2021年01月04日

キヤノンFD200mmマクロを久しぶりに持ち出してみた

 昨年、完全にフルサイズからマイクロフォーサーズへ移行したことにより、所有するレンズが大幅に整理された。
 そんな中、中途半端な存在になっているのがオールドレンズだ。キヤノン時代は練習にもなるし、レンズの個性をしっかり味わえることもあって、かなり稼働率は高かった。
 だが、マイクロフォーサーズでは焦点距離が倍になるために、使いにくいレンズが増えてしまった。それにレンズの中央部分しか使わないから画質そのものは悪くないが、オールドレンズならではの個性は一気に薄れて中途半端になってしまった。当然、稼働率は大きく下がってしまったのである。
 そこで、所有しているオールドレンズを今後どうするか検証する意味も含めて、改めて使ってみることにした。

21.1.42jpg.jpg

 まず持ち出したのがキヤノン New FD200mm F4マクロ。マイクロフォーサーズでは400mm2倍マクロになる。そこで、手振れ補正が強力なE-M1 mark IIと組み合わせて持ち出してみた。

21.1.43.jpg

 写真は全て無謀にも手持ち撮影、しかもトリミングなし(リサイズのみ)である。E-M1 mark IIの手ぶれ補正の凄さに改めて驚く。絞り開放ではかなりソフトになるので、F8〜F11くらいが使いやすい。このくらい絞ると解像度もしっかりと高い。色乗りも良く、この辺りの描写は僕好みだ。

21.1.44.jpg

21.1.45.jpg

 正直、収差は出るし歪みもある。フリンジは出やすい。ハマルと面白い表現ができるレンズではあるが、日常では使いにくさがあるのは否めない。
 とは言え、400mm 2倍マクロというスペックは面白くはある。最大撮影倍率の高さは、より圧縮効果を出しやすくなるので、このレンズならではの表現ができるのも確か。じゃじゃ馬的な部分もあるが、それなりに面白くもある。もう少し、使い込んでみたほうが良いかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

仕事始めのお供のコーヒーは

21.1.41.jpg

 今日から仕事初め。仕事始めのお供は、あだち珈琲さんのあだちブレンド。久しぶりにいただく、あだちさんの看板ブレンド。フルーティで軽やかながら、しっかりコクもある。そのバランスの良さは絶妙。さすが看板メニュー。仕事も捗ります。
posted by 坂本竜男 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ