2021年05月31日

銘匠光学 TTArtisan 17mm F1.4C

TTArtisan-17mm-f1.4C-putside.jpg

 銘匠光学からTTArtisan 17mm F1.4Cという、APS-C及びマイクロフォーサーズ用のレンズがリリースされていたことに気づいた。APS-Cでは25.5mm相当だが、マイクロフォーサーズでは34mm相当と使いやすい焦点距離になる。広角寄りのレンズなのでF0.95〜1.2といった明るさは求めてないが、オリンパスのF1.8よりも明るいレンズがあればな〜とは思っていたのだ。
 作例を見る限り逆光には強くなさそうだが、絞り開放でもピント面はある程度の解像度は確保されているようだ。絞り開放からガンガン使えそうな感じである。それでいて、マニュアルフォーカスではあるが価格は16,000円を切る。銘匠光学はビルドクォリティも高いので、このレンズもその例には漏れないはず。これは間違いなく「買い」だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

茶の輪くぐり

21.5.312.jpg

 せっかく八女まで来たので、福島八幡宮へ。階段を上がっていると、何か見慣れないものが…。

21.5.313.jpg

 6月30日の夏越大祓に際し、6月1日より茶の輪くぐりを準備しているとのこと。
 福島八幡宮の公式Instagramによると、

「茅の輪(ちのわ)は、半年間の罪穢を祓う大祓に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。
 当宮の茶の輪は、茅の輪に、八女の特産「八女茶」のお茶の枝葉をつけたもので、お茶は新型コロナを抑制すると話題になっており、茶の輪をくぐることで、無病息災・疫病除けを祈願致します。」

 とのこと。昔からの伝統を重んじながらも、地域性や今の社会を踏まえてのアレンジも入っている。こういった試みは本当に素晴らしいと思う。明日からだから、6月のうちにまた参拝に来なければね。
posted by 坂本竜男 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

コレクターの鉄板ナポリタン

21.5.311.jpg

 今日は仕事で八女。ランチは久しぶりのコレクターさん。
 注文したのは鉄板ナポリタン。小さい頃から大好きだったナポリタン。昭和を思わせる懐かしい美味しさだが、それだけで終わらないのが素晴らしい。玉子のフワフワ感が相まり、さらに味と食感が豊かに。熱々の鉄板でいただくから、最後まで熱々で美味しくいただけるのも嬉しい。ナポリタンは日本のパスタ(というかスパゲッティ)。この美味さはたまらないね。
posted by 坂本竜男 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ