2020年06月30日

雨上がりのひと時

20.6.301.jpg

20.6.302.jpg

20.6.303.jpg

 雨上がりに近所を散歩する。まだ空をどんよりと曇っているが、草花はイキイキとしてとても輝いて見える。おかげで曇っているのに、とても明るく感じられる。写真に撮ると、その輝きがとてもよくわかるね。
posted by 坂本竜男 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

イコライザーカーブについて

 レコードの再生で無視できないものの一つとして、イコライザーカーブがある。これは、レコードの物理的特性による問題を解決するために生まれたものである。具体的には、詳しく解説されたサイトや書籍を参照していただきたいが、レコード盤に溝を刻む時にかけるイコライゼーションである。
 しかしそのレコードを再生するときは、刻む時にかけられたイコライゼーションと逆のイコライジングをする必要がある。ここにフォノイコライザーの役割の一つがあるわけである。
 このイコライザーカーブは、昔はレコード会社ごとに違っていた。しかし、1953年に米RIAA(Recording Industry Association of America=アメリカレコード協会)によって標準規格として制定されたRIAAに統一された。
 だが、それは表向きで、1953年以降もしばらくの間は独自のイコライザーカーブを使っている会社がいくつもあった。そして、1953年以前のレコードは当然、会社ごとにイコライザーカーブは違う。それらを正しく再生するためには、それぞれに合ったイコライザーカーブで再生する必要があるのだ。
 僕もイコライザーカーブのことは知っていた。しかし、見て見ぬ振りをしていた。僕が面倒くさがりなこともあるし、複数のイコライザーカーブで再生できるフォノイコが高価なこともある。
 だが、音が悪いと思っていたレコードが、実はイコライザーカーブが合ってなかっただけだった、というのはマニアの方たちの中では割と耳にする話ではある。それに、僕の所有するレコードには、RIAAではなく違うイコライザーカーブが合うのは間違いないと思われるレコードも多々ある。そして、合研ラボの安価かつ評価の高いイコライザーカーブが選べるフォノイコの存在を知ったこと。もうイコライザーカーブのことを無視できなくなってしまった。
 しかも、ちょうどアナログプレーヤーを新調しようとしている最中である。一度には難しいから、段階的にはなるが、音質はもちろん、音楽をより楽しめるアナログシステムを構築していきたい。
posted by 坂本竜男 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2020年06月29日

デジタル針圧計が出てきた

20.6.296.jpg

 部屋の押し入れを整理していたら、ずいぶん前に買ったデジタル針圧計が出てきた。
 製品名は、POLE☆STAR PS-ST15。0.01g単位まで計れる優れものだ。そう言えば、当時、この精度で一番安かったのがこの製品だったっけ。安かったとは言え、それでも1万円以上はしたはずだ。
 この針圧計、現在電池切れの状態だ。これが出てきたということは、そろそろ次のプレーヤーに行けということか?とりあえず、電池は買っておこうかな。
posted by 坂本竜男 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

千栗土居公園のチョウトンボ

20.6.295.jpg

 千栗土居公園で、昨年は見かけなかったトンボを発見。ハスの周りをユラユラとのんびり飛んでいる。ハネの形もちょっと特徴的だが、色も部分的にスケルトンになって目をひく。意外に近寄っても逃げないので、広角単焦点レンズでもこれだけ寄った写真が撮れた(もちろんトリミングなしです)。
 あとで調べてみると、このトンボはチョウトンボらしい。確かに、飛び方がユラユラしているので、ぱっと見、チョウが飛んでいるように見えなくもない。
 また行ったらこのチョウトンボに会えるだろうか。次に行く楽しみが増えた。
posted by 坂本竜男 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

一年ぶりの千栗土居公園の二千年ハス

20.6.292.jpg

20.6.293.jpg

20.6.294.jpg

 一年ぶりに、千栗土居公園の二千年ハスを見に行った。
 時期が良かったのか、今年は去年よりも綺麗に、そしてたくさん咲いているようだ。それもあってか、多くの人たちがカメラ片手に観に来られていた。
 ロードバイクで走ってる最中に思いついて寄ったので、広角単焦点レンズしかなかったのが残念。近いうちにオリンパスPROレンズをつけて、リベンジせねば。
posted by 坂本竜男 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

雨が降り出す前に

20.6.291.jpg

 梅雨入りしたせいもあるが、天気とのタイミングもなかなか合わず、今月はロードバイクに乗った回数はわずか3回。あまりに少ないので、今日は少し乗ることにした。
 予報では昼から雨。朝は晴れ間が出ていたが、すぐに曇り空に。しかし、日差しや和らぐし気温もそこまで高くないので、雨さえ降らなければかえって都合がいい。雨が降った時を考えて近場を少し走った。
 最近、家にこもる時間が長かったので、1時間半ほどしか乗ってないが十分に体がスッキリして気持ちよかった。やっぱり、週に二回は乗るべきだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2020年06月28日

グリーン

20.6.287.jpg

 「ライフズ・リッチ・ページェント」でスイッチが入ってしまった。次もR.E.M.。
 「ライフズ・リッチ・ページェント」で殻を破った彼らが、本作で一つの頂点を極めたと言っていい。そんなアルバムだ。中期R.E.M.の代表作。個人的には彼らの最高傑作ではないかと思っている。
 このアルバムで特徴的なのはある種の明快さだと思う。それは「ライフズ・リッチ・ページェント」から見られるものだけど、このアルバムで完全に解放された気がする。ポップで明快でありながら何度も聴き込めれる懐の深さがある。初めて聴いた時から大好きなアルバムだが、その思いは今も変わらない。
posted by 坂本竜男 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ライフズ・リッチ・ページェント

20.6.286.jpg

 僕がR.E.M.にハマるきっかけになったアルバム。世界的スーパーバンドになって、2011年に解散したR.E.M.だが、僕は今だにこのころのアルバムが大好きだ。特にこの作品は、学生時代、どれだけ聴き込んだかわからない。
 このアるバムは彼ら自身を変えたアルバムでもある。マイケル・スタイプのヴォーカルも明瞭になり、音楽もよりスケールアップした。そして、突き抜けるようなエネルギーと抜けの良さがある。そこにはそれまでの殻を突き破るような強さと清々しさを感じるのだ。この感じは学生の時聴いていたときと明らかに違う。これは改めてハマりそうだな。
posted by 坂本竜男 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

オープン、トゥ・ラヴ

20.6.282.jpg

 ポール・ブレイの最高傑作とも言えるピアノソロ。とても有名なアルバムだが、僕は美しく温度感が低いアルバムと思っていた。確かに音数がとても少なく、鋭さを感じる演奏ではあるが、多くのピアニストが影響を受けたと思われるフレーズが並び、とてもメロディアスでもある。そして、クールな中に見え隠れするやわらかな温度感に気づいた。実は独特のあたたかみのあるアルバムでもあるのだ。それに気づくと、このアルバムの音楽性がより深みを増してくる。やっぱり語り続けられる名盤なのだ。
posted by 坂本竜男 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ア・デイ・イン・ザ・ライフ

20.6.281.jpg

 ウェス・モンゴメリーの名前と吸い殻のジャケットだけで買ったこのアルバム。良くも悪くも予想を裏切る内容で、一回聴いただけでレコード棚に眠っていた。
 比較的、時間が取れる今になって引っ張り出して聴いてみたが、基本的には聴いた印象は最初と変わらない。聴きやすいBGMといったところだ。タイトルにもなっているビートルズのカヴァーなど、聴きやすいがとても充実した内容になっている。サラっと聴けるけどじっくりと聴き込むこともできる。そこはウェスの懐の深さなのだろう。
 個人的には夏の暑い時に合うアルバムのように感じている。このサラッとすごいのが良いのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月27日

このくらいでいいや

 毎日ヒマさえあれば、新しいアナログプレーヤーのことを考えている。
 将来の多少のアップグレードも踏まえて、レガPlanar 3とオーディオテクニカAT-LP7の2モデルに絞ってはいるが、どちらも更なるオーディオ沼にハマる可能性を秘めている。しかも、かなり高い確率で。
 沼にハマると、使いこなしやアップグレードにお金と時間と労力を費やすことになる。しかも、かなり。そして、それに疲れ、オーディオが楽しくなくなり、家で音楽を聴くことからも離れてしまう。今までがそうだった。
 しかし、そうはなりたくない。それなら「このくらいでいいや」と思えるところで留めておくのがいい。上記の2モデルは、最初は「このくらいでいいや」と思えるものだと思っていた。だが、これだけ悩んでいると、その範疇を超えている可能性が高いのではないか。そういう気もしている。なぜなら、2つともかなり伸びしろが感じられるからだ。

P1_tonearm_web.jpg

 そこで、ふと思ったのがレガPlanar 1の存在だ。作りと性能は良いと思えるトーンアームも、調整の幅が狭いので使えるカートリッジがかなり限られてしまう。プラッターもケーブルもほどほどだ。上記2モデルと比べて伸びしろは小さく感じられる。これは欠点にも見えるが、購入後にあまりいじりたくない人にとっては欠点ではない。
 これに安価ながら評判のいいフォノイコ ART DJ PRE IIを組み合わせれば、トータル4万円程度でそこそこのアナログシステムが組めてしまう。Planar 3と比べると、組み合わせるフォノイコにもよるが1/3以下。AT-LP7と比べても約1/2である。これこそ「このくらいでいいや」と思えるセットではないか?
 さて、実際はどうなのだろう?もちろんこの組み合わせで聴いたことはない。ただ、海外ではこの組み合わせでレコードを楽しんでいる人はいるようだ。実際に聴けたらいいのだが、この組み合わせで聴けるお店なんて多分ないよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

夏はオリオンビール

20.6.271.jpg

 今日の晩酌はオリオンビール 夏いちばん。夏限定のビールだ。
 夏らしくスッキリと爽やかで華やか。そして軽やか。今の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれるような美味しさだ。やっぱり夏のオリオンビールは素晴らしくいいね。
posted by 坂本竜男 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

文部省唱歌にサビを付けたら 桑田佳祐



 こんな番組があったなんて知らなかった。しかし、桑田佳祐の本気の遊び心と、音楽の懐の深さは凄いものがあるな。
posted by 坂本竜男 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月26日

アナログプレーヤー 今と昔

 アナログプレーヤー選びで引っかかっているのは、10万円という予算枠である。実際、これ以上出すつもりはないのだが、今の時代にこの予算はあまりに少ないのではないかという思いは少なからずある。
 1970〜80年代のアナログ全盛期なら、10万円でかなり高性能なモデルが存在した。当時はCDすらないし、オーディオも盛り上がっていたから生産数そのものが桁が違う。そして当然物価も違う。今、いちから作ったら2〜3倍くらいの価格では済まないと思われる製品も多い。だから、10万円しか予算がないのであれば、昔の名機を中古で買った方がはるかにクォリティが高いと主張する方も少なくない。僕自身、80年代のオーディオを体験しているだけに、この主張は一理も二理もあると感じる。
 では、今の10万円クラスの製品は買う価値がないのだろうか?数十年の年月分の進歩はないのだろうか?
 今はハイエンドになればなるほど、高解像度を求める方向性が強くなっているように感じるが、これ自体はクォリティとはまた別の問題だ。今と昔では、オーディオの最大の課題の一つである振動の処理に対する考え方が違っているように思う。
 では、具体的にどう違うのだろうか?
 ベテランのオーディオマニアに人たちは、オーディオ機器は重い方が良いと考えている人が多かった。オーディオにとって大敵の振動を、重さで抑え込むという考え方である。
 一方、今は少し違う。重厚長大なものは溜め込む振動エネルギーも大きく、揺れにくい半面、揺れだしたら止まりにくい。そこで、重量で抑え込むよりも、振動エネルギーを逃しやすい、あるいは影響を受けにくい構造を追求する方向性があると思う。レガのプレーヤーはまさにその代表的な例だ。
 昔の国産メーカーは上級モデルになればなるほど大げさなくらい、大きく重い製品が少なくなかった。もちろん、今もそういった製品は少なからずある。しかし、今は上級モデルなのに驚くくらいコンパクトで軽量級のモデルも多々ある。昔では考えにくかったことだ。
 それを考えると、レガやリンは先見性の高いメーカーだと言える。日本のメーカーは小さなところに面白いメーカーが存在する。だが、アナログプレーヤーは開発にコストがかかるのか、小さな日本のメーカーで面白い製品を出しているところを僕は知らない。大手は国内では比較的無難にまとめている印象がある。今までの積み重ねもあるから、品質そのものは落ちてないと思う。しかし、生産量の桁が違うから、今は明らかにコスパが悪い。そんな中、オーディオテクニカは、今までの積み重ねをうまく生かしながらさりげなく新しいもの(考え)を取り入れているようにも見え、実はダークホース的な存在ではないかと睨んでいる。
posted by 坂本竜男 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

アナログプレーヤー選び 〜使い勝手とカートリッジで考える

 できればポイント還元が終了する前に導入したいと考えているアナログプレーヤー。しかし、レガ Planar 3とオーディオテクニカAT-LP7の2機種に絞ったまでは良かったが、それからが決めきれないでいる。どちらも、それぞれの良さが明確にあるからだ。そこで、今度は使い勝手とカートリッジの観点で二つのプレーヤーを考えてみたい。

 まず、使い勝手。これはユニバーサルアームを採用し、回転数の変更もダイヤルで簡単にできるAT-LP7の圧勝だろう。MMとMCの切り替えが背面のスイッチになるからその点だけはマイナスだが、それ以外は使いにくそうなところは特にない。載せるだけのダストカバーは意見が分かれるところだが、僕はレコードをかけるときはカバーは外してしまうので(その方が音が良い)、ヒンジなしの方が都合がいいのだ。

 そしてカートリッジ。僕はどちらかというと、カートリッジを色々変えて楽しむタイプではない。ぴったりとハマるカートリッジが決まれば、あとはそれをずっと使い続けたい。僕の場合、所有するモノラル盤も極めて少ないので、モノラルカートリッジも(今は)考える必要がないと思っている。では、それぞれのプレーヤーにぴったりハマるカートリッジはなんなのだろうか?
 レガは高感度のストレートアームだから、設計が新しい現代的なカートリッジが合っているように見える。しかし、実際はデノンDL-103を組み合わせている人も多い。レガのアームは高さ調整をする際にはスペーサーが必要になる。その厚みは2mm。レガのカートリッジは背が低いから、多くのカートリッジはスペーサーを1枚もしくは2枚必要としてしまう。ここがやっかいなところだろう。
 高さ調整の必要がないデフォルトの純正カートリッジは、本体に対して弱いという評価も多いので、純正ならもっと上位クラスのものにしたくなる。本来ならMCカートリッジになるだろう。だが、そうなると予算オーバーだ。
 今の所、Planar 3に良さそうなのはスペーサーの必要がないデノンDL-103だ。この組み合わせで使っているユーザーも多い。だが、DL-103は針圧は重め。レガには本当にベストなのかは疑問が残る。正直なところ、まだ決定打はない感じだ。

 一方、AT-LP7もカートリッジの決定打に欠ける。これはレガと逆の理由である。とりあえずはデフォルトのカートリッジを使うことになるが、基本性能が高いのでどのみちカートリッジは変えるだろう。アームの針圧と使えるカートリッジの重量を考えると、DL-103のようなカートリッジは使えないことはないがベストではないと思われる。だが、アームの高さ調整ができるので、カートリッジの高さはあまり気にしなくてもいい。ターンテーブルのモーターの位置から考えると、レガではハムが出やすいGRADOもターゲットになる。レガよりは選択肢が広いのだ。
 AT-LP7の一番の候補はデフォルトのカートリッジの上位モデルだろう。VMカートリッジになるが、同社のMCカートリッジよりも相性が良いという評価もある。MCカートリッジなら、デノンDL-110が最有力だろう。軽量で高出力。設計は古いが、評価は高い。
 AT-LP7はユニバーサルアームだから、カートリッジ交換も比較的容易だ。カートリッジ交換も楽しみのひとつになる。お金はかかってしまうが、趣味としてはアリだ。将来、モノラル盤が増えた時も、対応が簡単なのも良い。
 
 今の所、使い勝手とカートリッジの二つで考えるとAT-LP7の方が優勢だ。日本メーカーという安心感もある。デザインはPlana 3の方が好きなのは変わらないが、だからといってAT-LP7のデザインが嫌いなわけではない。これはこれで、オーソドックスにうまくまとまった良いデザインだと思う。ただ、発展性があるだけにAT-LP7の方がオーディオの沼にハマる危険性は高い気がしている。
posted by 坂本竜男 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2020年06月25日

ART DJ PRE II

preamps-processors-djpre-II-front-angle.jpg

 低価格で評判のいいフォノイコを調べていたら、合研ラボ以外にも気になるモデルが出てきた。ART DJ PRE IIである。実売はなんと7,000円強。もっと安かった時期もあったようだ。
 もちろん、かなり低価格なので賛否両論あるが、それでもネットでの評価はかなり高い部類に入る。価格も安いし、ちょっと試したくなる製品だが、このARTというメーカーは以前DACで嫌な思い出があるので、ちょっとだけ心配はある。
 とはいえ、ゲインの調整ができたり、サブソニックフィルターがあったり(オンオフが可能)と、この製品ならではの良さがしっかりある。低価格とは言っても決してバカにできない。
 この製品の良し悪しは実際に聴いてみないとわからないが、こういった面白い製品が低価格で存在することが大事だと思う。そういう意味では、この製品の存在意義は間違いなくある。というか、素晴らしいとさえ思う。
 国内で手頃な価格のフォノイコはオーディオテクニカといくつかのガレージメーカーくらいで、ほかは高額製品にシフトしているように見える。商売としてはそれが効率的なのはよくわかるが、面白さには欠けると言わざるを得ない。面白くないと結果的には衰退していくと思うのだが……。
posted by 坂本竜男 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

オリンパス、赤字のカメラ事業を売却 OM-D、PEN、ZUIKOブランドは新会社が継承

 この昨日発表されたニュースは正直、かなりショックだった。カメラ業界全体が苦戦しているのは以前から知っていたが、オリンパスがここまで厳しかったとは。
 オリンパスは優れた技術を持っているし、素晴らしいカメラやレンズもたくさん世に出している。何を隠そう、僕は生まれて初めて購入したデジカメはオリンパスで(C-1400XL)、当時の同クラスのカメラと比べても画質の良さは頭一つ抜けていた。今はカメラこそ使っていないが、オリンパスPROレンズには完全な信頼を置いている。それだけに、このニュースは耳にしたくはなかった。
 映像事業は国内投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に譲渡される。そして、映像事業を継承する新会社を設立し、株式をJIPに譲渡。新会社はオリンパスのカメラブランド「OM-D」「PEN」や、交換式レンズのブランド「ZUIKO」などを継承し、オリンパス製品のカスタマーサポートも続けるということだが、「オリンパス」というブランドはなくなってしまうのだろうか。ブランドイメージも含めて、いい形で継承して続けていただきたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

十割蕎麦かぜのたみの風まん膳

 今日のランチは、ひさしぶりに筑紫野市の十割蕎麦かぜのたみ。7種の前菜とデザートに好きな単品を組み合わせることができる「風まん膳」をいただく。

20.6.251.jpg
 まずは前菜。それぞれがとても丁寧に作られている。味は上品で繊細、かつ旨みはしっかり。食べ進むほど食欲が増していく。

20.6.252.jpg
 そして、そば。僕はせいろの大盛り。香り豊かでコシのある麺がなんとも心地よい。口の中で蕎麦の香りと旨みが心地よく広がる。美味しいでのどんどん箸が進むが、実はしっかり食べ応えがある。ボリュウムも満足だ。

20.6.253.jpg
 最後はデザートの蕎麦饅頭。まず、あたたかいのに驚く。食べてみると、これまた香り豊かで品のいい甘さ。何と言っても生地が美味い。これは素晴らしい!!!

 本当はだし巻き玉子など評判のメニューも注文するつもりだったが、しっかりお腹いっぱいになってしまった。
 金額は二人で3,000円ほど(一人は普通盛り)。内容を考えると、とても良心的だ。今度こそ、だし巻き玉子ととろろとそばがきと……。こりゃ、定期的に行かなければ。
posted by 坂本竜男 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年06月24日

サッポロ サクラビール2020

20.6.241.jpg

 今日は久しぶりの晩酌。サッポロの限定醸造サクラビール2020をいただく。
 サクラビールといえば、昨年に門司港地ビール工房で飲んだ大正時代に大ヒットしたビール。ルーツは九州初のビール工場で、サッポロの前身でもある。
 門司港地ビール工房版は忠実に当時のサクラビールを再現したものだが、サッポロ版は当時のものを基本としつつも現代的なアレンジが加えられているそうだ。
 飲んでみると、ピーチのようなほんのりした甘さを感じた門司港版に比べ甘さは少し控えめ。その分香ばしさが加わっている。軽やかさと喉越しの良さは共通。飲みやすく食事にも合い、何杯でもいけそうなビールだ。限定なのが惜しいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

ルミックス G100

Panasonic-G100-camera-logo.jpg

 ルミックスからマイクロフォーサーズの新製品、G100が出るらしい。
 サイズはGX7 mark IIIに近いが、重量は100g以上軽い。見た目はキヤノン EOS Kiss Mに近い。これで2,000万画素、バリアングル液晶、5軸ハイブリッド手ぶれ補正、380万ドットEVF。連写速度はほどほどだが、このクラスのカメラならそこまで問題はないだろう。Vlogger向けとのことだが、初めてのカメラにも悪くないかも。僕が使うとしたら、軽量なのでサブとしてどこまで使えるかだが、サイズと重量以外でGX8を超える要素がどれだけあるか?意外にグリップが大きいので、ひょっとしたらGX7 mark IIIよりも使い勝手がいい可能性もあるのだが…?
posted by 坂本竜男 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ