2021年03月24日

朝日山公園の桜

 午後からは鳥栖の桜の名所の一つ、朝日山公園へ。

21.3.248.jpg

 駐車場の桜もモリモリ。

21.3.249.jpg

21.3.2410.jpg

21.3.2411.jpg

21.3.2412.jpg

21.3.2413.jpg

 鳥栖を代表する桜スポットだけあって、平日の昼間にもかかわらず桜を楽しむ人たちでにぎわっていた。
 朝日山公園は山ならではの眺めの良さと高低差が、桜の見え方にも様々な変化をつけて、とても楽しい。ちょっとしたハイキングや登山の要素も加わるから、他とは違うさわやかな心地よさもある。身近なところにこんな場所があるなんて、嬉しいことだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

パナライカという必然

21.3.247.jpg

 今日、八坂神社の桜の撮影は、(パナ)ライカ ズミルクス25mmとノクチクロン42.5mmの2本のレンズだけで臨んだ。数あるパナライカのレンズの中でもとくにライカらしい描写で定評のある2本だが、改めてこの2本のレンズの素晴らしさを実感した。
 ボケ量こそ少々物足りないケースはあるものの、これは意外に撮り方などでカバーできる。それよりも、画面全体で破綻がなく、高解像度できわめて優等生な写りながら、それだけに止まらない表現力がある。それは空気感だったり、臨場感だったり、艶や色気だったりと撮影シーンで異なるのだが、(パナ)ライカではならない必然性があるように感じるのだ。
 すると、富士フイルムやツァイスなどが気になって熱くなっていたものを、十分に冷ましてくれるように思う。これらのレンズを使いこなせれば、ほかに目を向ける必要はないのかもしれないのだ。
 というわけで、ほかのマウントに目を向けるのは論外。そしてマイクロフォーサーズでも所有していないレンズに目を向けるより、まずはパナライカを使いこなすことをちゃんとやらなければいけないと思っている。マイクロフォーサーズに移行し、パナライカのレンズに行き着いたのには必然性があるのだ。
posted by 坂本竜男 at 12:44| Comment(312) | TrackBack(0) | 撮影機材

八坂神社の桜 2021

21.3.241.jpg

 地元で大好きな桜スポットの一つ、八坂神社。所用ついでにカメラ片手に立ち寄ることに。と書くと、ついでの感じだが、実は八坂神社がメイン。行くついでに所用を済ませたのだ。だからレンズもズミルクス25mmとノクチクロン42.5mmの2本。気合が入っているのである。

21.3.242.jpg

21.3.244.jpg

21.3.243.jpg

21.3.245.jpg

 八坂神社の見所は、桜の参道だ。八女の無量寺さんのような迫力はなくこじんまりしているが、個人的にはそれが大好きだ。桜の距離も近く、近距離で桜に囲まれながら参道を歩くのは、なんとも言えない心地よさとやすらぎ、そして清らかさがある。

21.3.246.jpg

 参拝後、参道を引き返す時の光景もまた美しく、そして神々しい。ここの桜は神々しい光に満ち溢れている。
posted by 坂本竜男 at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 花・緑・植物
Powered by さくらのブログ