2021年03月26日

あじさいの宿 都荘の夕食

 あじさいの宿 都荘の食事は、相知の郷土料理。これがとても素晴らしかった。

21.3.2521.jpg

21.3.2522.jpg

21.3.2523.jpg

21.3.2524.jpg

21.3.2525.jpg

21.3.2526.jpg

21.3.2527.jpg

21.3.2520.jpg

 料理は相知の旬の山の幸を中心とした郷土料理。佐賀牛からヤマメ、竹の子、うなぎ、鯉こく…と素晴らしい充実ぶり。どれも素材の良さが生きた上品で丁寧なお料理。とにかく、前菜からメイン、そしてデザートまで一つ一つがスキのない美味しさだ。
 そして、お酒は地元の日本酒 万齢をはじめ、佐賀の銘酒が揃う。そしてこの日本酒が料理に抜群に合う。佐賀の味をとことん楽しめるコース料理だ。
 食事だけでも、ここに来る価値はある。見帰りの滝を散策した後の休憩にも良い。これは定期的に来たいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

あじさいの宿 都荘へ宿泊

21.3.2518.jpg

21.3.2519.jpg

 昨日は、佐賀県唐津市相知町にある、あじさいの宿 都荘へ宿泊。見帰りの滝の少し下流にある、趣のある宿だ。
 なんと、ここは携帯の電波(ソフトバンク)が届かない場所。誰にも邪魔されない、お忍びで来るのにぴったりの場所ではないか(今回の宿泊は決してお忍びではないが)。電波が届かないというだけでも、良い意味でテンションが上がる自分がいるのだ。
 チェックインを済ませると、川のせせらぎが聞こえる良い感じの和室に案内された。落ち着いた空間で休むまもなく、檜風呂の温泉へ。今回はコロナの影響もあり、宿は貸し切り状態。当然、温泉も貸し切りだ。檜のいい香りに包まれた浴場は、泉質も眺めも最高。いつもはカラスの行水の僕だが、今回は長めのお風呂を楽しんだのだった。(つづく)
posted by 坂本竜男 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

初めての與止日女神社

 川上峡春まつりの会場にもなっている、與止日女神社にも立ち寄った。初めての與止日女神社である。

21.3.2516.jpg

21.3.2514.jpg

21.3.2515.jpg

21.3.2517.jpg

 與止日女神社は、建立1450年を迎える歴の長い神社。その佇まいは荘厳な空気感もあるが、それ以上に開放的で明るく、多くの人たちを向かい入れるような光に満ちたものだった。これは天気の良さや桜の花、まつりと重なっていることもあるだろうが、不思議なやさしさに溢れた解放感は、この神社ならではのものだろう。
 鳥居や狛犬は年季が入っていて角が取れて丸くなり、それがやさしい雰囲気にも繋がっている。しかし、本殿は歴史の重みを感じる素晴らしいものだし、樹齢1500年の大楠は守神のような迫力に満ちている。やはり特別な神社なのは間違いない。まつり以外の時にも行かないといけないな。
posted by 坂本竜男 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

第40回 川上峡春まつり

 嘉瀬川沿いは、川上峡まつりの真っ最中。いつもは鯉のぼりに気を取られながらも横を通り過ぎて行くだけだったが、すぐそばの元祖吉野屋さんに寄ったこともあり、初めてクルマを降りてじっくりと眺めた。

21.3.259.jpg

21.3.2510.jpg

 桜と鯉のぼりの組み合わせは、一般的には「?」となりそうだが、ここでは当たり前の光景。

21.3.2511.jpg

 風が出てくると、なんとも元気が出る光景に。

21.3.2512.jpg

21.3.2513.jpg

 反対の與止日女神社側から。風は止まってしまったが、こちらからも見応えがある。鯉のぼりと桜を同時に楽しめるなんて、ちょっと贅沢だね。
posted by 坂本竜男 at 17:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本文化

元祖吉野屋の抹茶アイスクリームぜんざい

21.3.258.jpg

 巨石パークの後は、元祖吉野屋さん。白玉饅頭で有名な老舗の和菓子店だ。
 巨石パークでは汗をかいたので、店内のカフェでちょっとひといき。抹茶アイスクリームぜんざいをいただいた。
 ぜんざいの上品な甘さとやわらかでなめらかな白玉、そして抹茶アイスのバランスが絶妙。それぞれの美味しさが光る。美味しい!ただ、この店らしさをしっかり味わうのなら、白玉ぜんざいの方が良いかも。
posted by 坂本竜男 at 17:25| Comment(5) | TrackBack(0) |

2年ぶりの巨石パーク

 昨日は朝から巨石パーク。巨石パークを訪れるのは2年ぶりだ。

21.3.251.jpg

21.3.252.jpg

21.3.253.jpg

 森の中に点在する巨石群は、いつ見ても圧倒される。そして、どこか神々しさを感じる。昔の人たちが巨石を神様として祀ったのもよくわかる。

21.3.254.jpg

21.3.255.jpg

21.3.256.jpg

21.3.257.jpg

 そして、巨石パークは桜スポットしても知られている。規模が大きいので、他の桜スポットとは違う魅力がある。でも、意外にしてる人は多くない。案外、このくらいの認知度がちょうど良いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 17:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ