2021年05月19日

三国志に久しぶりにハマってます

top_mainimage_pc.jpg
画像はテレQ公式サイトより

 今年の3月からテレQ(テレビ東京系)でドラマ三国志の放映が始まったことがきっかけで、久しぶりに三国志にハマっている。
 このドラマは、総製作費25億円、製作期間6年、出演者数15万人以上という圧倒的なスケールで製作された中国版大河ドラマ。三国志の赤壁の戦いを題材にした大ヒット映画「レッドクリフ」のすぐあとに制作されている。
 ドラマだから小説である三国志演義をベースにしているので、史実と違う小説らしい演出はある。また、レッドクリフの方がよりお金はかかっていて、セットやCGでは映画には敵わない。だが、このドラマは脚本がよく、将軍をはじめとする登場人物の人間的な部分がよく描かれている。そう言う意味では映画よりも見応えがある。
 そして、優秀な将軍でもたびたび失敗をし、歴史に学ぼうとせず滅んでいく様は、今の時代にも通じるものがある。やはり人は歴史からもっと多くのものを学ばなければいけないと言うことなのだ。
posted by 坂本竜男 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学

アジサイとフォーカス

21.5.185.jpg
posted by 坂本竜男 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

玄気(氣)と元気

 仕事を通して、言葉の持つ意味について改めて考えさせれることがある。
 最近、玄気(氣)と言う言葉を知った。玄気は元気の語源。でも、意味は正確には同じではない。
 元気は個人の体の健康や豊かさや発展など、個人的なことで使われることが多い。
 一方、玄気は創造の領域(神界)から溢れ出ている「神気・神徳・玄徳・命火・呼吸」のことらしい。つまり、個人的な小さなことではなく、もっとスケールが大きなものなのだ。ここには自他を分けると言う発想はない。今のこの厳しい世の中に、一番必要とされるものではないだろうか。
 コロナもなかなか乗り切れないでいるのは、様々な理由があるのは当然だが、その中に玄気の問題もあるように思う。いま、元気ではなく、玄気が足りないのだ。
posted by 坂本竜男 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ