2020年07月09日

キヤノン EOS R5 / R6、今日正式に発表

スクリーンショット 2020-07-09 23.00.11.png
スクリーンショット 2020-07-09 23.00.20.png
 噂通り、キヤノンのフルサイズミラーレス EOS R5 / R6が、今日、正式に発表された。
 スペックはほぼ噂通り。R5はこれまた噂通り最強のフルサイズミラーレスと言っていい仕上がり。そして、R6のスペックも十分に高く、画素数を必要としなければ十二分に優れたカメラだ。AF性能は2モデルとも同等でトップクラス。シャッター耐久性もR5が50万回、R6が30万回と十分。
 キヤノンオンラインショップでの価格は、R5ボディが460,000円(税込 506,000円)。R6ボディは305,000円(税込 335,500円)。R6は予想より少し高いが、スペックを考えると高いとは言えないだろう。
 R5はプロが仕事で使うフルサイズミラーレスとしては十分。R6も画素数が2,000万画素で足りるのであれば、十分にプロの現場で使えそうだ。僕の場合は、おそらくR6でも十分だろう。
 もちろん、ボディだけでは写真は撮れない。RFマウントのレンズは必須だ。マウントアダプターでEFマウントのレンズは使えるが、それではR5/R6の良さを十分には発揮できない。しかし、RFマウントで大三元レンズを揃えると、それだけで約100万円。仕事での投資には少し額が大きいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

キヤノン R5/R6の予想価格を受けて

 キヤノンR5/R6の予想価格が思いの外安かったので(といっても一般的には決して安くはないが)、EFマウントへの投資は控えることに決めた。
 そもそも、フルサイズセンサーが本当に必要かという問題もあるが、仮に必要な時が出てきた場合、フルサイズに投資せざるを得なくなった場合は、RFマウントが最有力候補になりそうだ。
 ユーザーインターフェイスは正直なところ、フルサイズでも圧倒的にルミックスだと思っている。レンズも極めて優秀だ。だが、ボディは最大級だし、レンズも大きく重い。そして高価だ。
 ソニーはボディが必要以上に小さく、ユーザーインターフェイスもイマイチ。AFなど性能は優秀だし、レンズもいいものが多いが、レンズは高価なだけでなく、耐久性に不安は残る。
 一方、キヤノンは意外にレンズはそこまで大きくなっていない。むしろ、かなり小型になってものもあるし、寄れるレンズになったことも大きい。高価であることはほかのメーカーと変わりないが、他のメーカーに比べてメリットが大きいような気がしている。
 おそらく、ミラーレスが主流になって、キヤノンからソニーに移ったユーザーがかなりいると思われるが、R5/R6の登場で、またキヤノンに帰ってくる人が多いのではないだろうか。
 僕は今後もマイクロフォーサーズをメインにし、フルサイズはサブというスタイルで続けていく予定だが、今後のキヤノンの動向は常に気にしなければいけないと感じている。ルミックスがもう少し軽くて、もう少し寄れたら、また違った考えになるだろうけどね。
posted by 坂本竜男 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

キヤノン EOS R5とR6の価格情報など

 キヤノン EOS R5とR6の発売日や価格情報が出回り始めた。

EOS R5:
7月下旬・3899ドル・4199ポンド
EOS R5 24105USM:
4999ドル
EOS R6:
8月下旬・2499ドル・2499ポンド
EOS R6 24105STM:
8月下旬・2899ドル・2899ポンド
EOS R6 24105USM:
3599ドル

 とのこと。
 これによると、R5のボディは約42万円、R6ボディは約27万円。これは予想されていたものよりも安いのでは。
 R5のスペックはフルサイズミラーレスではトップクラスだし、R6も意外にスペックが高い。画素数が2,000万画素で十分な人はR6でも問題なさそう。ボタンやスイッチまわりで少し使い勝手が気になる部分はあるが、それを差し引いても魅力あるモデルなのは間違いない。
 そして、RFレンズはRF24-70mm F2.8はマイクロフォーサーズ並みに寄れるし、RF70-200mm F2.8は寄れるだけでなく、フルサイズ用とは思えないほどコンパクト。個人的にはフルサイズミラーレスのレンズでは一番魅力を感じている。また、これから超望遠ズームを始め、次々に新製品が控えている。
 RFレンズも良いレンズが充実してきたし、ここでR5とR6がデビューしたら、フルサイズミラーレスでもキヤノンが巻き返しそうだ。
posted by 坂本竜男 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ