2021年04月02日

中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95を試す

 早速、中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95を試し撮り。ボディはGM1。もちろんすべて絞り開放である。

21.4.2-4.jpg

21.4.2-5.jpg

21.4.2-6.jpg

21.4.2-8.jpg

21.4.2-7.jpg

 やはり、F0.95の世界はすごい。マイクロフォーサーズとは思えないボケかただ。フルサイズではF1.9相当のボケ量なのだが、それ以上にボケ量が多く感じるのは、フルサイズのレンズよりも被写体に寄れることが大きいのだろう。ボケがうるさくなることもほぼなく、とろけるようなボケを見せてくれる。
 その一方で、ピント面の解像度の高さもなかなかのもの。ピント面のシャープさと豊かなボケが相まって、被写体が見事に浮かび上がる。本来、この手のレンズは1〜2段絞って使うことが多いのだが、積極的に絞り開放で撮りたくなる。
 ちなみにピント合わせはシビアではあるが、ピントの山は比較的つかみやすい。最近の機種なら、拡大機能やピーキングを使えば、ピント合わせに苦労することは少ないはずだ。

21.4.2-9.jpg

 ちなみに、ちょっと距離を取った被写体だとこんな感じ。スタジアムの奥にピントを合わせているが、スタジアムの手前は結構ボケている。本当はF8くらいまで絞るんだろうけどね。
posted by 坂本竜男 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95、導入!

21.4.2-1.jpg

 ついに、以前から気になっていた単焦点レンズ、中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95を導入した。驚異の明るさF0.95を誇るレンズである。
  マイクロフォーサーズでF0.95のレンズと言えば、フォクトレンダーのNOKTONが有名だ。写りは絞り開放ではかなりやわらかいが、絞るにつれて解像度が一気に高くなり、一本のレンズで二つの描写を楽しめるレンズとしても知られている。そのビルドクォリティも極めて高く、所有欲を間違いなく満たしてくれるが、マイクロフォーサーズのレンズとしてはやや大柄で重量も重めである。
 一方、中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95は、F0.95とは思えないコンパクトさが印象的だ。写りは絞り開放からピント面はシャープで解像度も高い。そのせいか、背景を考えないとボケが煩くなる傾向はあるようだ。とは言え、F0.95から得られるボケはマイクロフォーサーズとは思えないほど。ネットでの作例やレビューを見る限り、大いに期待してしまうレンズである。

21.4.2-2.jpg

21.4.2-3.jpg

 F0.95のレンズとしては極めてコンパクトなので、ひとまずGM1に装着。レンズの長さはそれなりにあるが、径が小さいのでおさまりは悪くない。はたしてF0.95の世界は?そして、どんな描写を見せてくれるのか。これから使うのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 12:02| Comment(353) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ