2020年09月20日

4連休は…

 世間は4連休の二日目。でも僕は、ほぼ自宅に篭って仕事。ちなみに明日もその予定。せっかくの好天続きだが、こればかりは仕方がない。この大変な時期に、仕事がしっかりあるということはとてもありがたい。
 今日は思いのほか仕事が進んだので、明日と明後日は少し余裕が出そう。集中すると音楽を聴く感じでもなくなるのだが、明日はレコードを聴くくらいの余裕はありそうだ。そして、できれば明後日くらいはロードバイクで走りたいな。
posted by 坂本竜男 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

久しぶりの6D mark II

20.9.201.jpg

 メインで使っていたライカDG 12-60mm F2.8-4.0を修理に出したので、久しぶりに6D mark II + EF24-70mm F2.8L USMを引っ張り出した。
 久しぶりに持ち出して感じるのは、まず大きさと重さ。6D mark IIはフルサイズ一眼としては小型の方だが、それでも十分に大きく重い。そして、EF24-70mm F2.8L USMは重量級だから、さらに重さを感じる。
 ルミックスを導入する前はキヤノンオンリーだったから、使い勝手に関しては不満はなかった。だがG9 PROを導入したら、その使い勝手の良さとAFの優秀さに驚いた。G9 PROのあとに6D mark IIを使うと、正直なところ使い勝手がすごく悪感じて戸惑ってしまう。AFエリアも狭いし、シャッタースピードなどの変更も手間取ってしまう。ずっと使っていたカメラだから慣れているはずなのに、である。より使いやすい方に慣れてしまうと、慣れ親しんだものも過去のものでしかなくなるらしい。ちょっと寂しい気がしてしまった。
 幸い、写りの方はフルサイズならではの良さがちゃんとある。しかし、必要以上にボケてしまうので、程よいボケ量に調整しようとすると、より絞らなければならないし、シャッタースピードも稼げなくなる。なのに、手ぶれ補正はついていない。三脚を使えば問題ないが、三脚が使えないケースが増えているので、この点はかなりきびしい。
 久しぶりの6D mark IIは、もう一眼の時代は終わったんだということを教えてくれたような気がした。フルサイズの画質がどうしても必要だったら、R6とマウントアダプターをまずは購入するという手もあるかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年09月19日

Godox RGB Mini Creative LED Light M1 / R1

20.9.193.jpg

 昨日のアジ美での展示で知った、GodoxのRGB LEDライト。この製品を知れたのも、昨日の大きな収穫の一つだった。
 このLEDライトはとてもコンパクトでありながら、十分な光量を持ち、その調整の幅も広く、USB-Cで充電ができ、とても安価という、Godoxならではと言っていい製品である。コンパクトなので、例えばポートレート撮影などで、どうしても影になりやすい部分を効果的に照らすことも可能だし、スマホ撮影の照明としても使える。マグネットでつけることもできるので、アイデア次第では色々な使い方ができそうだ。
 正直、これは数ある撮影用の照明機材で、すぐにピンときた製品だ。この製品はポートレート撮影はもちろん、ブツ撮りなど様々なケースで出番があるに違いない。まず、よりコンパクトなR1から導入したいなと考えている。
 あ、ルミックス用のストロボの方が先か……。
posted by 坂本竜男 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

カフェネイの野菜のてり焼きライス

20.9.192.jpg

 今日のランチは大牟田のカフェネイさん。いつもカレーなので、今回は野菜のてり焼きライスを注文。
 これでもかと言わんばかりのたっぷり野菜。新鮮な生野菜と、いい具合の濃さに味つけられたてり焼き野菜が、美味しいのはもちろんかなり食べ応えもあって、単なるヘルシーメニューとは一味違う。大満足です。
posted by 坂本竜男 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

珈琲Chibaのくりまる

20.9.191.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんのくりまる。秋限定ブレンドで人気商品だ。
 名前の通り丸みを感じるやわらかな口当たりと、ほんのりと広がる甘味が心地よい。まさに秋にぴったりの味。売れてるのが分かります。
posted by 坂本竜男 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2020年09月18日

いつもよりは歩いてはいるけれど

20.9.186.jpg

 今日は福岡配本だったから、23時すぎの時点でいつもより少し多めの5,633歩。普段が4,000歩いかないくらいだから、やはり街の方がよく歩くようだ。
 だが、そうは言っても理想とされる8,000歩にはまだまだ及ばない。ロードバイクに乗らない時は、やはり運動量はかなり落ちる。配本と急ぎの仕事がひと段落したら、少しでも早くロードバイクを復帰させなければ。
posted by 坂本竜男 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

9ヶ月ぶりの福岡

 今日は一日、福岡市内でエゴイスタス配本だった。コロナの影響もあり、福岡市内を回るのは9ヶ月ぶり。久しぶりの福岡は思った以上に変わっていて、ちょっと驚いた。
 見慣れた建物がなくなっていた。時々停めていた駐車場がコンビニになっていた。定期的に顔を出していたお店や会社がなくなっていた。会った人の空気感が変わっていた。街の空気感があちこちで変わっていた。
 この変化はコロナの影響が大きいのだろうか。もちろん、それもあるのだろうが、コロナによって本質的なものが浮き彫りになってきたとも言えないだろうか。福岡は特に変化が早い街だ。そういう意味では本質的なものが浮き彫りになるスピードも早いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アジ美は良い出会いの場

20.9.185.jpg

 今日の「空想展 Fixtyle Portrait Fukuoka 2020」もそうだが、福岡アジア美術館は良い出会いの場だ。想定してなかったところで、いい刺激を受けたり感動したりするものと出会う。展示会はもちろん、本だったり、人だったり、情報だったり。
 そして、美術館の中でもかなり中身はやわらかだ。アートの枠が大きく広がる。街中の美術館としては、とてもいい形ではないかという気がしている。そして、何気に無料で観れる展示に発見があるのも嬉しいね。
posted by 坂本竜男 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

空想展 Fixtyle Portrait Fukuoka 2020

20.9.183.jpg

20.9.184.jpg

 福岡アジア美術館では「空想展 Fixtyle Portrait Fukuoka 2020」が開催されていた。
 バリバリに活躍されているカメラマンの方たちの、ポートレート写真の展示である。ゲストカメラマンとして光の魔術師との異名を取るイルコ氏と、闇の王 HASEO氏というポートレート写真のビッグネームであるお二人の写真が観れたのも大きな収穫だった。
 僕の仕事も写真が大事な部分を占めているだけに、専門のカメラマンの作品には刺激を受けるし、とても勉強になる。これは作品に対する自分自身の好みとはまた別のものだ。意外に好みとは違う作品の方が学びが多いことが多々ある。今回の展示もそれを痛感した。配本の合間だから滞在できる時間は短かったが、価値のあるひとときだった。
 そして、GODOXなど個人的にも気になっている撮影機材の展示が見れたのもよかったな。
posted by 坂本竜男 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

緑の中の福岡県立美術館

20.9.182.jpg

 福岡県立美術館にて。移転が既に決まっている県美だが、僕はこの緑の中に佇む感じが結構好きなんだよなぁ。今のうちに目に焼き付けておこう。
posted by 坂本竜男 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

ゼリージュのラムとほうれん草のカレー

20.9.181.jpg

 移転後初めて訪れた、福岡のゼリージュさんでランチ。ガッツリとカレーを食べたくて、ラムとほうれん草のカレーを注文した。
 カレーをシンプルにガッツり食べれるメニューは、移転前にはなかったもの。時間をかけて煮込まれたラムとほうれん草がルーと一体化して、深い味わいを醸し出している。見た目以上にボリュウムもあり、ガッツりと味わい深いカレーを楽しめる。移転して場所は変わっても、カレーの美味しさは変わらないです。
posted by 坂本竜男 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年09月17日

ライカ ズミルクス25mmを久しぶりに常用レンズにする

20.9.172.jpg

 ライカ12-60mm F2.8-4.0を修理に出しているので、6D mark II+EF24-70mm F2.8L USMを復活させるつもりが、G9 PROと比べて重く使い勝手がイマイチなこともあり、結局防湿庫に逆戻り。ライカ ズミルクス25mm F1.4のみでいくことにした。
 ひさしぶりにズミルクス25mmを常用レンズにしたが、35mm換算50mmという画角の良さと難しさを改めて感じる。そして同時に、このレンズならではの画質の良さと難しさも。だが、このレンズ一本で意外なほど色々なシーンで対応できるのは事実。初心にかえるつもりでこのレンズと向かい合うのは、今の僕にとってはとても良いことかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

マイクロフォーサーズ中望遠の導入計画

 ライカ ノクチクロンかオリンパス プロで悩んでいた、マイクロフォーサーズの中望遠。両方手に入れても‥と思ったりもしたが、やはりどちらに決めるにしても片方だけで十分だろうという結論に達した。むしろ、焦点距離が被ってでも必要なのは、ルミックス42.5mm F1.7ではないかと思うようになった。
 ルミックス42.5mm F1.7は、F1.2クラスの両レンズに比べずっと軽量コンパクトで安い。なのに、画質はかなり良いのだ。もちろん絞り開放からガンガン使えるし、F1.2クラスよりも19cmも寄れる。絞り開放でフルサイズでF3.4と同等のボケ量があるので、僕がメインで使うであろうポートレート撮影では、意外に多くのケースで十分だったりする。つまり、F1.2クラスを導入するにしても、とりあえず買って損はないかと思ったのだ。それに、普通なら上級モデルを買ったら出番がなくなるが、ルミックス42.5mm F1.7なら十分に出番がある。これはマイクロフォーサーズならではの大きなメリットだろう。
 というわけで、実はルミックス42.5mm F1.7は注文済みである。在庫がないらしいので、我が家に届くのは来月の予定だ。これをしっかり使い込んでから、F1.2クラスを考えても遅くない。まぁ、おそらくルミックスの良さを十分承知の上で、あとでどちらかを買い足すのだろうけれどね。





 やっぱノクチクロンかなぁ?
posted by 坂本竜男 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

朝食はニコパンのパンで

20.9.171.jpg

 今日の朝食は、大木町のニコパンさんのパンとコーヒー。ずっしり重量感のあるパンは、美味しさがギュッと詰まっている。味わい深く食べ応えもしっかり。
 パンはご飯に比べて腹持ちしないことが多いけど、このパンだったらお昼までしっかりもちますね。
posted by 坂本竜男 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年09月16日

久しぶりのアップグレード

ai_cc_splash@3to2x.png

 今日、OSをCatalinaにアップグレードしたので、イラレとフォトショップも最新のCC2020にアップグレードした。
 OSは定期的にアップグレードしていたので、操作感などに不具合や違和感はなかったが、イラレとフォトショップは少々事情が違った。
 実は昨日まで、6年も古いバージョンを使っていた。これも仕事でメインで使っているソフトゆえである。データ入稿のことや作業効率、そしてソフトの安定性や安全性を考えると、最新型がいいとは限らないのだ。
 イラレCC2020の最初の違和感は、カラーやフォント、レイヤーなど各ウインドウの大きさだろう。文字が大きくて読みやすいのはいいが、27インチモニターでも普段よく使うウインドウが収まりきれない。最小化すれば良いのだが、まだ慣れないでいる。これはツールボックスも同様だ。
 ほかにも小さな違和感はたくさんある。ひょっとしたら改悪?と思ってしまう小さな違和感だが、おそらく6年も間が空いているので使い方(押さえ方?)がそれまでとは違う部分があるのだろう。
 まだ新機能を使うところまでには至ってないが、とにかく普通に考えなくても使えるレベルまではもっていかないといけないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

緑越しの佐賀県立博物館

20.9.166.jpg

20.9.163.jpg

20.9.164.jpg

20.9.165.jpg

 県内はもちろん、国内でもでも屈指の建築物である佐賀県立博物館。緑越しに見る佐賀県立博物館の佇まいもいい。ただ、写真にいい具合に収めるのは難しい。とても挑戦しがいのある被写体だ。
 そして、被写体だけでなく、撮影をしてみたい場所でもある。この敷地内で、一度ロケーション撮影をしてみたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

ムトー商店でしっとりとした秋

20.9.161.jpg

 すっかり涼しくなって、あたたかい飲み物が美味しい季節になってきた。柳川のムトー商店さんでホットのカフェラテが美味しい。いい具合に体に染み入る。

20.9.162.jpg

 そして、地元の農家さん直のアスパラを購入。時々、お店に持ってきてくださるのだそうだ。お店には出せない規格外とのことだが、どこが規格外なのかはよくわからない。しかし、味は抜群とのこと。そして、量も多くて何より安い。これ1束で100円は嬉しい。美味しいコーヒーだけでなく、想定外のいい買い物ができたムトー商店さんだった。
posted by 坂本竜男 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2020年09月15日

カレーとコーヒーとコミュニティと

20.9.153.jpg

 僕が大好きでハマっている、八女のGood See You!さんのチキンカリー。食事が美味しいのはもちろん、コーヒーも美味しいが、それだけではない。
 普段は控えめなオーナーの牛島さんは、叩けばいい音が返ってくるタイプ。内には熱いものを秘めている。それもあって、美味しいカレー屋さんとしてだけでなく、地元のコミュニティとしても認知されているように見える。
 来られるお客さんはカレーやコーヒー、スウィーツを楽しむだけでなく、そこでの出会いやコミュニケーションなども同時に楽しまれてて、店内が明るく賑やかな空気感で満ち溢れている。これは、これからのお店のあるべき形の一つなのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

石橋文化センターの噴水

20.9.151.jpg

20.9.152.jpg

 石橋文化センターにて。今日はなぜかいつも以上に噴水が気になり、思わずシャッターを切る。
 うまく切り取るのは、シンプルなだけに難しい。もっと時間をかけて撮りたい被写体だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

エゴイスタス創刊9周年は、和心料理はばきで

20.9.143.jpg

20.9.144.jpg

20.9.145.jpg

20.9.146.jpg

20.9.147.jpg

20.9.148.jpg

 昨夜は地元鳥栖で外食。配本も兼ねて和心料理はばきさんへ。エゴイスタス創刊9周年をささやかに祝う意味も込めて、美味しいお料理とお酒を楽しんだ。
 いつものようにどれも素晴らしく美味しかったが、その中でも特に印象的だったのが鰻の白焼き。表面はカリカリ、中はフワフワ。脂もしっかり乗って、旨味もしっかり。それを塩かわさびでさっぱりといただいた。
 そして、締めのおにぎりも抜群。おにぎりでここまで美味しいのは本当に久しぶり。ノーマルのおにぎりは今まで注文したことがなかったが、これからは必ず注文しそうだ。
 地元で美味しい食を楽しみながら大事な節目を祝えるのは、いつもながらありがたいね。
posted by 坂本竜男 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ