2020年06月27日

このくらいでいいや

 毎日ヒマさえあれば、新しいアナログプレーヤーのことを考えている。
 将来の多少のアップグレードも踏まえて、レガPlanar 3とオーディオテクニカAT-LP7の2モデルに絞ってはいるが、どちらも更なるオーディオ沼にハマる可能性を秘めている。しかも、かなり高い確率で。
 沼にハマると、使いこなしやアップグレードにお金と時間と労力を費やすことになる。しかも、かなり。そして、それに疲れ、オーディオが楽しくなくなり、家で音楽を聴くことからも離れてしまう。今までがそうだった。
 しかし、そうはなりたくない。それなら「このくらいでいいや」と思えるところで留めておくのがいい。上記の2モデルは、最初は「このくらいでいいや」と思えるものだと思っていた。だが、これだけ悩んでいると、その範疇を超えている可能性が高いのではないか。そういう気もしている。なぜなら、2つともかなり伸びしろが感じられるからだ。

P1_tonearm_web.jpg

 そこで、ふと思ったのがレガPlanar 1の存在だ。作りと性能は良いと思えるトーンアームも、調整の幅が狭いので使えるカートリッジがかなり限られてしまう。プラッターもケーブルもほどほどだ。上記2モデルと比べて伸びしろは小さく感じられる。これは欠点にも見えるが、購入後にあまりいじりたくない人にとっては欠点ではない。
 これに安価ながら評判のいいフォノイコ ART DJ PRE IIを組み合わせれば、トータル4万円程度でそこそこのアナログシステムが組めてしまう。Planar 3と比べると、組み合わせるフォノイコにもよるが1/3以下。AT-LP7と比べても約1/2である。これこそ「このくらいでいいや」と思えるセットではないか?
 さて、実際はどうなのだろう?もちろんこの組み合わせで聴いたことはない。ただ、海外ではこの組み合わせでレコードを楽しんでいる人はいるようだ。実際に聴けたらいいのだが、この組み合わせで聴けるお店なんて多分ないよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

夏はオリオンビール

20.6.271.jpg

 今日の晩酌はオリオンビール 夏いちばん。夏限定のビールだ。
 夏らしくスッキリと爽やかで華やか。そして軽やか。今の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれるような美味しさだ。やっぱり夏のオリオンビールは素晴らしくいいね。
posted by 坂本竜男 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

文部省唱歌にサビを付けたら 桑田佳祐



 こんな番組があったなんて知らなかった。しかし、桑田佳祐の本気の遊び心と、音楽の懐の深さは凄いものがあるな。
posted by 坂本竜男 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ