2020年06月18日

G.ラヴ&スペシャルソース

20.6.182.jpg

 僕が素晴らしくカッコ良くてインパクトがあるデビューアルバムの一枚と思っているのが、G.ラヴのデビュー作「G.ラヴ&スペシャルソース」だ。
 ジャズやブルースといったルーツミュージックをベースにしつつ、それにヒップホップを取り込んだ複合的な音楽は、当時(1994年)、衝撃的だった。そして、文句なしにカッコよかった。そして26年経った今、改めて聴いてみると、このアルバムが全く色褪せてなく輝き続けていることに改めて気づかされる。
 これはレコードで聴きたくなる音楽だ。でも、LPは手に入るんだろうか?
 
posted by 坂本竜男 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

エイジア・メイジア

20.6.181.jpg

 久しぶりにディック・リーの傑作「エイジア・メイジア」を引っ張り出す。
 このアルバムは、僕が(日本を除く)アジアの音楽に目覚めるきっかけになった記念すべき作品。僕の中にあったどうでもいい偏見を、気持ちいいくらいに見事に破壊してくれたアルバムだ。地域とか関係なく、全編心から楽しめる、優れたポピュラーミュージック。いつ聴いても素晴らしいね。
posted by 坂本竜男 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ