2021年05月13日

人口10万人あたりの感染者数に注目すると・・・

 NHK佐賀放送局のツィートによると、5月6日から12日までの1週間でみた人口10万人あたりの佐賀県の感染者数は43.19人。東京都、大分県に次いで全国ワースト9位とのこと。ちなみに1位は大阪府、2位は福岡県、3位は岡山県。
 佐賀県は感染者数自体は飛び抜けて多い感じはないが、人口が少ないから実際は認識以上に深刻。しかもワースト2位の福岡県へ行き来せざるをえない人もとても多い。このことはもっと認識すべきことだ。
 僕も含めて、田舎はまだ大丈夫と思い込んでいる部分はどこかある。認識を改めないといけないな。
posted by 坂本竜男 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

チェリーセージ

21.5.138.jpg

21.5.137.jpg

 今日、近所の散策コースをちょっと変えたら、とある一角に咲く赤と白が印象的な花が目に止まった。ほかであまり見た記憶がないから、日本の植物ではなさそう。帰って調べてみたらチェリーセージという、アメリカ南部からメキシコにかけて分布する植物だった。
 ちなみにチェリーセージというのは英名がそのまま流通名になったもので、正式な種名ではないそうだ。チェリーセージとして栽培されるのは主に、サルビア・ミクロフィアサルビア・グレッギー、そして二種の自然交配種であるサルビア・ヤメンシス3種類なのだそうだ。
 この赤と白の花を咲かせるのは、サルビア・ミクロフィラの品種の一つでホットリップス。「イチゴミルク」の名前で流通することもあるらしい。なるほど、確かにイチゴミルクっぽい。
 涼しいと赤白の二色となり、暑いと赤一色になることが多いといわれている。チェリーセージの花期は5月〜11月と長いので、これから暑くなると赤一色になるのだろうか。もっと暑くなってきたら、また見に行ってみよう。
posted by 坂本竜男 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

マイクロニッコールで虫たちに挑む

21.5.134.jpg

21.5.135.jpg

21.5.136.jpg

 久しぶりに、マクロレンズで虫たちに挑む。レンズはニコン マイクロニッコール55mm F3.5 P Autoだ。
 今回は、意外に虫たちの方から近づいてくれる。だが、割と動くし風もたまにくるので、マニュアルフォーカスはかなり厳しい。
 それでも、うまくいくとかなりの画質で撮れし、いろいろな気づきもあるので、やはり面白い。虫たちをマクロで捉えると、造形としての面白さ・凄さがよくわかるね。
posted by 坂本竜男 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

色づき始めるアジサイ

21.5.131.jpg

21.5.132.jpg

21.5.133.jpg

 近所のアジサイがだいぶ色づき始めた。例年と比べると、色づき始めるのがだいぶ早いような…。
 季節や環境の変化は動植物たちの方が遥かに敏感だ。アジサイは梅雨の到来をすでに感じ取っているのだろう。やはり、今年の梅雨入りはかなり早そうだ。
posted by 坂本竜男 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

ピンセットを検討する

 ターンテーブルマットの導入で、より音楽が楽しくなった。そして自粛期間ということも相まって、レコードを聴く時間が増えている。そうなってくると、いよいよ次はカートリッジ交換だ。
 だが、カートリッジ交換に必要な道具類がいくら探してもない。どうも引っ越しの時に紛失したようだ。
 カートリッジ交換にピンセットと精密ドライバーは必須。そこで、まずピンセットをリサーチすることにした。
 ピンセットと言っても価格も仕様も様々。精度が高く品質も良い医療用はかなりの金額するし、安価なものは100円ショップで買える。ここはある程度精度が高く、作業しやすいものが望ましい。だが、どのくらいのコストをかけたらよいのがイマイチわからない。
 ただ、先がぴったりと面で合わさる精度の高さ、物を摘んだ時に力が逃げないこと、バネの力が強すぎないことなどを考慮すると、ある程度絞られてくるはず。頻繁に使うわけではないので、高額なものは避ける。すると医療用は高価なので除外。モデラー用途の製品を中心に探してみた。

51I7mGQ6edL._AC_SL1500_.jpg
51wMqxDux-L._AC_SL1500_.jpg

 目に止まったのは、プラッツ/MONOのピンセット。模型用に作られた製品で、価格は1,000円程度。この手の製品としてはとても手頃な価格だが、サイトや動画などを見る限り、精度は高いし使いやすそう。Amazonのレビューも概ね高評価だ。
 ストレートタイプと鶴首タイプ、そしてフラットタイプの3種類あるが、フラットタイプは主にデカール用なので、ストレートか鶴首になる。どちらが使いやすいかは使ってみないとわからないが、この金額なら両方買っても良さそう。ひとまず、これが今のところ最有力だ。
 ただ、道具類のリサーチは楽しいので、もう少し調べてみよう。
posted by 坂本竜男 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具
Powered by さくらのブログ