2021年05月16日

やせうまの筑後版はなんだっけ?

 今日、大分名物である「やせうま」を食べながら、「これって、生まれ故郷である筑後地方にも、ほぼ同じものがあったよなぁ。小さい頃、よく食べてたよなぁ。」と思っていた。
 だが、「やせうま」とは言ってはいなかった。「やせうま」は大分特有の名称。確か、全く違う名前で呼んでいたはず。しかし、それが何だったか思い出せない。結局、自宅に戻ってから調べてみることにした。
 ネットで検索して出てきた名称は「ごろし」。確かに「ごろし」も聞いたことがある。でも、僕が小さい頃「ごろし」と言っていた記憶が全くない。ひょっとしたら、我が家だけ特殊な名称をつけていたのだろうか。母に聞けば済む話なんだけど、なんとか思い出したいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) |

くじゅう野の花の郷のやせうま

21.5.162.jpg

 そばだけでは足りず、大分名物のやせうまも注文。団子の部分は思ったよりも弾力があって食べ応えもしっかり。一方、きな粉は上品な甘さで軽やかな旨み。これらのマッチングがまた絶妙。きな粉は軽やかな分、量はたっぷり。ちょっとした贅沢感も感じる。やせうまは久しぶりに食べたけど、やっぱり美味いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

くじゅう野の花の郷のそば

21.5.161.jpg

 今日は所用で朝から九重町。ランチは、最近のお気に入りのくじゅう野の花の郷さん。今回はそばを注文。とり天と山芋をトッピングした。
 麺は香りも喉越しもよく美味い。甘めのおつゆとの相性も抜群。そして天ぷらやとり天もサクサクで美味い。しかも、それら全てが見事に調和している。高級蕎麦屋にはない、親しみやすい美味しさがある。これはいい!
 このそばは夏季限定メニューらしい。これはまた食べに行かなければ。
posted by 坂本竜男 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ