2021年01月17日

GM1 + 20mm F1.7でぶらり

 さっそく、20mm F1.7の試し撮り。ボディはGM1。個人的には「良い感じ」の組み合わせである。
 ちなみに、基本的には iAモードでサイレントモード。つまり電子シャッターだ。特別な設定は行っておらず、すべてカメラまかせだ。

21.1.177.jpg
 道端でパシャリ。空の青が実際以上に鮮やか。色乗りが良く、コントラストが高い。シャドーはデータ上では潰れていないが、かなりべったり。これはカメラとレンズ、どちらの特性か。

21.1.1711.jpg
 20cmまで寄れるというのは、やはり使いやすい。ただ、近接ではAFは遅いというより迷う傾向あり。

21.1.178.jpg
 神社にて。端正な写りでハッとする感じではないが、ちゃんと要所を押さえている感じ。AFの遅さも気にならない。

21.1.179.jpg
 構図や配置を意識すれば、十分ボケは生かせる。歪みも少なく、色のバランスも良い。

21.1.1710.jpg
 近接では意外にやわらかさのある描写。どうしてもマイクロフォーサーズはカリカリに解像感が高くなりがちなので、このやわらかな描写は貴重。

 20mm F1.7は、古いモデルであるGM1でもなかなか良い描写を見せてくれるレンズだ。AFがかなり遅いという評判だが、近接撮影ではそれを感じるし、遅いだけでなくよく迷う。一方、ちょっと引いた撮影では、遅さは意外にそこまで気にならない。個人的には、キヤノン時代に使っていたEF50mm F1.8 IIよりもストレスは少ない。
 概ね好印象だが、GM1ではまだその性能を完全に引き出せてない感じはある。次はG9 PROで検証してみよう。
posted by 坂本竜男 at 19:06| Comment(296) | TrackBack(0) | 撮影機材

GM1用のグリップを導入

21.1.174.jpg

 GM1用のグリップを導入した。メーカー純正のハンドグリップ、DMW-HGR1-Kである。

21.1.175.jpg

 当たり前だがマッチングはバッチリ。好みで言えば、グリップのないシンプルな方がGM1のデザインの良さが生きるとは思うが、このグリップなら質感もデザインも良いので、ボディよりも径が大きなレンズをつけるときは、こちらの方が収まりが良いはず。

21.1.176.jpg

 というわけで、20mm F1.7をつけてみた。ややレンズの存在感が大きい感じではあるが、これなら悪くない。GM1のボディの高さよりも径が大きなレンズの方が遥かに多いから、色々なレンズが使いやすくなるという意味では、このグリップを導入する意味は大いになる。
 とはいえ、この手のグリップとしては高額であるし、つけるとそのまま三脚に取り付けることができない。一番の問題は、グリップを外さないとバッテリーの交換やSDカードの取り出しができないことだろう。
 そう言いながら、見た目と質感は良いので気に入ってはいるのだ。やっぱり所有欲を満たすデザインと質感は大事だね。
posted by 坂本竜男 at 10:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影機材

ルミックス 20mm F1.7を導入

21.1.171.jpg

 ルミックス 20mm F1.7をようやく導入した。導入したのはI型。I型とII型のどちらにするか迷ったが、II型は外装の変更と軽量化のみで光学の変更がないこと、市場価格がさらに安いこと、DXOMARKではI型の方がわずかにスコアが良かったことがI型に決めた理由である。

21.1.172.jpg

 マイクロフォーサーズでは最大級のG9 PROにつけてみる。かなり軽やかになって好印象。

21.1.173.jpg

 20mm F1.7には純正でフードは用意されていない。そこで、以前購入したスリット入りメタルフードをつけてみる。なかなかカッコ良くなって良い感じ。ただ、レンズキャップは使いにくくなるので変更が必要かな。

 マイクロフォーサーズを代表する神レンズといわれるこのレンズ。発表から古くなったとはいえ、その画質はいまだに評価が高い。使うのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 10:33| Comment(319) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年01月16日

今年初の夜の外食は、喰い道楽かかし

 今年初めての夜の外食は、喰い道楽 かかしさん。今回は、今まで注文していそうで注文しなかったメニューを中心にいただいた。

21.1.163.jpg
野菜コロッケ(初)。奇を衒ってない、まっとうな美味さ。

21.1.164.jpg
揚げシューマイ(初)。小ぶりだが、旨味がぎっしり。

21.1.165.jpg
イカ鉄板焼き(初)。気取ってない、屋台的なうまさ。

21.1.166.jpg
焼きサバは鉄板。美味くないはずがない。

21.1.167.jpg
揚げチーズ(初)。地味に大好き。ビールが進む!

21.1.168.jpg
だし巻き(初)。予想以上のボリュウム。味も抜群。

21.1.169.jpg
締めはサケ茶漬け。サケの身が分厚い!最後まで美味いです。
posted by 坂本竜男 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

舞台「てにあまる」

21.1.161.jpg

21.1.162.jpg

 今日は、鳥栖市民文化会館に舞台を観に行った。松井周 脚本、柄本明 演出。藤原竜也、高杉真宙、佐久間由衣、柄本明の4人が出演する、いま話題の舞台だ。
 映画やドラマなどでも長年大活躍されている、藤原竜也、柄本明のお二人の根幹はやはり舞台。その魅力は生で観てこそ。そのエネルギーと空気感・オーラ、独特の緊張感にやられてしまう。映画やドラマも面白いが、やはり舞台で観るべき人なのだということを痛感する。そして、その存在感に圧倒される。
 脚本や演出も、いい意味でちょっとクセがあるのがまた良い。そして、気を抜いていたら見逃しそうな「仕掛け」や「前振り」などがあるようにも感じる。あぁ、これは本来なら何度も観て楽しむべき舞台なのだろう。舞台の中毒性を感じた一日だった。
posted by 坂本竜男 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2021年01月15日

ルミックス GM1という軽やかさ

21.1.150.jpg

 いま、ルミックス GM1を持ち出すのが気に入っている。

21.1.151.jpg

 同じマイクロフォーサーズのG9 PROと比べると、こんなにサイズが違う。同じフォーマットとは思えない。

 レンズ交換式カメラ最小サイズで高品質で優れたデザインを持つボディ。小型ながらしっかりとした画質を誇る性能。電子シャッターによるサイレントモードの軽やかさ。スナップには最高のカメラだ。
 この軽やかさは、ファイダーがない、液晶モニターは固定、内蔵ストロボはおまけ程度(だから基本は使わない)、マニュアルモードでの細かな設定を諦めるなど、ある程度の割り切りがあった上で成り立つものだ。これに我慢ができない人は、GM1は不便な古くて小さいだけのカメラになりかねない。だが、割り切って使うと、途端に世界が広がっていく。そんなカメラだと思う。
 GM1は今の機能や性能を目一杯追求したカメラとは対極にあるカメラだ。それでいて、画素数こそ小さめだが説得力のある画像を写し出す。今のフルサイズ高画素機を中心とするカメラ事情を見ていると、大事なものが置いてけぼりになっているような気がしてならない。そんなとき、GM1のようなカメラが写真の本質を教えてくれるのではないか思うのだ。
posted by 坂本竜男 at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 撮影機材

小春日和は田んぼ道に限る

 今日は、平年より気温が上がった昨日以上に、あたたかで小春日和。こんなときは部屋に閉じこもって考えるより、外に出るに限る。散歩と気分転換を兼ねて、GM1を片手に外へ出かけた。

21.1.152.jpg

21.1.154.jpg

21.1.156.jpg

21.1.153.jpg

 今日は近所の田んぼ道を散策。いつもなら自転車で走る場所の一つだ。10分も歩けば、こんな田んぼ道に出ることができる。ほどよく田舎なのが鳥栖の魅力だ。
 例年よりもかなり寒い年末年始の後だから、このあたたかさと青空はなによりも嬉しい。そして、広い青空が楽しめるのは、こんな田んぼ道の良さでもある。空の広さを感じるというのは、とても大事なことだね。
posted by 坂本竜男 at 12:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2021年01月14日

趣味と仕事の境目がないとモノが増えがち

 僕は仕事と趣味の境目が「ほぼ無い」。それゆえに、悪いストレスなく仕事に取り組めるのは理想的だ。
 だが、境目がないだけに、仕事では使用頻度が高く無いであろう商品=趣味寄りのモノも、「これも仕事で使えるから」とつい買ってしまうところがある。その代表的なものがカメラやレンズだ。
 以前は「仕事で使える」を言い訳に、かなりムダに(?)レンズを買っていた時期があった。今はだいぶマシ担ってはいるが、それでも未だに、仕事で使うかどうか微妙なモノを買ってしまうケースはある。そうやって、モノが増えてしまう。
 だが、それがきっかけで仕事の幅が広がるケースもあるから、悪いこととは言い切れない。せっかく買ったのだから、仕事で仕えう方法を模索しようと思うのか、突然仕事での使い道を閃くのか、パターンはいろいろある。ようは、常に意識が仕事と連動していれば何とかなるのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

GM1で撮る福島八幡宮

 今日は夕方から八女で打ち合わせ。その合間に、GM1を持って福島八幡宮をぶらり。

21.1.141.jpg

21.1.142.jpg

21.1.143.jpg
夕方の福島八幡宮は参道が光に包まれて美しい。

21.1.144.jpg

21.1.145.jpg
隣のお堀は、順光と逆光では全く違う表情を見せる。

 GM1はサイレントモードをON。すべてiAモードで撮影した。
 コンデジ並の大きさでiAモード設定だから、手軽にスナップ写真を撮るのにはとても具合が良い。サイレントモードにするのも、それにつながっている。古いミラーレスとは思えない使い勝手だ。
 そして、やはり12-32mm F3.5-5.6の描写が良い。パナライカと比べてはいけないが、日中の屋外で撮る限り「使える」画質を確保できている。多少ゴーストは出るものの、逆光も意外に強いのも良い意味で想定外。この大きさでここまで撮れれば文句はない。
 GM1の液晶モニターは古い割には画質は良いので、これも撮影のテンションを上げるのに一役買っている。僕はこの手のコンパクトなカメラには、必ずしもファインダーは必要とは思っていない。後継モデルのGM5のように、ファインダーを設けることで液晶が小さくなることの方が問題だ。そういう意味でも、GM1は良い割り切り方をしている。
 GM1は使い方は限定されるが、それさえ踏まえて使う分には未だに優秀なカメラと言えると思う。そして何より、その性能がこのスタイリッシュでコンパクトかつ高品質のボディに備わっているのだ。未だにこのカメラのファンが多いのはよくわかるな。
posted by 坂本竜男 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

便利ズームはあなどれない

14-150oly.jpg

 広角から望遠までをカバーする、いわゆる便利ズームというレンズが存在する。キヤノン時代は、この手のレンズは一切見て見ぬ振りをしてきた。確かにカバーする焦点距離は広くてレンズ交換の必要もなく便利だが、やはり画質が使えないレベルのものばかりだったと記憶している。「便利ズームは使えない」と刷り込まれていたのだ。
 しかし、マイクロフォーサーズに移行して考えが変わった。オリンパスのPROレンズ12-100mm F4 PROなんて、かつてなかった高性能・高画質のレンズが存在するばかりか、14-140mm(もしくは150mm)の10倍ズームですら「使える」画質を持っているのだ。(そういえばパナライカ12-60mm F2.8-4.0も便利ズームに近い存在だが、画質も性能も素晴らしい。)
 で、本来であればいよいよオリンパス12-100mm F4 PROを導入か…となるべきところだが、今回はサイズも価格も手頃な10倍ズームの話である。
 現在、マイクロフォーサーズの10倍ズームは、ルミックス、オリンパス、タムロンの3モデルが存在する。いずれも似たようなスペックで似たような画質のようだ。だが、作例やレビューを読む限りではタムロンは候補から外して良さそう。ルミックスかオリンパスの二択、価格を考えるとオリンパスで決まり、となる。
 だが、ルミックス14-140mmのI型を入れると状況は変わる。一番最安値になるし、スペックも似たり寄ったりになるのだ。
 ルミックス14-140mm I型の特徴は、鏡胴が太くて短め。ワイド側は30cmまで寄れる。手ぶれ補正付き。価格は最安。
 オリンパス14-150mmの特徴は、鏡胴はやや細くて長め。全域で寄れるのは50cm。手ぶれ補正なし。防塵防滴。
 画質に大きな差はなさそうなので使うボディで選べば良いのだが、G9 PROとE-M1 mark IIの二つがあるため悩ましい。GM1で使うのなら、手振れ補正がついているルミックス一択だが、E-M1 mark IIならオリンパスだろう。G9 PROなら強いて選ぶならルミックスだが、正直どちらでもいい感じ。つまり、今はどちらかに決めきれないでいる状態だ。
 本来ならお金をかけなくても良い便利ズーム。しかし、マイクロフォーサーズの場合は便利さに加えて、ある程度使える画質を持っているから悩んでしまう。安くて便利で使えるのだから、良いことではあるのだが‥…。
posted by 坂本竜男 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年01月13日

福岡県でも緊急事態宣言が発令

 今日、ついに福岡県でも緊急事態宣言が発令された。県からの要請がないまま、発令された形になる。
 最近の感染者数や養成率の増加を考えると、当然と言えば当然の流れではある。逆に、もっと早い段階で発令されても良かったのかもしれない。
 福岡県で発令されたということは、隣であるわが佐賀県でも影響が大きいのは間違いない。それに僕自身、福岡県の仕事は多いのでその影響は大きい。
 コロナはおそらく無くならない。コロナとどう共存していくかということを、もっと掘り下げて考えなければいけなくなってきていると感じる。
posted by 坂本竜男 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

ルミックス 20mm F1.7を改めて考える

51fdv7s+9EL._AC_.jpg

 マイクロフォーサーズの神レンズと言われている、ルミックス 20mm F1.7。パンケーキレンズでありながら絞り開放から解像度が高く、優れた描写で知られるレンズだ。価格も手頃で軽量コンパクトなのも嬉しい。だが、ネックはAFの遅さで、僕もこの点が気になって手を出さずにいた。
 しかし、フルサイズ換算で40mmという絶妙な画角とGM1を導入したことにより、再び気になる存在になってきているのだ。
 20mm F1.7は、GM1の高さよりも径が大きいため、GM1で使う場合は純正グリップがあった方が収まりが良い。パナライカ15mm F1.7は径的には収まりは悪くないものの、レンズの厚みがある分かさばってしまう。同じ理由でオリンパス25mm F1.8も悪い選択ではないがベストとは言い難い。やはりGM1にはパンケーキレンズが似合うと思うのだ。というわけで、GM1に純正グリップをつける前提で、20mm F1.7の導入を考えている。
 20mm F1.7はI型とII型がある。光学は一緒。外装が変わり、軽量化されたのがII型だ。最初は見た目も良いII型を買うつもりでいた。だが、調べていくうちにI型の方がやや画質で有利らしいという情報を得た。光学は同じはずなのになぜ?と思ったが、確かにDXOMARKでもI型の方がスコアが高い。軽量化の影響なのだろうか。そうなると、I型が俄然有力候補として急浮上してくる。価格もII型よりもだいぶ安い。あとは見た目と古さからくる信頼性・耐久性の問題だ。
 基本的にはサブ機用だから見た目は無視して画質重視でいくか、見た目と質感が気に入って買ったGM1だから、そこは見た目も妥協せずにいくか。とりあえず、もう少し調べてみるかな。
posted by 坂本竜男 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

あだち珈琲のエルサルバドル モンテシオン農園

21.1.131.jpg

 今朝のコーヒーは、あだち珈琲さんのエルサルバドル モンテシオン農園。シングル豆の美味しい定番の一つだ。
 リンゴを思わせる甘味のある酸味と、チョコのようななめらかさとコクのバランスがとても良い。さすが定番。飽きない美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2021年01月12日

駅スタと雪だるま

 駅スタ周りをぶらぶらと散策していると、雪だるまがまだ溶けきれずに残っていた。

21.1.121.jpg
 まずは駅スタのすぐ前。

21.1.122.jpg
 駅スタ近くの公園。ちょっと枯れた芝生塗れ。

21.1.123.jpg
 同じく駅スタ近くの公園。これは雪だるまというよりテディベア?出来立てが見たかった。
posted by 坂本竜男 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

GM1で駅スタを撮る

21.1.124.jpg

21.1.125.jpg

21.1.126.jpg

21.1.127.jpg

 ちょっとしたテストと散歩を兼ねて、GM1を持ち出して駅前不動産スタジアムを撮ってみた。レンズは付属の12-32mm F3.5-5.6。すべてiAモードで撮影である。
 正直、このコンパクトなレンズでここまでキッチリ描写することに驚く。F3.5-5.6と暗いレンズだから、屋内など暗いところでの撮影は得意ではない。しかし、屋外ではその欠点はほぼ見られない。強いて言えば、F値が大きいのでボケにくいことくらいか。だが、スナップでは大きな問題ではない。
 条件が揃うと、かなりの描写をしてくれる。解像度も必要にして十分。もちろん、オリンパスPROレンズはさらに解像するが、正直なところ、僕の仕事では必ずしもここまで必要ではない。サイズも小さいから本当にサブ的な扱いになってしまいがちだが、十分に「使える」クォリティを持っている。これはもっと積極的に生かさないともったいないかも。
posted by 坂本竜男 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

やっぱり、外に出てナンボ

 今年は大寒波が来たこともあって、お正月が過ぎても基本的には自宅に籠もった状態が続いた。
 しかし、昨日からやっと撮影や納品など、外に出る仕事が入り始めた。コロナが急拡大している中なので最小限の人に最小限の時間だけ会う、最小限の外出ではある。だが、それでも人と会うことでやっと本当の意味でスイッチが入ったような気がするし、気持ちの入り方や力の入れ方も変わってくる。それに外に出て仕事の環境を変えるのもリフレッシュにつながっている。やっぱり、外に出てナンボという部分は間違いなくある。
 僕の仕事はもともと必要最小限の外出で事足りる仕事ではある。だが、リモートはしてないし、メールや電話のやり取りで不十分の場合は、やっぱり直接会って話すのが一番だと感じている。コロナ禍の中、人と会う際に気をつけなければいけないことはたくさんあるが、直接会うということの大事さは忘れないようにしたい。
posted by 坂本竜男 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2021年01月11日

もっと公共の施設へ

 エゴイスタスは美術館や図書館など、公共の施設に置かせていただいている。そして、今後はもっと公共の施設への設置に力を入れていく予定だ。お店も大事だが、同じくらい公共の施設も大事であることを、このコロナ禍のなか実感しているのだ。
 というわけで、まず、鳥栖市立図書館への設置が決まった。創刊して9年以上も経つのに今頃?と思われるかもしれないが、おそらくこれはタイミングもあるのだろう。そういう意味では、この時期に置かせていただくようになったのは良かったのかなと思っている。
posted by 坂本竜男 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

キリン 一番搾りプレミアム

21.1.114.jpg

 キリンビアファームでの2杯目は、一番搾りプレミアム。意外に今まで飲んだことはなかったかも。
 プレミアムの名称から想像して、濃い目のコクのある味かと思いきや、苦味もそこまでなく、意外にスッキリしていてかろやか。しかし、ちゃんと良い旨味があるのがキリンらしい。やや重めの味を想像していただけに、ちょっとびっくり。しかし、このかろやかさは逆に良いかも。個人的には好きな味です。
posted by 坂本竜男 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

連休の締めはキリンビアファーム

 三連休(といっても午前中は仕事だったが)の締めは甘木のキリンビアファーム。美味いビールと美味い肉で締めるに限る。

21.1.111.jpg
シーザーサラダがデカくて美味い。野菜好きとしてはこのボリュウムはありがたい。

21.1.112.jpg
生ビールはやっぱりハートランド。間違いのない選択。

21.1.113.jpg
今回のメインは牛肉のビール煮。300gの牛肉を一番搾りと一緒に、じっくり3時間以上オーブンで煮込んだ逸品。牛肉はとてもやわらかく、深みのあるうまみがぎっしり。マッシュポテトも添えられているが、ポテトとの相性も抜群。ビールとの相性もバッチリ。これは美味い!

 美味しいお料理と生ビールに大満足。味も素晴らしく良かったが、ボリュウムもすごかった。休日とは言え、ちょっと食べすぎたかな。でも、たまには良いよね。
posted by 坂本竜男 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年01月10日

LAOWA、「F0.95 Argus」シリーズをお披露目

 Venus Opticsが、LAOWA「F0.95 Argus」シリーズをお披露目した。フルサイズ対応の35mm F0.95など、他のメーカーにはないスペックばかりだが、やはり個人的に気になるのはこれ。

LAOWA-argus-335mm-F0.95-1.jpg

 LAOWA MFT Argus 25mm F0.95。フォクトレンダー(コシナ)や中一光学に同等のスペックのレンズは存在するが、LAOWAはどんな画作りをするのだろうか。
 絞り開放はソフトで絞ると解像度が増すフォクトレンダー。絞り開放から解像感が高い中一光学。ここにLAOWAが加わるわけだ。LAOWAは広角やマクロレンズを中心にユニークかつ高品質な製品をリリースし続けているから、今回のシリーズも大いに期待できる。これは大いに気になるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ