2021年06月27日

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIを導入

21.6.272.jpg

 散々、迷いに迷ったが、ついにオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIを導入した。
 最近の急激な値下げは、完全に製造中止と近い将来の次期モデルの登場を予感させるし、レンズの暗さは気になるところではあった。だが、フルサイズ換算150-600mmの超望遠ズームがこのサイズと価格で手に入ることは本当に素晴らしいし、作例を見る限りうまく使えば望遠側も画質は結構良い。それに、次期モデルが出たとしてももっと高価になるはず。そこで導入に踏み入ったのだ。
 今日はもう暗くなってきたので、テスト撮影は明日の予定。組み合わせるボディは当然E-M1 mark IIだ。さて、手軽に扱える小望遠ズームの実力はいかに?とても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

終わりよければすべてよし

21.6.263.jpg

 今日は、昨日から鳥栖市民文化会館で開催されている、彩の国シェイクスピア・シリーズ第37弾『終わりよければすべてよし』を観に行った。
 本作は、蜷川幸雄から吉田鋼太郎へと受け継がれた、彩の国シェイクスピア・シリーズの最終作でもある。それだけに力の入り方も相当なのだろう。とにかく、見応えのある舞台だ。まず、一面に曼珠沙華(彼岸花)を咲かせるステージが印象的。その中で、素晴らしいスピード感で物語は展開していく。
 役者さんたちの演技も素晴らしいが、吉田鋼太郎の演出もまた見事。とにかく、最後の最後まで視線は舞台に釘付けだ。地元でこんな素晴らしい舞台が観れるなんて、なんと恵まれていることか。大満足の日曜日だった。
posted by 坂本竜男 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
Powered by さくらのブログ