2021年05月18日

アジサイの色づき

21.5.181.jpg

21.5.182.jpg

21.5.183.jpg

 今年は記録的な梅雨入りの早さもあって、アジサイの色づきも本当に早い。感覚的には一ヶ月先を過ごしているかのようだ。
 もちろん、アジサイの色づきの早さにはばらつきがある。まだまだのところもそれなりにあるのだが、なぜか我が家の近所はとくに色づきが早い。50mも離れるとかなり違うから面白い。
 アジサイはその土地を花に反映させると聞いたことがある。色もその土地(土質など)の表れらしい。そう考えると、この近所のアジサイの色づきの早さには、その地ならではの理由があるのだろう。
 それが良いことか悪いことかはわからないけれど……。
posted by 坂本竜男 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

現時点での欲しいレンズをまとめてみた

 現時点で欲しいレンズをまとめてみた。

 まず、明るい中望遠単焦点レンズ。具体的にはカムラン 50mm F1.1かシグマ56mm F1.4。ポートレートなどで更なるボケ量を必要とするときに使用予定。カムランはMFだがシグマはAF。とても明るく価格は安いがMFで大きく重いカムランか、ほかより少しだけ暗く少し価格は上がるがAFで安心して使えるシグマか。これはとても悩ましいところ。

 次は35mm換算で500mm以上の超望遠レンズ。具体的には、オリンパス75-300mmとパナライカ100-400mm。オリンパスはF4.8-6.7とかなり暗いが、写りも良くて普段持ち歩けるサイズと重量なのが良い。それ以上を狙うならパナライカ。できれば両方欲しい。

 そして魚眼レンズ。対角魚眼ならサムヤン7.5mm。円周魚眼ならメイケ3.5mm。魚眼レンズは今まで使ったことがないので、これに関しては未知数。

 小ぶりで明るい望遠ズームもできれば欲しい。具体的にはルミックス35-100mm F2.8。I型でもII型でも良い。持ち運びやすサイズなので、普段使いとしても便利。

 普段使いで便利と言えば便利ズーム。旅行など、撮影目的ではない外出の時にあるととても便利だ。となると、手ぶれ補正もあるルミックス14-140mmか。オリンパス12-100mm F4も取材系の仕事では活躍するはず。

 最後はマクロレンズ。今気になっているのは望遠マクロ。100mm前後の焦点距離がターゲット。候補はいずれもオールドレンズで、ニコン マイクロニッコール105mmかキヤノン FD100mmマクロ。オリンパスから近い将来、望遠マクロがリリースされるという噂はある。
 標準マクロも一本は欲しい。そうなるとオリンパス30mm一択。安くて優秀なレンズだが、いつでも買えると思って、いまだ手にしていない。

 改めて書き出してみると、すぐに必要なレンズは一本もないことに気づく。それでも、うまく見出せれば仕事でも出番は増えるはず。必ず必要ではないが、導入すれば間違いなく機動性が上がったり、チャンスを逃すリスク減らせたりという、間違いのないメリットを持ったレンズもある。
 結局、使い手……つまり僕次第ということなのだ。新たなレンズの導入が、仕事と表現の幅を広げることにつながるように、いろいろな挑戦は必要だね。
posted by 坂本竜男 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年05月17日

望遠マクロを検討する

 適度な距離を保ちながら、大きく写したい。そんなときに有効なのが望遠マクロレンズだ。望遠マクロはキヤノン FD200mm F4を持っているのだが、マイクロフォーサーズだと400mm相当になりさすがに扱いが難しい。レンズもちょっと大きく重い(400mm相当としては小型軽量ではあるが)。そこで、マイクロフォーサーズで200mm相当のマクロレンズを検討することにした。
 マイクロフォーサーズのマクロレンズには、これに相当するレンズはない。ただ、オリンパスから近い将来、リリースされるかもしれないという噂はある。
 今のところ、有力なのはオールドレンズだ。90〜105mmのマクロだとちょうど良い。マイクロフォーサーズでは180〜210mmと焦点距離も使いやすい。そして、ハーフマクロも等倍マクロになるし、等倍マクロなら2倍マクロだ。それにマクロはほぼマニュアルフォーカスで使うので、オールドレンズでも問題ない。あとは写りだ。
 有力なのはニコン。マイクロニッコール105mmは55mmほどではないが、高解像度で評判もいい。F4とF2.8があるが、古いF4の方がシャープで良いと言う人もいる。価格も手頃だ。ただ、ハーフマクロなので、マイクロフォーサーズでは等倍。この点はちょっとだけ物足りない。
 オールドレンズで優秀なマクロといえば、やはりタムロンは外せない。アダプトール時代のタムロンはハーフマクロだが、F2.5と明るく評価も高い。ただ、以前散々集めながら、結果として全て手放してしまったアダプトールレンズを思い出してしまうので、ちょっと躊躇してしまう。
 あとはキヤノンFD100mm F4だろうか。これもニコンと同様、マクロの定番だ。こちらも評判が良い。
 それぞれに魅力を感じるのだが、結局、これらは中古でしか入手できない。あわてて買うと言うより、出会いを待つ方が良いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年05月16日

やせうまの筑後版はなんだっけ?

 今日、大分名物である「やせうま」を食べながら、「これって、生まれ故郷である筑後地方にも、ほぼ同じものがあったよなぁ。小さい頃、よく食べてたよなぁ。」と思っていた。
 だが、「やせうま」とは言ってはいなかった。「やせうま」は大分特有の名称。確か、全く違う名前で呼んでいたはず。しかし、それが何だったか思い出せない。結局、自宅に戻ってから調べてみることにした。
 ネットで検索して出てきた名称は「ごろし」。確かに「ごろし」も聞いたことがある。でも、僕が小さい頃「ごろし」と言っていた記憶が全くない。ひょっとしたら、我が家だけ特殊な名称をつけていたのだろうか。母に聞けば済む話なんだけど、なんとか思い出したいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) |

くじゅう野の花の郷のやせうま

21.5.162.jpg

 そばだけでは足りず、大分名物のやせうまも注文。団子の部分は思ったよりも弾力があって食べ応えもしっかり。一方、きな粉は上品な甘さで軽やかな旨み。これらのマッチングがまた絶妙。きな粉は軽やかな分、量はたっぷり。ちょっとした贅沢感も感じる。やせうまは久しぶりに食べたけど、やっぱり美味いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

くじゅう野の花の郷のそば

21.5.161.jpg

 今日は所用で朝から九重町。ランチは、最近のお気に入りのくじゅう野の花の郷さん。今回はそばを注文。とり天と山芋をトッピングした。
 麺は香りも喉越しもよく美味い。甘めのおつゆとの相性も抜群。そして天ぷらやとり天もサクサクで美味い。しかも、それら全てが見事に調和している。高級蕎麦屋にはない、親しみやすい美味しさがある。これはいい!
 このそばは夏季限定メニューらしい。これはまた食べに行かなければ。
posted by 坂本竜男 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年05月15日

オーナーになると引き寄せる

21.5.152.jpg

 ルノー メガーヌエステートGTラインに乗り始めて2年半。デザインも乗り味も大いに気に入っている。そして、比較的新しいモデルなのに、滅多に見かけないレアなクルマであることもお気に入りだ。
 メガーヌエステートを検討している時、それまでディーラー以外で見たことがなかった。唯一見かけたのは、マイナーチェンジ前のモデルを一回だけである。
 それが、晴れてこのクルマのオーナーになった途端、全く同じクルマに2回もすれ違った。同じ白で、しかも市内である。そして今日、今度はガンメタリック。我が家から歩いて5分くらいの場所でだ。
 どうも、オーナーになると同じクルマを引き寄せるということがあるらしい。こんな田舎町で3度も自分と同じレアなクルマと出会うのだ。引き寄せているとしか思えないではないか。おそらく、こんなクルマを選ぶ人間は、いろいろ共通項が多いのだろう。それゆえに引き合うに違いない。
posted by 坂本竜男 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

北部九州も梅雨入り

 気象台によると、今日、北部九州も梅雨入りしたらしい。平年より20日も早く、統計史上2番目なのだそうだ。
 個人的には、梅雨入り前の初夏の爽やかな天候が好きだったので、それをまるまる奪われたような感覚だ。早く梅雨明けしても暑い夏が待っているし、梅雨が長引いても気持ちは良くない。どちらにしても、今年の夏も苛酷なようだ。
posted by 坂本竜男 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

元祖吉野屋の白玉ぜんざい

21.5.151.jpg

 所用で佐賀市内まで来たので、用事を済ませた後、元祖吉野屋さんに立ち寄る。
 今日は雨で体感温度がやや低めなので、温かい白玉ぜんざいを注文。程よい甘さと品の良さ。まさに王道の味。この温かさが、さらに美味しさを引き立てる。やっぱり、寄って良かった!
posted by 坂本竜男 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年05月14日

Xiaomi 精密ドライバーセット

 カートリッジ交換用の道具類。ピンセットだけではなく、精密ドライバーも紛失していることが判明。早速、どんな製品が良いかリサーチをしていると、こんな製品が目に止まった。

2d3ff831-16cc-468c-9f7b-e7bc5d95e6d4.__CR0,0,970,600_PT0_SX970_V1___.jpg

Xiaomi Wiha 精密ドライバーセット.jpg

 Xiaomi Wiha 精密ドライバーセット。洗練されたデザインで、写真を見る限り品質も良さそう。中国の総合家電メーカーXiaomi(シャオミ:小米科技)の製品だが、ドイツの工具専門メーカーのWiha(ヴィーハ)社が監修しているらしい。ネットでの評価も上々だ。
 正直、ここまでのセットは必要ないのだが、いざというときにこれだけあれば心強いし、なにより所有欲を満たすデザインが良い。場所を取るものでもないし、持っておいて損はないかも。
 早速、購入しようと思ったが、正規では日本に入ってきていないのでAmazonで検索。すると、Wihaのロゴが入っているものと入ってないものが混在している。どちらもXiaomi製の本物で、途中から仕様が変わってロゴが外されたらしい。Wihaを謳っているものは価格が倍もする。もともとは、こんなに高くはなかったはずなのだが。となると、買うならWihaでないモデルか。
 Wihaが外れて同等の品質管理ができているのか疑問は残るが、本国サイトによると同等の性能と品質を保っているとのこと。品質の性能が保たれているのなら、買っても良いのだけれど‥。結局、購入意欲が薄れている自分に気づく。ブランドに左右されている自分がなさけないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

綿毛の舞

21.5.139.jpg

21.5.1310.jpg

 マクロで撮るタンポポの綿毛。とくに綿毛が散り始めたタンポポには、儚さから来る独特な美しさがあるなぁ。まるで綿毛が最後に舞を舞っているかのようだ。
posted by 坂本竜男 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2021年05月13日

人口10万人あたりの感染者数に注目すると・・・

 NHK佐賀放送局のツィートによると、5月6日から12日までの1週間でみた人口10万人あたりの佐賀県の感染者数は43.19人。東京都、大分県に次いで全国ワースト9位とのこと。ちなみに1位は大阪府、2位は福岡県、3位は岡山県。
 佐賀県は感染者数自体は飛び抜けて多い感じはないが、人口が少ないから実際は認識以上に深刻。しかもワースト2位の福岡県へ行き来せざるをえない人もとても多い。このことはもっと認識すべきことだ。
 僕も含めて、田舎はまだ大丈夫と思い込んでいる部分はどこかある。認識を改めないといけないな。
posted by 坂本竜男 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

チェリーセージ

21.5.138.jpg

21.5.137.jpg

 今日、近所の散策コースをちょっと変えたら、とある一角に咲く赤と白が印象的な花が目に止まった。ほかであまり見た記憶がないから、日本の植物ではなさそう。帰って調べてみたらチェリーセージという、アメリカ南部からメキシコにかけて分布する植物だった。
 ちなみにチェリーセージというのは英名がそのまま流通名になったもので、正式な種名ではないそうだ。チェリーセージとして栽培されるのは主に、サルビア・ミクロフィアサルビア・グレッギー、そして二種の自然交配種であるサルビア・ヤメンシス3種類なのだそうだ。
 この赤と白の花を咲かせるのは、サルビア・ミクロフィラの品種の一つでホットリップス。「イチゴミルク」の名前で流通することもあるらしい。なるほど、確かにイチゴミルクっぽい。
 涼しいと赤白の二色となり、暑いと赤一色になることが多いといわれている。チェリーセージの花期は5月〜11月と長いので、これから暑くなると赤一色になるのだろうか。もっと暑くなってきたら、また見に行ってみよう。
posted by 坂本竜男 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

マイクロニッコールで虫たちに挑む

21.5.134.jpg

21.5.135.jpg

21.5.136.jpg

 久しぶりに、マクロレンズで虫たちに挑む。レンズはニコン マイクロニッコール55mm F3.5 P Autoだ。
 今回は、意外に虫たちの方から近づいてくれる。だが、割と動くし風もたまにくるので、マニュアルフォーカスはかなり厳しい。
 それでも、うまくいくとかなりの画質で撮れし、いろいろな気づきもあるので、やはり面白い。虫たちをマクロで捉えると、造形としての面白さ・凄さがよくわかるね。
posted by 坂本竜男 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

色づき始めるアジサイ

21.5.131.jpg

21.5.132.jpg

21.5.133.jpg

 近所のアジサイがだいぶ色づき始めた。例年と比べると、色づき始めるのがだいぶ早いような…。
 季節や環境の変化は動植物たちの方が遥かに敏感だ。アジサイは梅雨の到来をすでに感じ取っているのだろう。やはり、今年の梅雨入りはかなり早そうだ。
posted by 坂本竜男 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

ピンセットを検討する

 ターンテーブルマットの導入で、より音楽が楽しくなった。そして自粛期間ということも相まって、レコードを聴く時間が増えている。そうなってくると、いよいよ次はカートリッジ交換だ。
 だが、カートリッジ交換に必要な道具類がいくら探してもない。どうも引っ越しの時に紛失したようだ。
 カートリッジ交換にピンセットと精密ドライバーは必須。そこで、まずピンセットをリサーチすることにした。
 ピンセットと言っても価格も仕様も様々。精度が高く品質も良い医療用はかなりの金額するし、安価なものは100円ショップで買える。ここはある程度精度が高く、作業しやすいものが望ましい。だが、どのくらいのコストをかけたらよいのがイマイチわからない。
 ただ、先がぴったりと面で合わさる精度の高さ、物を摘んだ時に力が逃げないこと、バネの力が強すぎないことなどを考慮すると、ある程度絞られてくるはず。頻繁に使うわけではないので、高額なものは避ける。すると医療用は高価なので除外。モデラー用途の製品を中心に探してみた。

51I7mGQ6edL._AC_SL1500_.jpg
51wMqxDux-L._AC_SL1500_.jpg

 目に止まったのは、プラッツ/MONOのピンセット。模型用に作られた製品で、価格は1,000円程度。この手の製品としてはとても手頃な価格だが、サイトや動画などを見る限り、精度は高いし使いやすそう。Amazonのレビューも概ね高評価だ。
 ストレートタイプと鶴首タイプ、そしてフラットタイプの3種類あるが、フラットタイプは主にデカール用なので、ストレートか鶴首になる。どちらが使いやすいかは使ってみないとわからないが、この金額なら両方買っても良さそう。ひとまず、これが今のところ最有力だ。
 ただ、道具類のリサーチは楽しいので、もう少し調べてみよう。
posted by 坂本竜男 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年05月12日

ワクチン接種の優先順位

 コロナのワクチン接種が、ようやく医療従事者から高齢者の人たちへ移行しつつある。
 だが、ここで疑問がある。医療従事者の方たちが最優先なのは理解できるが、その次が高齢者というのはどうなのだろう?もともと高齢者の方たちが感染した時の重症化率の高さゆえなのだろうが、それでもちょっと違うような気がしているのだ。
 ましてや今、猛威を奮っている変異型は若い人たちの感染率が高い。そうなると、なおさら優先順位は変わってくるのではないだろうか。個人的には子供や学生を優先させるべきだと考えている。そして、できるだけ早く安心して教育を受けれるようにすることが大事ではないだろうか。
posted by 坂本竜男 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

2021年05月11日

今日、九州南部が梅雨入り

 今日、九州南部が梅雨入りした。5月のこの時期に梅雨入りするのは、観測史上2番目の早さなのだそうだ。
 そしてそれだけでなく、早ければ今週中に北部九州も梅雨入りする可能性があるとのこと。今年は、桜の開花も梅雨入りもなんでも早いようだ。
 そういえば、近所の紫陽花もどんどん大きくなってきている。この早い梅雨入りがいい方向に行けば良いけどなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

刈り取り前の麦の黄金

21.5.114.jpg

21.5.115.jpg

 麦の刈り取りが始まった。刈り取り間際の麦は、なんとも言えない独特な黄金色で、毎年のことながら惹かれてしまう。この光景は今だけの(個人的には)絶景だ。
 本当は晴れた日だったり、夕陽に照らされている時間帯の方がドラマチックで綺麗なのだが、こんな曇り空でもやっぱり引き寄せられる美しさがある。派手さはないが、渋く輝く黄金だ。終焉が近いものだけが持つ、儚さから来る美しさがあるように思う。
 この黄金が終わったら、いよいよ田植えだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

調子が上がるには時間がかかる

21.5.113.jpg

 今日は約一週間ぶりのロードバイク。明日からしばらく天気が悪いとのことなので、いつものように所用を済ませつつも遠回りコースを走って、ささやながら距離を伸ばす。そう、いつもの田舎道だ。
 最近、時間がある割には思うようにロードバイクにのれていない。週一くらいのペースでは、調子が出るのに時間がちょっとだけかかる。
 最初の10分くらいはペースも上がらないし、身体も重い。これは厳しいな〜と思いつつ、もう少し我慢して走り続けていると、だんだん身体もほぐれて軽くなり、ペースも上がってくる。30分も走ると、だいぶ調子が出てきて、まだまだ走れるな〜と言う気持ちになってくる。(本当は走る前にストレッチくらいやるべきなんだけど)
 今日も1時間ほど走ったところで調子が出てきたのだが、天気が思ったよりも早く崩れてきて雨が降り出した。もう少しだけ走るつもりだったけど、今回はここで終了。また、一週間後かぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
Powered by さくらのブログ