2020年09月08日

水曜日の朝、午前3時

20.9.81.jpg

 久しぶりに、サイモン&ガーファンクルのデビューアルバムに針を落とす。
 メロディと二人の声のハーモニーの美しさに、今更ながら驚く。そう言えば、名曲中の名曲「サウンド・オブ・サイレンス」はこのデビューアルバムに収められているのだ。この曲で終わるA面は、ラストで美しさのピークを迎える。見事である。
 優等生的なフォークデュオと思われているフシもあるが、同時代のボブ・ディランとは違った意味で尖った存在だったような気がする。そして、ボブ・ディランもそうだが、フォークの枠に収まりきれない音楽のスケールの大きさを感じるのだ。そして、その音楽的な大きさは、このデビューアルバムからしっかりと表れている。だからこそ、深い感動があるのだろう。
 いい機会だから、改めてサイモン&ガーファンクルを聴き直さなければ。おそらく、新たな発見と感動があるに違いない。
posted by 坂本竜男 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

素早い修正能力

 いま、お店のオープンを控えている若い人のサポートをしている。
 初対面の時は、なんだかな〜と思うことも多々あったが、接するたびに、会うたびに修正してくる。レスポンスもよくなるし、時間に対してもより早く対応してくれるようになった。周りから言われて直しているものもあるが、自分で気づいて修正しているものもある。どちらにしても、この素早い修正能力は見事だ。正直、僕も見習うべき素晴らしいものがある。
 若い人のエネルギーや情熱は僕たちにはなかなか持ち得ない素晴らしいものがあるが、若い人が持つ素晴らしいものはそれだけではないことを教わった気がした。そして、そのいいところは僕たちも見習うべきだね。本当にそう思う。
posted by 坂本竜男 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

台風10号の影響

 台風10号が九州を通過して一日。史上最大級の台風と言われながら、地元ではそれほど大きな被害もなくホッとしている。しかし、台風の影響はいろいろなところにしっかりと出ていた。
 今日の昼前に地元のスーパーへ行くと、商品棚がガラガラのままだ。飲料水も少ないし、お惣菜・お弁当コーナーも通常の1/3以下。台風前の買い込みに加え、まだ運送便が戻ってないためなのだそうだ。これにはちょっとだけ驚いた。
 この状況はもう少しすれば解消すると思うが、まだまだ世の中の仕組みには問題がたくさん潜んでいることを示唆しているようで仕方がない。
posted by 坂本竜男 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市
Powered by さくらのブログ