2021年02月11日

ローアングルが好き

21.2.112.jpg

21.2.113.jpg

 やっぱり、ローアングル好きだなぁ。とくに縦位置。目線を大きく下げることで、見える世界が全く変わる。
 だから、カメラの液晶モニターはチルト式よりもバリアングルになってしまう。でも、理想を言えば、3軸チルトかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

千福寺の梅が咲き始めた

21.2.111.jpg

 地元のお寺、千福寺の梅も咲き始めた。
 ここは桜も咲くのだが、どちらも咲きはじめはやや遅め。しかし、どことなく落ち着いた品の良い美しさを感じるのは、やはりお寺の梅だからだろうか。満開の梅も良いけど、咲きはじめの梅も良いものだね。
posted by 坂本竜男 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

写真のマンネリ化

 自分が好きだということもあるが、どうしてもマクロ的に寄った写真か、望遠で一部を切り取った写真が多くなってしまう。つい手がのびるレンズも望遠か寄れるレンズだ。
 望遠やマクロは被写体だけを際立たせやすいし、背景などをぼかしやすい。それらしい写真が撮りやすいという側面がある。だが、これはある意味安直な部分でもある。僕の写真もそうなりやすいところがある。マイクロフォーサーズは寄れるレンズが多いし、広角は得意としてないから尚更だ。ようはマンネリ化しているのだ。
 撮影に必要な機材は最低限以上は揃っているのに、他のレンズが欲しくなったり、他社のカメラが気になったりするのも、マンネリ化の表れなのだろう。
 いつも撮っている近所だけでなく、もっといろいろなところへ出かけて撮ればまた違うとは思うが、理想はどんな場所でも様々な画角で良い写真が撮れることだ。しかし、これがまた難しい。結局は自分の「感度」を上げていくしか無いのだろう。それは、様々な「気づき」が「感度」につながっていくのだと思う。カメラを持ってない時が意外に大事なのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ