2020年06月05日

なぜ、こんなに悩むのだろう?

 アナログプレーヤーについて、なぜこんなに悩むのだろう?高くついたとしても10万円プラスアルファで済む話である。悩むくらいなら、高い方を買っておいた方が後悔しなくてすむ。一般的にもそう考えるだろうし、以前の僕もそうしてきた。しかし、今回はちょっと違うのである。
 カメラやレンズに関しては、10万円以上するものを昨年以降、次々と買ってきた。しかも、ほぼ迷うことなく。しかしこれは、仕事で(も)使うもの。対費用効果が高い、あるいは採算が十分に取れると判断したから迷うことなく導入できたのである。
 一方、オーディオは趣味の一つに過ぎない。僕は音楽関係の仕事が多いから完全に趣味のみとは言えない側面はあるが、オーディオがお金を生み出すことは基本的にはない。だからシビアになっているのだろう。そして昔、僕はオーディオで散々いろいろと買っては試し、ダメだったら売ってまた買うということを繰り返し、無駄に散財していた。それを繰り返したくないという気持ちも強いのかもしれない。
 ちなみに、ここまで悩んでいるのに、オーディオショップには一切足を運んでいないし、相談もしていない。お店にこちらから相談を持ちかけたら、深みにはまるのは目に見えているからだ。だから、買う製品が決まったら、ネットで買って自分でセッティングして終わり、としたいのである。

 しかし、僕がここまで仕事以外のものにお金をかけることに慎重になっているとは…。以前の僕にその慎重さが欲しかったところだが、以前散財しているからこその今の慎重さなのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

レガについて調べれば調べるほど

rega_p3_3_s.jpg

 新しいアナログプレーヤーはレガ Planar 1にほぼ決まりと思いきや、現物を確認できてないこともあり、いまだに決めかねている。ネットで調べるといっても国内での情報が少なく、海外でのレビューをGoogle翻訳で読み漁っているが、調べれば調べるほど悩んでしまう。こんなのはオーディオに限った話ではないが、本当に困ったものである。
 僕が検討しているのはPlanar 1、2、3の3モデルだが、一番安いPlanar 1と一番高いPlanar 3は、実売で倍以上も価格が違う。昔みたいにオーディオに凝るつもりはないので一番安いPlanar 1で十分なはずなのだが、オーディオ的クォリティはもちろん、より音楽が楽しくなるといったレビューを読むと、上位モデルの方がより質感が高いこともあって悩んでしまうのだ。安いPlanar 1を買って浮いた分をレコードに回すのか。やっぱり、より高い表現力と音楽性を求めてPlanar 3へいくのか。それともウェルバランスなPlanar 2か。とても悩ましい。
 ただ、いろいろ調べていてわかったのは、全モデル共通してアームの性能が同価格帯のモデルと比べると図抜けているということだ。付属のカートリッジではその良さは十分に活かせないというレビューも多い。だが、レガのアームは基本的には高さ調整ができない(あるいはとても面倒)ので、対応するカートリッジが限られてくる。結局、デフォルトのカートリッジの上位モデルが良いらしい。
 そして、プラッターは上位モデルになればなるほど良い。これも当たり前の話ではある。Planar 1だけがガラス製プラッターではないが、このウィークポイントをターンテーブルシートなど何らかの形で克服できるのであれば、Planar 1はさらに化ける可能性がある。逆にPlanar 3なら、(将来カートリッジを上位モデルに変更する可能性はあるが)とりあえずは何も悩まずそのまま使えそうだ。
posted by 坂本竜男 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

新宮漁港を訪れる

 今日は朝から新宮町の新宮漁港を訪れた。

20.6.51.jpg

20.6.52.jpg

20.6.56.jpg

 朝から釣り人で賑わっている。そして、ネコも多い。多くのネコは人に慣れている。おそらくエサをくれる人が多いのだろう。

20.6.53.jpg

20.6.54.jpg

20.6.55.jpg

 海の色が透明感があってとても綺麗だ。南の海とは一味違う美しさだ。新宮は栄えている地域だが、街を少し離れると表情が一変する。でも、この表情が本来の新宮なのだろう。
 新宮漁港から相島までフェリーが出ている。だが、現在はコロナの影響で島の住民の方たち以外は、フェリーに乗ることができない。コロナが落ち着いたら、ぜひ相島へは行ってみたい。
posted by 坂本竜男 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ