2021年07月20日

小鹿田焼のコーヒーカップ

21.7.2011.jpg

 狙っていた小鹿田焼は、大きめのコーヒーカップ。マグカップほどの大きさで、青みがかった深い緑が印象的。装飾技法は打ち刷毛目になるのかな?この佇まいと色、大きさ、形がとても印象的。僕にとって毎日使いたいと思わせるものだったのだ。
 あぁ、明日のモーニングコーヒーが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

小鹿田焼の里を散策する

 昼食の後は、小鹿田焼の里へ。狙っている器を探しに、ちょっと散策。

21.7.2076.jpg

21.7.208.jpg

21.7.209.jpg

21.7.2010.jpg

 平日の昼間なので、観光客はほぼゼロ。本来ならゆっくり回りたいところだが、日田は37°を超える暑さだったので、ある程度狙いを定めて散策。実は先月訪れた時に、ある程度目星はつけていたのだ。
 無事に狙っていたものも買うことができて満足。やっぱり、普段使いにも最適な良い器がたくさんある。基本的には400年近く変わっていない器だが、今は逆に洗練されたものに感じるから不思議だ。
 陶工の個性をあえて抑えている小鹿田焼は、ルーツである小石原焼とは真逆に近いアプローチをとって今に至っている。どちらが良いとかではなく、どちらも正解なのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) |

プロダクツで作る善三展、再び

21.7.201.jpg

21.7.202.jpg

21.7.203.jpg

21.7.204.jpg

21.7.205.jpg

 今日は朝から坂本善三美術館。先月に観てとても良かった「プロダクツで作る善三展」を再び観に来たのだ。
 坂本善三の作品が、いかに小国に根付きながらも洗練されているか。これがプロダクトという形で証明された展示だ。小国を中心とした様々な人たちが作り出す、坂本善三作品をモチーフにした多くのプロダクトは、作家さんの良さと善三作品の良さが見事にマッチした、個性的で洗練されたものに仕上がっている。これはある意味、アートの理想的な形の一つと言えるのではないだろうか。この企画の第二弾も是非、観てみたい。
posted by 坂本竜男 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2021年07月19日

今回の代車は…

21.7.191.jpg

 今回の代車はこんなクルマ。ヒップラインが魅力的で個性的な、あのクルマですね。
posted by 坂本竜男 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

メガーヌエステート、入院

 愛車のメガーヌエステートが今日、ディーラーに入院した。
 突然、走行中にトランスミッションの警告表示が出て、ギアが変速できなくなったのだ。2速固定でバックにも入らない。一度エンジンを切り、しばらくしてエンジンをかけると症状は出なくなるのだが、どうも様子がおかしい。カーショップトリミさんでも診てもらったが原因の詳細はわからず、ルノー久留米で診てもらうことになったのだ。
 どうもコンピューターの載せ替えになる可能性が高いらしい。そうなると、そこそこお金がかかることになる。Macとモニターを買い換えたばかりなのに、これはちょっと痛い。しかし、明日は少し遠出をする予定だったので、症状が出たのが今日で良かったのかも。
 とにかく、このトラブルは前向きに捉えるしかないね。
posted by 坂本竜男 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年07月18日

クラシック音楽館 生誕100年 ピアソラの世界

119488.jpg

 Eテレで放映されている「クラシック音楽館 生誕100年 ピアソラの世界」が面白かった。
 ピアソラがアルゼンチン・タンゴの巨匠であることは知っているし、曲もリベルタンゴくらいは知っている。CDも2〜3枚は持ってたはず。
 しかし、裏を返せばその程度のもので、タンゴも含めてなんとなく漠然と認識しているにすぎない。それを、タンゴの基本的なことから知ることができたし、ピアソラがいかに良い意味で尖った人だったのかがよくわかる。
 ピアソラ本人による演奏の映像もとても貴重で興味深いし、バンドネオン奏者の小松亮太さんによる解説と演奏がまた良い。個人的にはギターで鬼怒無月さんが参加されていたのがすごく嬉しい。ピアソラで2時間番組なんて、良くも悪くもNHKでしかありえない。
 明日はピアソラのCDを久しぶりに引っ張り出して聴いてみようかな。
posted by 坂本竜男 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

セミ認識

 G9 PROでセミを撮っていて驚いたのは、ちゃんとAFがセミを認識することだった。ファームウェアのバージョンアップにより、動物認識に対応しているのは知っていたが、まさか昆虫まで捉えるとは!
 これがセミだけなのか、他の昆虫もなのかはよくわからない。チョウを撮っていた時は認識しなかったような……。どこまでの昆虫を認識するか一度検証してみたいところだけど、それはそれで難易度が高いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年07月17日

ステンレス製ビールタンブラーが欲しい

 ビールはグラスで味も変わるのはよく知られた話。僕もお気に入りのグラスがあり、そればかりを使っている。
 だが、暑い夏は早く飲まないとどうしてもビールがぬるくなる。それで、どうしても冷たいうちに飲もんでしまおうとペースが早くなり、想定以上の量を飲んでしまうことも。
 そこで、保温性が高いグラスで飲めばいいのではないか?そう思うようになった。その代表格がステンレス製のビールタンブラーだ。

71o5sQ7ozbL._AC_SL1500_.jpg

 ステンレス製ビールターンブラーといえば、有名なのはサーモス 真空断熱タンブラーだ。
 Amazonでのレビューでも概ね高評価。魔法瓶と同じ真空構造だから、保温力は抜群だ。そして、値段も手頃。サイズは340ml、420ml、600mlの3種類。普段飲んでいる350ml缶なら420mlが使いやすそう。夏場はあらかじめ冷蔵庫で冷やしておけば、ずっとキンキンの状態でビールが味わえそうだ。
 ただ、一つ気になるのは(当たり前だが)透明ではないので、泡の具合が見えないこと。買う前に、うまく注ぐ練習が必要かもね。
posted by 坂本竜男 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2021年07月16日

今年のセミ事情

21.7.161.jpg

21.7.163.jpg

21.7.162.jpg

 今年は桜にしても藤にしても紫陽花にしても例年よりも早く咲き、梅雨入りも梅雨明けも早かったわけだが、そのわりにセミが鳴き始めるのは意外に遅い気がしている。先週末くらいからクマゼミがようやく鳴き始めたが、例年ならもう少し早かったような気がしなくもない。
 で、やっと鳴き始めたクマゼミも、例年よりはちょっと控えめ。例年のうるささはあまりない。これはここ数日、空が荒れているのも関係しているのかな?
posted by 坂本竜男 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2021年07月15日

3 Legged Thing Ellie PD Universal L-Bracket

 ルミックスG9 PROには、ピークデザイン クラッチCL-3をつけっぱなしにしてある。これによりグリップが良くなり、一体感と安定感が増すからだ。そして、同社のキャプチャーとセットになっているので、アルカスイス互換プレートとしても使えるのが便利。よって、つけっぱなしにしているのである。
 だが、三脚にセットする際、横位置は問題ないが、縦位置にするとカメラが三脚の中心軸を大きくずれることになり、安定性はよくないしフレーミングもやりにくい。
 そこで、L型プレートと組み合わせて使えないかと思ったが、G9 PRO用のL型プレートはいつの間にか販売が終わっている。汎用品とキャプチャーを重ねて使うにしても、光軸が大きくずれてしまう。いい方法はないかと思っていたら、こんな製品を発見した。

51eBGZumUFL._AC_SL1000_.jpg

 3 Legged Thing Ellie PD Universal L-Bracket。まさにL型プレートにキャプチャーを重ね付けしたような製品だ。これなら大きく光軸がずれることもなさそう。重ね付けよりも剛性が高そうだし、クラッチも使えそうだ。
 問題はAmazonで17,397円(今日時点)と高価なこと。そして、大きく重くなることだ。あと、バリアングル液晶が使いにくいというのも引っかかる。もう少し安ければ検討したいが、今の価格では使いづらくなるデメリットの方が大きいかも。なかなか、全てを満たしてくれる製品はないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

銘匠光学TTArtisanの交換レンズの3本セットを直販限定で発売


02.jpg

 株式会社焦点工房は今日、銘匠光学TTArtisanの交換レンズの3本セットを直販限定で発売した。レンズはTTArtisanの17mm f/1.4 C ASPH、35mm f/1.4 C、50mm f/1.2 Cの3本。販売価格は3万3,800円(税込)。
 僕も35mmは使っているが、いずれも価格を大きく超える写りの良さとビルドクォリティで評価の高いレンズ。このセットは5,000円近く安くなるので、持ってない人で興味がある人なら即買いすべきセットだ。実は、僕自身、35mmを持っているのに買うかどうか真剣に悩んでいる。どうしようかな〜?
posted by 坂本竜男 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年07月14日

ベジタブルキッチン 寿限無の2種盛りカレー

21.7.141.jpg

 今日のランチは、地元鳥栖に昨年4月にオープンしたベジタブルキッチン 寿限無さん。
 注文したのは2種盛りカレー。今日はポークビンダルーとグリーンカレーの2種。日によってカレーは変わるそうだ。
 まず、彩豊かな見た目が楽しい。野菜がたっぷりで、普段食べないようなものもチラホラ。カレーも他のお店とは一味違う感じ。スパイスがただ効いているだけでなく、いい旨味となめらかさがある。これは美味しい!
 コロナ禍の厳しい時にオープンしたお店だが、クチコミでお客さんが途切れないのもよくわかる。クラフトビールもあるそうなので、休みに昼間っからカレーをいただきながら飲むのも良いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) |

時間〜TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義が撮るデヴィッド・ボウイと京都

21.7.136.jpg

 デヴィッド・ボウイと鋤田正義。そして、京都。買わずにはいられない。
 この写真集はデヴィッド・ボウイの写真集というよりも、デヴィッド・ボウイを通して見る京都の写真集といった要素が強い。たくさんのボウイの写真を期待する人はがっかりするかもしれないが、個人的にはやはり特別な写真集と言わざるを得ない。この写真集をじっくりと見た後で京都へ足を運ぶと、あちこちでボウイを感じれるはずである。それがまた素敵なのだと思ってしまうのだ。
posted by 坂本竜男 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

マセス DW-4について考える

71CUM3inBpL._AC_SL1500_.jpg

 導入したいギア雲台の候補として急浮上したMarsace DW-4。しかし、LeofotoやBENROに比べて、ネット上の情報が極端に少ない。Amazonでのレビューで酷評している人は、届いた箱に載っている写真と現物が違うことを指摘しているが、モノとしての性能や作りに言及している部分は少ない。つまり、このレビューだけでは判断が難しいということなのだ。
 DW-4を検討する際に比べるのは、当然Leofoto G2になる。可動域の違いはあるものの、基本的には同じコンセプトの製品だ。僕がLeofoto G2と比べてDW-4がいいのでは?と思ったのは以下の通り。

・重量が86g軽い。
・高さが15mm低い。
・価格が半値以下。
・Arca-Swissのコピーではなく、参考にしながらも独自設計である。
・人と被りにくい。

 一方、G2の方が良さそうな点は

・可動域が大きい。
・耐荷重が大きい。
・ある程度レビューも多く、情報も多い。
・色が黒一色。

 自由雲台と組み合わせて使えば、可動域の小ささはカバーできる。それより、高さと重量を抑えることができるメリットの方があるのではないだろうか。
 そして、ギアを動かすノブとクランプを締めるノブも、ブラインドで触って間違えないように握る部分の形状を変えているのも良い。これは本家よりも良いのでは?こういったところにメーカーの独自性が垣間見えるのは好印象。
 あとは耐荷重と固定力だ。G2と比べても華奢に見えるので、ここは少し気になるところ。とはいえ、マイクロフォーサーズなら、超望遠レンズを使わない限り大丈夫ではないかという気もしている。
 そして、あとは信頼性。どちらも正規代理店があるが、代理店の力が入っているのはLeofotoの方だ。Marsaceの代理店であるハクバのサイトはほったらかし。新製品の取り扱いもなさそう。正直、メーカーとしての信頼性はあまり変わらないのではないかと思っているが、代理店の熱量の差は気になるところ。おそらく、正規品ではないので、その辺りのリスクも考慮して導入すべきだろう。Leofotoも並行輸入品の方が安いので、それを買うのであれば結局どちらも変わらないということになる。
 僕がMarsaceを良いかも、と思い始めているのは、Leofotoのようにほぼ完全なコピーではなく、オリジナル設計であることだ。カメラ周辺機器において、もはやどこまでがオリジナルなのかは追求しにくいし、あまり意味はなくなってきている側面はある。ただ、まるまるコピーしていると思われる製品には、やはり抵抗を感じざるを得ない。
 Leofotoは作りもよくて頑張っているメーカーだとは思うが、最近は完全コピーと思われる商品も目についてきており、ちょっと気になるところだ。
 G2についても、最初はArca-Swiss P0-Hybridからヒントを得たオリジナルと思っていたが、Arca-SwissにはCore Leveler 60という製品が存在し、そのコピーということがわかってがっかりしたことがある。製品として悪いものではないし、価格も手を出しやすいから検討する対象にはなるが、どこか頭の片隅で引っかかるものがあるのも事実。ある程度技術力はあるはずなので、今後のメーカーとしてのオリジナリティに期待したい。(というか、すでにその兆しはあちこちに見えているので、大いに期待できると思う)
posted by 坂本竜男 at 10:07| Comment(309) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年07月13日

中華そば みのるの黒豚シウマイと砂ズリピーマン

 今日は、中華そば みのるさんで遅めの夕食。遅めなので、ちょっと軽めに……?

21.7.133.jpg

 黒豚シウマイ。これにはちょっとびっくり。なめらかでやわらかで繊細かつ上質。旨味もしっかり。こんなシウマイは初めて。かなり美味しい。シウマイでここまで感動するのは珍しい。

21.7.134.jpg

 そして、砂ズリピーマン。これもまた美味い。砂ズリの食感と旨味がたまらない。ピーマンとの相性もバッチリ。ビールが進む!
 今日食べた一品物はいずれも初めて。中華そばだけでなく、一品ものもご飯ものも全て美味いが、この二つは僕にとって新たな定番になりそうだ。

21.7.135.jpg

 で、締めはいつものように中華そば 塩。いつもながら安定の美味さ。しっかりした旨味と品の良さ、上質さが際立つ。ラーメンの一つの完成形だね。
posted by 坂本竜男 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

まだまだ悩む、ギア雲台選び

 Leofoto G2か、BENRO GD3WHのどちらかにしようと思っていたギア雲台。
 Arca-Swissのコピーともいえるが、それだけに性能が期待できるLeofoto。少々大きくて嵩張るが、圧倒的にコスパが良いBENRO。金額は高いが、光軸のずれが少なく使い方の幅が広いG2がやや優勢かと思っていた。
 だが、ここにきて違う製品の存在が急に大きくなってきた。

71CUM3inBpL._AC_SL1500_.jpg

 それは、Marsace DW-4。Leofoto G2と同じコンセプトのギア雲台である。
 実は、この製品については少し前から知ってはいた。しかし、調整の幅は±3.5°。LeofotoやArca-Swissの±10°よりも遥かに少ない。しかも、写真で見る限りG2より華奢に見えたこともあり、そのままスルーしていたのだ。
 だが、自由雲台と組み合わせる前提なら、そのくらいの調整幅でも問題ないのではないか?そう思うようになり始めた。
 すると、Leofoto G2よりも軽く(-86g)、低く(-15mm)、価格も安い(半値以下)ことがメリットとしてクローズアップされてくることになる。対荷重は4kgと控えめだが、僕の機材では望遠以外は大きな問題はなさそう。あとは信頼性だが、正直これは似たり寄ったりだと思っている。
 Marsaceというメーカーに関しては、すでにトラベル三脚と中型の自由雲台を使用しており、とくに自由雲台は気に入って使っている。それを踏まえると、ヘンな製品ではないはずである。しかしMarsaceは近年、路線が変わってるようで、オリジナリティが薄れ、コピー路線に走っているという話も聞く。DW-4もその路線にある製品ではあるので、現物は確認しておいた方が良いのかもしれない。だが、さらにマイナーなメーカーになるからますます厳しいだろうな…。
posted by 坂本竜男 at 17:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 撮影機材

新型コロナウイルス ワクチン接種、1回目終了

21.7.132.jpg

 一週間ほど前に、新型コロナウイルス ワクチン接種券が早々に届いたので申し込みをしていたのだが、さすがに実際の摂取までは時間がかるだろうと思っていた。
 それが昨日、申し込みをしていた病院から連絡があり、今日のワクチン接種が決定。無事に1回目の接種を終えることができた。
 多少、待ち時間はあったが、基本的にはワクチン接種はスムーズ。接種にこられていたのは、僕よりも年上の方(と思われる)たちばかりだったので、65歳以下でも段階的に年齢制限があったのか、たまたまだったのかはわからない。おそらく、平日の昼間に時間が取れる若い人が地元では少ないのだろう。
 今のところ、痛みや発熱、だるさもない。そして何より、安心感が違う。自分のためでもあるが、自分と会う周りの方たちのためでもあるのだ。早く、全国的にもワクチン接種が進むといいのだけれど。
posted by 坂本竜男 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

北部九州が梅雨明け

21.7.131.jpg

 今日、北部九州が梅雨明けした。例年よりも6日早い梅雨明けだそうだ。
 しかし、今年の梅雨入りは例年より一ヶ月近くも早く、途中に長めの梅雨の中休みがあったとはいえ、それなりに長い梅雨だった。今日の天気は梅雨明けという割には怪しい雲が多い空だが、それでも青空がしっかり顔をのぞかせている。青空を見るというのは、気分的にも良いものだね。
posted by 坂本竜男 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2021年07月12日

マセス DT-1541Tの石突を交換する

21.7.125.jpg

 2年前に導入したトラベル三脚、マセスDT-1541Tの石突をいつの間にか無くしてしまっていた。
 実は純正の石突があまり気に入ってなくて、形状はちょっと凝っているように見えるが、少しすべる感じがして気になっていたのだ。
 で、この機会に交換することにした。交換したのは、Amazonで3つ500円以下で売っているリーズナブルなもの。一応、ジッツオなどとも互換性があるらしい。もちろん(?)中国製である。
 交換すると、これがとても具合がいい。純正に少し感じた滑る感じがだいぶ緩和された。強度そのものが上がっているわけではないのだが、少し安定感や剛性感が増したような気もする(気のせいかもしれないが)。石突は消耗品なので、安いに越したことはない。この価格なら大いにアリだと思う。純正はそもそも入手が難しい感じだし、これからはこれで十分かな?
posted by 坂本竜男 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

引き続き、圧縮効果を楽しむ

21.7.121.jpg

21.7.122.jpg

21.7.123.jpg

21.7.124.jpg

 昨日に引き続き、オリンパス75-300mmで圧縮効果を楽しむ。
 大成功とまでは言い難いが、個人的には可能性を感じる写り。針の穴を通すように抜けた隙間を狙うのか、遠くにある巨大な建造物などを一気に引き寄せるように撮るのか。近場で良いシチュエーションに出合えてないが、これは普段から意識してることが大事。そして、あとはどう使いこなすかだろう。
 久留米にはぴったりの狙いやすい巨大な建造物があるから、近々挑戦してみるかな。
posted by 坂本竜男 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ