2021年06月07日

S.M.S.L DA-9

 20年くらい使っている我が家のアンプ、プライマーA30.1。昨日はなんとか調子は戻ったものの、今後どこまで使っていけるか分からないし、修理ができるにしても時間がかかることが予想される。それで、代替になる製品を探し始めた。
 ただ、今の機器をそのまま接続するためには、バランス(XLR)とアンバランス(RCA)の二つの入力が必要。そして正直、Macも新しくしなければいけないので、大きな出費は避けたい。もちろん音質が良いに越したことはない。すると、当てはまる製品がかなり少なくなる。と言うか、価格を考えると国内メーカーでは「ほぼない」。結局、中華製D級アンプから探すことになった。

31iVYXLgdKL._AC_.jpg

 そこで見つけたのが、S.M.S.L DA-9。小型でシンプルなデザイン。質感もそれなりにしっかりしていそう。もちろん、バランスとアンバランスの二つの入力がある。価格はAmazonで3万円を切る。これは良さそう。
 Amazonのレビューでは、音質に関してはなかなかの高評価。ただ、信頼性に若干不安があるようだ。出たばかりの新製品のようなので、しばらく様子を見ることも必要だろう。
 信頼性に関しては、日本に正規代理店がないのも大きい。だが、代理店経由になると、価格は倍以上にはなるかもしれない。
 S.M.S.Lは中華メーカーの中では価格はやや高めだが、それでも国内や海外有名メーカーよりも圧倒的に安い。それに、面白い製品を意欲的にどんどん出している。品質もどんどん高くなってきているので、中華メーカーがオーディオの世界でも強力な存在感を示すのは間違いなさそうだ。
posted by 坂本竜男 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2021年06月06日

オリンパス 8-25mm F4 PROの価格の噂

8-25mm-F4-PRO-1.jpg
画像は43Rumorsより

 もうすぐ登場が予想されている、オリンパスの広角ズーム8-25mm F4 PROだが、米国での価格は1099.99ドルと予想されている。それを踏まえると、日本では12〜13万円くらいだろうか。正直、この価格なら無理して導入を考えなくても良いかも。
 いくら7-14mm F2.8 PROが大きく重いとは言え、それはマイクロフォーサーズとしては、というだけの話。フルサイズの同等スペックのレンズより圧倒的に小さいし、画質も申し分ない。いくらコンパクトでフィルターがつけれて25mmの標準域までカバーするとは言え、僕にとって価格なりのメリットがあるとは思えない。今のところ、見送りかな。
posted by 坂本竜男 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

アンプの調子が‥‥

 クィーンを聴いていたら、ところどころ聴こえるべき音声が聴こえなかったり、小さくなったりしていることに気付いた。とくにコーラス部分が一部聴こえないのが目立つ。レコードをCDにかえても同じ。どうも原因は入力系ではなそさそう。
 スピーカーも特に異常は見られない。スピーカーケーブルなどの配線の問題があれば、こんな聴こえ方にはならないはず。となると、アンプが怪しそうだ。

21.6.64.jpg

 アンプのボリュウムを上げ下げしていると、それなりにノイズが乗ったりする。音の抜けも良くない。それを我慢しながら、しばらくボリュウムを回していたら、聴こえるべき音声が聴こえないという症状は無くなった。ひとまず、ホッとした。
 しかし、安心はしていられない。明らかにアンプの不具合の前兆だ。だが、愛用しているアンプ、プライマーA30.1は、20年近く使っていてとっくに製造中止になっているし、改造もしているのでメーカーの保証はない。改造をしてくれた友人はコロナの影響もあって異常なほど多忙を極めていて、到底メンテナンスを頼める状況ではない。
 今は壊れないことを祈りながら、大事に使うしかなさそうだ。しかし、機械はいつかは壊れる。代わりを考える必要が出るかもしれない。だけど、しっくりくる製品ってなかなかないんだよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

QUEEN GREATEST HITS

21.6.61.jpg

 先日、TVで放映された「ボヘミアン・ラブソディ」。映画館で観てとても良かった作品だが、改めてTVで観てもやはり良い。当然、その後はクィーンが聴きたくなる訳で、映画でも使われた曲を多く収録する「QUEEN GREATEST HITS」を引っ張り出して聴いている。
 で、なぜCDとLPの両方があるのか。両方持っているアピールということではない。実は1981年にリリースされたLPと、1994年にリリースされたCDでは収録曲が微妙に違うのである。ちなみに曲数はどちらも17曲だ。

21.6.62.jpg
 これはLPの収録曲。

21.6.63.jpg
 こちらはCD。

 リリースされた時期が13年も違うので、それが影響しているのだろう。だが、CDは収録時間が長いから、LPの収録曲に追加するという形が良かったのかも。
 どちらにしても僕は最初はCDから入っているので、あとからLPを入手して、収録曲の違いに驚いた記憶がある。LPに「バイシクル・レース」が入ってなくてがっかりしたけど、「アンダー・プレッシャー」が入っていて喜んだり。どちらが良いということではないんだけどね。結局、聴きたい曲がどちらにもあるので、どっちも引っ張り出す羽目になっているのだ。
posted by 坂本竜男 at 11:02| Comment(334) | TrackBack(0) | 音楽

2021年06月05日

仕事の区切りの後は…

21.6.51.jpg

21.6.52.jpg

21.6.53.jpg

21.6.54.jpg

21.6.55.jpg

 今日で一旦、仕事の区切りがついたので、自分へのご褒美に和心料理はばきさんで夕食。
 いつもながら、何を注文しても美味い。嬉しいのは、大好物のジューシーなめざしが久しぶりに食べれたこと。そして、贅沢にウニ丼で締めれたのも良かった。
 これで次の仕事もいい感じで臨むことができる。やはり、食は大事だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

エゴイスタス vol.39、入稿完了!

 今まである意味一番苦悩したエゴイスタスvol.39も、無事に入稿を終わらせることができた。
 今号は最後の最後まで不確定要素が多く、ページ割が決まらないままの製作だった。そのせいもあって、いつもとは少し違う号になっている。これは、色々な意味で今を反映した特殊な号と言えなくもない。果たして、読者の皆さんにはどのように映るだろうか。
posted by 坂本竜男 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2021年06月04日

昔の写真

 訳あって、大量にある昔の写真を見直している。キヤノンAPS-C時代、キヤノン フルサイズ時代が中心だ。
 今、それらを見て思うのは、とにかくピンボケが多いということである。そして、風景写真など水平を取るべきものが全く水平が取れてないものも多い。要は失敗写真が大量にあるのである。それを補うかのように、とにかく似たようなショットも大量にある。
 つまり、自分の技術のなさはある程度自覚していて、それを補うべく大量に撮っていたのだろう。そういう意味では、今は多少は上手くなっているし、マイクロフォーサーズのミラーレスに移行して失敗はかなり減ったと思う。あのとき、今のカメラと技術があれば……。そう思うことも少なくない。
 しかし、昔の写真の中には、ごく稀に「よくこんなの撮れたな」という写真もある。逆にこれは今撮ろうと思っても難しいかもしれない。
 結局、経験や技術、良い機材によって得るものは大きいが、失うものもあるということなのだろうか。そうではないことを願う意味でも、昔の写真を見ながら、初心を忘れないようにしようと思うのである。
posted by 坂本竜男 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2021年06月03日

オリンパス M.ZUIKO 8-25mm F4 PROのリーク写真

8-25mm-F4-PRO-1.jpg
画像は43Rumorsより

 オリンパス PEN E-P7に引き続き、嬉しいニュース。以前から噂されていたオリンパス M.ZUIKO 8-25mm F4 PROのリーク画像が、43Rumorsから発信された。
 画像によればフィルターワークもできるので、7-14mm F2.8 PROとの使い分けもできる。というか、さらにコンパクトになると思われるので、出番はかなりありそうなレンズだ。価格にもよるが、常に持ち歩ける広角ズームとして、販売されたらすぐにでも欲しいレンズになりそう。早く、詳細が知りたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

近いうちにOLYMPUS PEN E-P7が登場?

E-P7-1.jpg
画像は、43Rumorsより

 43Rumorsによると、これはまもなく発表される新しいOYMPUS PEN E-P7とのこと。
 オリンパスからOMデジタルソリューションズになって初のマイクロフォーサーズ製品にして、久しぶりのPENシリーズということになる。スペックの詳細はまだわからないが、E-M10 Mark IVと同等くらいはあるのではないかと思われる。
 PEN E-P7の登場は、先日のルミックスGH5 mark IIに引き続き、マイクロフォーサーズユーザーとしては嬉しいニュース。マイクロフォーサーズは優れたフォーマットだけに、ここ1〜2年の寂しい状況はなんとかならないかとは思っていた。オリンパスの人気シリーズの新製品が、マイクロフォーサーズを盛り上げることにつながることを切に願う。
posted by 坂本竜男 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

苦渋の決断

 今回のエゴイスタスの製作は、発行を休止した昨年のこの時期よりもさらに厳しい状況になっている。やはり、コロナの影響は大きい。だって、昨年よりも悪くなっているのだから、仕方がないと言えば仕方がない。
 それを承知で発刊を決断したのだが、実は今、苦渋の決断を迫られている。もちろん「やはり休刊」にはしたくない。だが、それに次ぐような決断はしなければならいかもしれない。
 印刷までのデータ渡しまであとわずか。それまで最善を尽くすが、現状を受け入れて、それをそのまま出すことも必要なのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2021年06月02日

ソニーにおけるタムロンの存在、そして

mv_parts02.jpg

 タムロンから出た新製品、11-20mm F/2.8 DiV-A RXD (Model B060)の評価が高い。この広角ズームはソニーEマウント、しかもAPS-C用のレンズである。17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)に続く、2本目のF2.8通しのズームレンズというわけだ。
 タムロンはソニーEマウントレンズの製品を充実させてきているが、ソニー自体はフルサイズに力を入れおり、APS-C用レンズは寂しい状態。それゆえに、気にはなっていても自分で導入したり、人に薦めるのには躊躇いもあった。
 だが、F2.8通しで広角と標準ズームがそろった今、シグマのF1.4の単焦点16mm、30mm、56mmを追加すれば、コンパクトで高画質なAPS-Cシステムが完成してしまうのだ。
 もともと、ソニーのAPS-C、つまりα6000シリーズは、マイクロフォーサーズ以上にコンパクトでありながらAFも優秀で画質も良い。それで優秀なレンズが揃うのであれば、これは改めて検証せざるを得ない。しかも、ソニーの新しいAPS-Cモデルが近々登場すると言う噂もある。
 これは色々な意味で困ったことになったなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

ページ割なしで

 エゴイスタスに限った話ではないが、ページ物を作成するときには必ずページ割を作る。冊子の設計図と言えるものだから、とても重要である。
 しかし、いま製作中のエゴイスタスvol.39は、ページ割なしで進めている。
 これは新たな試みなのか?いや、そうではない。今回は不確定事項が多すぎて、ページが定まらないのである。完全なページ割ができないのだ。こんなことは創刊以来初めてである。
 ページ割なしでも、進めれないことはない。だが、普通は全体の流れを考慮して構成していくし、各ページもそれに合わせて調整していく。だからページ割は必要なのだ。
 ひとまず、確定要素を押さえながら、できるところから進めているわけだが、頭の中にある未完成なページ割には、ブラックホールのような何も見えないページが数ページ存在している。
 それがここ数日でどう変わっていくのか。それによって、今号は大きく変わるのは間違いない。
posted by 坂本竜男 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2021年06月01日

ソニーかフジ

 完全にミラーレスに移行して、ますますカメラ購入の相談を受ける機会が増えている。最近、特に多いのは、すでに一眼レフを使っている人がミラーレスに移行する際に、オススメを聞かれるケースだ。
 マイクロフォーサーズをメインとしている僕としては、当然ルミックスかオリンパスを推すことになる。だが、昨年のオリンパスの件や、マイクロフォーサーズの先行きのことを考えると、難しい部分があるのは否めない。
 たいていの場合、相談される方はほぼソニーに決めている。次点が富士フイルムだ。ソニーに限った話ではないが、フルサイズを考えている人には、ボディに対してレンズは良いものになればなるほど大きく重くなるという忠告こそするが、基本的に否定はしない。問題はAPS-Cだ。
 ソニーのAPS-Cは純正で良いレンズが少ないのが大きな欠点だ。性能も画質も良く、ボディのサイズも小さいのにもったいない話だ。
 富士フイルムは画質も評価が高いし純正レンズが豊富だが、サードパーティ製AFレンズが少ないこと、設計が古いレンズが意外に多いことが気になる。
 大人気のソニーと富士フイルムだが、僕としては普段使いから仕事まで使える、機動性の高いシステムとしては採用しにくい。やはり、システムトータルで機動性を高められ、性能も使い勝手も良いマイクロフォーサーズの方が圧倒的にメリットは大きいと考えている。
 でも、これは一般的には当てはまるはずなのに、ブランドイメージなどの関係で検討対象にすらならないケースも多いのだ。
 そんな時は、無理に自論を通すのではなく、「ソニーかフジでいいと思いますよ。」と言うことにしているのである。
posted by 坂本竜男 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ