2021年03月11日

APS-Cミラーレスをちゃんと考えてみる(4)

 つづいて、富士フイルム Xマウントレンズで気になるものをピックアップ。まずは純正から。

l-1.jpg
 XF 35mm F1.4 R。Xマウントレンズの定番中の定番。初期のレンズなので設計は古いしAFは遅いが、写りの良さは折り紙付き。やわらかな描写ではあるが、このレンズでなければ得れないものがある。近い将来、モデルチェンジする可能性はある。

l.jpg
 XF 56mm F1.2 R。これも定番。写りはもちろん良い。ポートレートはこれで決まり。F1.2の明るさが純正で手に入る。

XF10-24mmF4-OIS-WR.jpg

 XF10-24mm F4 OIS WR。最近、防塵防滴仕様にマイナーチェンジ。やや重めだが、それでもオリンパス7-14mm F2.8より軽量。フィルターが使えるのはもちろん、35mm換算で36mmまでカバーするから使いやすいのも良い。防塵防滴が必須でなければ、少し安く買える前モデルでもよし。

 そして、サードパーティ製。ここではMFレンズではなく、AFレンズのみ取り上げる。

61L-DVSDARL._AC_SL1000_.jpg
 VILTROX AF 33mm F1.4 XF。AFは純正よりずっと早く、画質も優秀。そして実売3万円と安い。純正のような個性は薄いかもしれないが、コスパはとても高い。

61fX5-TuW8L._AC_SL1500_.jpg

 Carl Zeiss Touit 1.8/32。ツァイスを富士フイルムで使うという付加価値。ちょっと高めだが、純正よりもキリっとシャープでヌケが良い描写が印象的。

 富士フイルム Xマウントレンズは純正は写りは大いに魅力的だが設計が古いものも多く、数年のうちにモデルチェンジする可能性はある。VILTROXなど中華製レンズを除くと、価格はやや高めか。写りに関しては、やはり純正単焦点は魅力的。富士フイルムでなければいけない必然性があるように感じる。
 次は、Eマウント、Xマウントの両方があるマニュアルレンズについて考えてみよう。(つづく)
posted by 坂本竜男 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

APS-Cミラーレスをちゃんと考えてみる(3)

 コンパクトで高画質なAPS-Cミラーレスを具体的に考えると、やはりソニーα6000シリーズか富士フイルムX-T30、X-S10あたりが対象になるだろう。
 これらの共通点は、基本的にはそれぞれのメーカーでセンサーサイズが同じこと。ソニーの場合、画像処理エンジンの違いはあるから同じ画質ではないが、それでも決定的な差ではない。基本的にはかなり高画質だ。富士フイルムについては画像処理エンジンも同じになる。
 つまり、画質はほぼ同じなので、必要な機能で機種を選べば良いということになる。
 そして、レンズ。使いたいレンズで選ぶべきカメラも決まってくる。
 それでは、ソニーから具体的に使いたいレンズをピックアップ。まずは、ソニー純正から。

SEL1018.jpg
 E 10-18mm F4 OSS。F4通しとはいえ、超広角ズームがこのコンパクトさ。そして重量はわずか225g。写りの評判も良い。マイクロフォーサーズのお株を奪うようなレンズだ。

SEL1670Z.jpg
 Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS。これもF4通し。ツァイスを冠する純正のAPS-CのEマウントレンズは、これを含めて2本のみ。標準ズームは必ず必要とはしていないが、やはり気になる存在だ。

SEL24F18Z.jpg
 Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA。単焦点はツァイスを冠するこれ。軽量コンパクトながら質感もよし。所有欲を見てしくれる存在。そこそこいい値段するのが玉に瑕。

 次は、サードパーティ製。

tamron1770.jpg
 タムロン 17-70mm F/2.8 Di3-A VC RXD(Model B070) 。今年リリースされたばかりの注目のレンズ。26-105mm相当でF2.8通し。APS-C用としては重いレンズだが、スペックを考えると十分軽量でコンパクト。

Unknown.jpeg

 シグマ 16mm F1.4 DC DN。広角単焦点ならこれ。シグマのContemporaryシリーズながら、Artシリーズに迫る画質とも言われているAPS-Cミラーレス用レンズのひとつ。コスパも高く、このシリーズは欠かせない。

Unknown-1.jpeg

 シグマ 30mm F1.4 DC DN。明るい標準単焦点レンズとしてはダントツのコスパの高さ。まず、最初に揃えたいレンズだ。

Unknown-2.jpeg

 シグマ 56mm F1.4 DC DN。中望遠単焦点として重宝しそう。ポートレートにはこれが最適かも。

 ソニー純正のAPS-Cレンズは、実はそこまで充実していない。だが、高画質のサブという位置づけで考えているので、標準ズーム、望遠ズームは考えなくて良い。純正は10-18mm F4をひとまず買い、あとはシグマのDC DN3本を揃えれば良さそう。とくにシグマの3本はコスパが高く、使い勝手も良さそうだ。
 あとは、中華製を中心としたマニュアルレンズがあるが、これらはソニーEマウントと富士フイルムXマウントの両方が揃っているものが多いので、あとで触れるようにしよう。(つづく)
posted by 坂本竜男 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ