焦点だけに、期待は嫌でも高まる。果たして、その写りは……?
posted by 坂本竜男 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年05月26日

思いとどまらせる音

20.5.265.jpg

 十数年ぶりにオーディオ機器を一新したい気持ちが芽生え始めたなか、何気に今のシステムでCDを聴いたら、機器を一新したいという気持ちが吹っ飛んでしまった。
 自画自賛になるが、やっぱり音楽が楽しい音なのだ。いわゆるオーディオマニア的クォリティをしっかり満たしつつ、音楽ファンが満足できる楽しさを十分に満たしている。機器を一新して、この音が確保できるとは限らない。アンプとCDは、壊れることがない限りこのまま使い続けよう。
posted by 坂本竜男 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

ヤマハ WXC-50 / WXA-50が気になる

Yamaha-WXC-5.jpg

id_013_mid.jpg

*画像はYAMAHA公式サイトより抜粋

 我が家のオーディオ機器をシンプルでコンパクトにしたいな〜という気持ちが強くなった理由の一つに、気になる機器の存在がある。それは、ヤマハ WXC-50 / WXA-50である。
 決して新しい製品ではなくすでに3年近く経っているが、個人的には十分魅力的な製品に映る。
 WXA-50は小型のワイヤレスストリーミングアンプである。D級アンプだから小型にできるし、出力も最大出力115W/chと必要にして十分。我が家のJOGOスピーカーはフルレンジだから、駆動には全く問題はない。
 いわゆるアンプ内蔵のネットワークプレーヤーでもあるので、パソコンやNAS(ネットワークHDD)などにストックした音楽を家庭内ネットワーク(LANまたはWi-Fi)経由で再生できる。また、BluetoothレジスタードマークやAirPlayを使って、スマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで手軽に再生可能だ。ESS社製D/Aコンバーター「SABRE9006AS」も搭載しているので、CDトランスポートを繋げば、DAC内蔵アンプとしても使える。
 アナログ入力(RCA)もあるので、アナログプレーヤーやCDプレーヤーの接続も可能だ。
 これだけキッチリ詰まっていて、サイズは214W×51.5H×251.4Dmm。重量は1.94kg。軽量コンパクトだ。デザインもシンプルで良いし、仕上げもサイトを見る限り、高額の高級機のような高級感は期待できないものの価格の割に良さそうだ。
 WXC-50は、WXA-50のパワーアンプ部分をなくし、コントロールアンプとしたもの。より発展性があるが、これとペアになるパワーアンプがヤマハにはないのが残念だ。しかし、質の良さそうな小型パワーアンプはいくつか存在するので、それらと組み合わせる楽しみはある。

 まさか、ヤマハからこんなに魅力的な機器が発売されていたとは知らなかった。これも時代の流れなのだろうか。これとペアになるCDトランスポートがあれば文句なしなのだが。
posted by 坂本竜男 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

いまのオーディオ事情

20.5.264.jpg

 アナログプレーヤーの調子が良くないことをきっかけに、今のオーディオ機器のことを調べていたら、完全に浦島太郎状態になっている自分に気づいた。
 まず、CDプレーヤーが激減している。ピュアオーディオの場合、多くはPCオーディオかネットワークオーディオに移行しているようだ。これは知識としては知っていたが、実際に各メーカーのサイトを見てみると、CDが過去のものになってることを思い知らされる。それに、音質を重視すれば、CDプレーヤーよりもPCオーディオの方が優れているのは明白だ。
 とはいえ、僕はPCはオーディオとは切り離したい。やっぱり、僕はアナログ人間なのだ。
 機器のサイズに関しても変化が見て取れる。昔ながらの重厚長大、物量投入型の高級アンプはあるにはあるが、その一方で小型で高性能のものも増えてきた。D級アンプが当たり前になってきたので、大きな筐体が必要ではなくなってきたからだろう。もちろん、昔ながらのサイズ感で作っているメーカーも多いが、そんなメーカーにもコンパクト高性能なものが用意されていたりもする。そして、コンパクトな機器のみに特化しているメーカーもちらほらある。これらはシンプルなデザインのものが多く、ちょっとそそられるものを持っている。
 今のオーディオは、スマホやPCと連動しているタイプが一つの大きな流れになっているようだ。それらの多くはコンパクトで大げさではない。昔のこれみよがしな大げさなオーディオにどっぷり浸かっていたことのある人間からすると、別のジャンルのものと思えなくもない。
 僕自身、スピーカーとアナログプレーヤー以外は、もっとコンパクトでシンプルにまとまっても良いかな〜と思わなくはない。アンプは20年以上使っているし、CDトランスポートとDACも12〜13年くらいにはなる。それぞれに思い入れはあるが、最新の機材でもっとコンパクトにまとめても良いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

梅雨の気配

20.5.261.jpg

20.5.262.jpg

20.5.263.jpg

 週間天気予報を見ていて、しばらくスッキリしない天気が続くな〜と思っていたら、近所の紫陽花があちこちで咲き始めていた。確かに、昨日あたりから空気がいつもよりも多めの湿気をまとっている。もう、梅雨はそこまで来ているようだ。
posted by 坂本竜男 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2020年05月25日

緊急事態宣言解除後のはばき

 今日、緊急事態宣言がようやく宣告で解除。少しずつだが以前の日常が戻り始めた。
 というわけで、細心の注意を払いつつ、和心料理はばきさんへ。もちろん、お店へ行くのは緊急事態宣言後、初めてである。

20.5.253.jpg

20.5.254.jpg

20.5.255.jpg

20.5.256.jpg

20.5.257.jpg

20.5.258.jpg

 野菜から始まり、美味しい魚、そしてラストはA5ランクの佐賀牛。いつもよりもちょっとだけ贅沢。もちろん、味は最高、文句なし。こんな閉塞感から脱出する意味でも、美味しいものをしっかり楽しむのは大事だよね。
posted by 坂本竜男 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ