2020年06月16日

カートリッジ選びとアナログプレーヤー

 僕がカートリッジについて改めて調べているのは、アナログプレーヤーの中でカートリッジが音質を左中する部分で影響が大きいからである。
 しかし、僕が購入を考えているアナログプレーヤーは比較的手頃な価格帯(=入門用、もしくはそれに近い)に入るので、大抵はカートリッジがセットになっている。買ってすぐにレコードを聴けるようにという配慮からだと思うが、大抵の場合、ターンテーブルに対して安価(あるいは弱い)カートリッジがセットになっている。カートリッジレスは意外に少ない。それもあって、アナログプレーヤーはカートリッジレスが選べるレガ Planar 3が最有力候補になっているのである。
 だが、レガのカートリッジは高さが低い(14mm)。なのにアームの高さ調整はそのままではできず、別売りのスペーサーを使うしかない。イギリス本国ではそのスペーサーの種類がいくつもあるようだが、調べた範囲では日本では2mm厚のものが一つあるのみだ。しかもそこそこ高価である。何枚も使いたくはない。そうなると、14mmプラス2mmの範囲を基本とし、それ以上はターンテーブルシートなどで微調整することになる。
 すると、オルトフォンやナガオカは全滅(スペーサーを2枚使えばOK)。あとは調べた範囲ではほぼ全てのメーカー・製品でスペーサーは必須。それだけでなくターンテーブルシートなどでの微調整も必要なことがわかった。これは使える製品が限定されるだけでなく、お金も手間もかかってしまう。
 そんな中、スペーサー無しで使えそうなのがデノンDL-103だ。微調整は必要だが、数字的には問題なさそう。ただ、重量がレガのカートリッジよりもかなり重いのがどう影響するかが気になるところだ。

 一方、もう一つの有力候補 オーディオテクニカAT-LP7は、アームの高さ調整ができるから、カートリッジの高さを気にする必要がない。楽しめる幅が一気に広がるわけだ。ただ、アームは針圧をかけるタイプは向いていない(2.5gまで)。重量級のカートリッジは避けたほうがよさそうだ。
 とはいえ、ユニバーサルアームなのでカートリッジ交換は簡単だ。聴く音楽に合わせてカートリッジを変える楽しみが増える。ステレオとモノラルの切り替えもラクにできる。
 だが、僕としてはめんどくさがりでもあるので、気に入ったカートリッジ一本でいきたい。それに、所有しているモノラル盤もわずかだ。

 カートリッジの自由度が高いAT-LP7か、カートリッジは限定されるがデザインとアームの性能が高いPlanar 3か。同じくらいの金額がかるのならPlanar 3だが、AT-LP7の方がずっと安く済んでしまう。大事な音質だが、これらのシステムでカートリッジが占める部分がどれだけあるか?そしてフォノイコは?AT-LP7もフォノイコのグレードアップが可能なだけに、悩ましいところだ。意外に普段使いのしやすさなど、別の要素が重要なのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

ベーカリーSUBARUの玉子サンド

20.6.162.jpg

 久留米小森野の、週に二日しか営業してないパン屋「ベーカリーSUBARU」の玉子サンドをいただく。
 一口食べてびっくり!こんなに食パンと玉子の美味しさがしっかり感じる玉子サンドは初めてだ。それぞれの食材の美味しさがしっかり際立ちながら、全体では抜群の調和を見せる。ここまで美味い玉子サンドは初めて。これはこのお店の他のパンも制覇したくなるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト

20.6.161.jpg

 アレサ・フランクリンのライブ盤の傑作!とにかく素晴らしい!全盛期の彼女のエネルギッシュでソウルフルな歌声と抜群に盛り上がった会場の空気感。大音量で浸りたくなる作品だ。数ある彼女のアルバムで、このライブ盤を推す音楽ファンも多いが、それも納得。オリジナル盤収録曲が収録されたボーナス盤とセットのデラックスエディション盤も聴いてみたいな。
posted by 坂本竜男 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

改めてカートリッジを考える2

 改めて今、カートリッジについてリサーチしている。実は、以前はほとんど興味を示さなかった製品に興味津々なのである。
 ほとんどの製品が値上がりし、高級MCカートリッジはより高級(高額)になった。しかし、いくら高級でも初戦カートリッジは消耗品だ。大抵は1,000時間も使えば針交換の時期を迎える。あまり高額な製品は使いづらい。
 そして、消耗品ということは、長い間供給し続けられる製品が望ましい。ただ、モデルチェンジやマイナーチェンジで音の傾向が変わってしまう場合もあるし、製品そのもの(場合によってはメーカー)がなくなってしまう場合もある。よって、長年供給が続いている製品には品質以上に安心感がある。
 それで、定番デノンDL-103に関心を持ったわけだが、同じような製品は他にもある。

img0_33_58f5f2ac-5234-4ca2-8692-277f997a0dc7.png
まずは、オルトフォン MC-1 Turbo。
 高出力MCカートリッジである。これもロングセラーだ。その割にレビューが少ない気もするが、そのレビューは概ね評価が高い。価格が手頃なのも魅力だ。

tamagawaaudio_2854.jpeg
そして、デノン DL-110。
 これもロングセラーだ。デノンでもっとも安価なMCカートリッジの一つだが、高出力で使いやすく評判もいい。国内では改めて高い評価をする人が増えている気がするし、海外では前から評価が高いようだ。

 昔はライラ ヘリコンやベンツマイクロ グライダーを使っていたが、よくこんな高いカートリッジを使っていたものだ。確かに情報量も多いのだが、その分セッティングはもちろん盤にもシビアだった(とくにライラ)。
 セッティングに関してはすべてのカートリッジがしっかりと追い込んですべきとは思うが、盤に対してのシビアさは少々困る。古い盤には状態が良くないものも少なからずあるからだ。ロングセラーの比較的手頃な価格のMCカートリッジに注目したのは、状態の良くない盤でもある程度のパフォーマンスを示してくれるのではないかと思ったのである。
 果たして、実際はどうなのか?まだまだリサーチは続く。
posted by 坂本竜男 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
Powered by さくらのブログ