2021年07月11日

求めているのは圧縮効果

 オリンパス75-300mmを導入したのは鳥や昆虫を撮りたいというのもあるが、他にも撮りたいものがある。それは、圧縮効果がより出ている写真だ。遠くのものを近くにグッと引き寄せ、大きく写し出すことで迫力のある写真が撮れる。
 だが、被写体の周りの環境や被写体との距離も大事で、面白い写真を撮るのは意外に難しい。いま、密かに練習中である。

21.7.117.jpg

21.7.118.jpg

21.7.119.jpg

 駅スタは圧縮効果を狙う被写体としては身近で良いのだが、遠くから狙わないと思うような写真は撮りにくい。適度に距離が離れていて、カメラと被写体との間がいい具合に抜けていることが重要。我が家近辺も含めた駅周辺は、意外と距離が近すぎるのだ。だが、被写体としても面白いので、もっと良い場所を今後は検証する予定だ。

21.7.1110.jpg

 駐車場に停めている愛車を後方から撮る。このくらいの距離だと、一般的に解像度が落ちると言われている焦点距離300mmでも、高解像度でシャキッとした写りになる。被写体との距離は20mくらいか。これはレンズ性能だけでなく、空気の問題も大きいとは思うが、距離による画質の違いを頭に入れておくのは、このレンズの場合は特に大事なようだ。
posted by 坂本竜男 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

JR鳥栖駅でオリンパス75-300mmを試す

 今日、SL人吉に出会えたのは、JR鳥栖駅でオリンパス75-300mmを試そうと思ったからだった。

21.7.113.jpg

21.7.114.jpg

21.7.115.jpg

21.7.116.jpg

 駅というは超望遠ズームで狙いやすい場所ではある。あとでPCで見てみると、思いがけない瞬間が撮れてたりして面白い。人々のドラマが詰まっている場所だからこそだろう。
 フルサイズ換算600mm望遠を振り回せる機動力。オリンパス75-300mmの良さはそれに尽きる。画質も悪くない。
 明るくはないレンズだから焦点距離のわりにボケは少ないが、それが良い方向に働く場合もある。同じ焦点距離でも被写体との距離で画質は違う。ある程度の距離を越えると、急に解像度が落ちる感じがある(それでも最低限の画質は確保しているが)。だが、その手前までは300mm側でもなかなかの解像度を持っている。被写体との距離をシビアに考えて使えば、想定以上の画質が得られるレンズだ。一度、被写体との距離による画質の違いをきちんと検証してみたいな。
posted by 坂本竜男 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

JR鳥栖駅でSL人吉を撮る

21.7.111.jpg

 近所をいつものように散歩していたら、JR鳥栖駅に停まっているSL人吉を発見!そういえば、昨年7月豪雨で被災した肥薩線沿線の応援企画として、SL人吉が鹿児島本線 熊本駅〜鳥栖駅間を土日祝日に一日一往復走ってるんだっけ。

21.7.112.jpg

 前の方に回り込もうとしたらゆっくり走り出したので、あわてて体勢を整えてシャッターを切る。かろうじて収めることができた。
 今度はもっと見晴らしのいい場所で、時間をしっかり調べて挑戦したいな。
posted by 坂本竜男 at 14:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2021年07月10日

そろそろギア雲台を導入すべきか?

 一時期、ギア雲台を新たに導入すべく情報を収集していたのだが、手振れ補正が強力なマイクロフォーサーズに移行して三脚の出番が激減。いつの間にかギア雲台のことも考えなくなってしまっていた。
 しかし、写真の大判プリントをすべく、今まで撮った写真を見返していると、もう少し緻密なフレーミングをしていれば……そう思う写真が少なくなかった。そう、風景写真は三脚にセットし、フレーミングをきっちり追い込んで撮るべきなのだ。

 というわけで、そろそろギア雲台を導入してもいいかなと思っている。
 以前、検討した時に候補としたのは、BENRO GD3WH、Leofoto G2、同LH-40GR、同G4、Sunwayfoto GH PRO II 。この中でLeofoto G4とLH-40GRは価格が高めなので候補から外す。よって、BENRO GD3WH、Leofoto G2、Sunwayfoto GH PRO II の3モデルが最終候補になる。
 この中で一番販売価格が安いのはBENRO。今は12,000〜13,000円で購入できる。コスパは一番高いと思われる。ただ、少々大きくかさばりやすいのが難点。基本的な動きは3WAY雲台と同じなので、場合によってはその際の光軸のズレが気になるかも。とはいえ、近年価格が下がって、圧倒的なお得感はある。
 Sunwayfotoは基本的にはBENROと同じ3WAY雲台タイプと同じ動き。だが、BENROよりはコンパクトだ。しかし、重量は一番重い。価格は22,000円くらい。
 Leofotoは前回検討した時も最有力候補だった。Arca-SwissのCore Levelerの丸パクリだが、一番コンパクトで光軸のズレが少なく、手持ちの自由雲台と組み合わせて使えるから便利で無駄がない。重心が高くなるのがちょっと気になる。価格は24,000〜30,000円くらい。
 おそらく、僕の使い方なら一番価格が安いBENROでも十分だと思われる。あとは、その大きさをどう考えるかだろう。大きすぎたときは、Leofotoを買ってBENROは物撮り用にしてもいいのかもしれないが、光軸のズレが少ないLeofotoの方が物撮りにはより向いているのは間違いなく、BENROがダメだったときはそのままお蔵入りする可能性もある。
 ということで、やはり、Leofoto G2が最有力か?でも、BENRO GD3WHで必要にして十分な気も大いにしている。一度、どちらも現物を扱ってみたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年07月09日

サッポロ サッポロクラシック

21.7.91.jpg

 今日の晩酌は、サッポロ サッポロクラシック。北海道限定のビールだ。
 なぜ、北海道限定ビールが九州で買えるのかわからないが(地元で一店舗だけ買える)、サッポロ贔屓としてはうれしいことだ。
 コクがあるのにスッキリ感もあり、暑い夏にはぴったり。そして、個人的には不思議なクリーミーさもあるように思う。このクリーミーさは北海道シリーズや冬限定物に共通するもので、これが他のメーカーの近いコンセプトのビールと大きく違う点ではないかと思っている。もちろん、個人的にも大好きな味。できればレギュラー商品にして欲しいものだ。
posted by 坂本竜男 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2021年07月08日

大判プリントをしたい

 LG 32インチモニターにしてデスクトップ画像も変えたら、自分が撮った写真を大きなサイズで見るのも悪くないなと思ってしまった。
 32インチモニターの画面のサイズはA2サイズよりも広い。高さはあまり変わらないが、横は10cmくらい大きいのだ。このサイズで見ると、当たり前だが迫力が違うし、写真の良い部分も悪い部分も見えてくる。だからこそ、ある程度納得がいく写真が撮れた時に大判プリントをしておきたい。そう思ったのだ。
 これは将来、写真の個展のためのシミュレーション的な要素もある。これは完全に自己満足の世界かもしれないが、たまには(?)それも悪くないよね。
posted by 坂本竜男 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

今月はインプットの時期

 今月は比較的、仕事ものんびり。もう少しすると状況は変わりそうだが、今はこの「のんびり」を堪能している。
 この機会にMacを買い換え、仕事の環境を一新したばかり。ハード的には万全の体制が整ったと言える。あとはソフトだ。
 というわけで、まずは今まで読めてなかった本を読むことにした。買ったばかりで手をつけてない本が、実はかなりあるのだ。
 そして、美術館や博物館の展示も観に行きたい。北部九州の主な展示のチェックが早急に必要だ。
 あとは、美味しいものと美味しいお酒………これだけは怠ってはいないか。
posted by 坂本竜男 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH.、正式発表

LEICA-DG-VARIO-SUMMILUX-25-50mm-F1.7-ASPH.jpg

 パナソニックから、ついにLEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH.が正式発表された。
 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.同様、絞り開放から高解像度で滑らかな描写を実現しているようだ。少々高額で大きいが、標準から望遠のズーム全域でF1.7の明るさを実現しているのは大きい。10-25mmと合わせると、35mm換算で20〜100mmをF1.7通しで撮影することができる。マイクロフォーサーズだからボケ量はフルサイズの34mm相当にはなるが、フルサイズやAPS-Cに比べて近接撮影が得意なので、数字以上のボケ量を得ることもできる。マイクロフォーサーズユーザーなら一度は使ってみたいレンズだ。
 とはいえ、実売価格は現時点では22万円弱。フルサイズのレンズよりは安いが、やはりマイクロフォーサーズとしてはかなり高額。すでにNOKTICRONと2本のSUMMILUXを所有している身としては手を出しにくい。
 ただ、マイクフォーサーズの先行きが怪しいと囁き続けられている中で、これだけのクォリティを持った製品が登場した意味は大きい。今はそのことを喜ぶことにしよう。
posted by 坂本竜男 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年07月07日

ルミックス GM1 最近の組み合わせ

21.7.71.jpg

 普段持ち歩くのに最高のミラーレスカメラ、ルミックスGM1。一時期まではパーギア25mm F1.8をつけっぱなしにしていたが、最近はちょっと事情が変わってきている。
 純正グリップを付けることで少し径が大きいレンズもそれほど違和感なく付けれるようになったので、今はルミックス20mm F1.7がほぼつけっぱなしになっている。そして、サブとしてライカ15mm F1.7とルミックス42.5mm F1.7を一緒に持ち歩いている。
 このセットは極めて軽量コンパクトで、カメラも含めた総重量はわずか600g程度。なのに、かなり良い写りをするからたまらない。風景からスナップ、テーブルショット、ポートレートくらいは難なくこなす。AFレンズでこれだけ良いレンズが揃うのだから、マイクロフォーサーズさまさまだ。
 これに中華製MFレンズを加えると、さらにスキがなくなる。例えば、パーギア25mmや銘匠光学17.5mm、35mm、50mmなど。いずれも低価格ながら品質が高いレンズばかり。まだまだGM1の活躍の場は減りそうにない。
posted by 坂本竜男 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

九州CRAFT日向夏

21.7.66.jpg

 昨夜は久しぶりに、BAR GENTILさんへ。
 最初の一杯は、九州CRAFT日向夏。キリンのタップマルシェで2019年から飲めるようになった、宮崎ひでじビールのフルーツビールだ。
 宮崎ひでじビールは、僕が大好きなクラフトビールメーカーの一つ。とくに、この日向夏はフルーティでさわやかで香り豊か。とにかく爽やかに抜ける香りと酸味が心地よい。暑い夏にぴったりのビールだ。
 キリンのタップマルシェは年々充実度が増しているが、宮崎ひでじビールが加わってより強力になった。ビール好きとしては嬉しいことだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2021年07月06日

G9 PROで75-300mmを試す

 予想以上に描写がしっかりしていると感じた、オリンパス 75-300mm。今度はG9 PROにつけて試してみた。

21.7.62.jpg

21.7.63.jpg

21.7.64.jpg

21.7.65.jpg

 思いの外、G9 PROでも扱いやすい。手振れ補正もよく効くし、AFも問題ない。というか、こっちの方が良いかも。
 描写もしっかりしている。すべて300mmでの撮影だが、パナライカやPROレンズほどの解像度こそないものの、必要にして十分。G9 PROだと色乗りが良くなり、個人的には好みの方向になるのも良い。ルミックスとの相性は問題なさそうだ。
 ただ、暗いレンズなので日中の屋外はいいが、暗くなり始めたらかなり厳しそう。そこは割り切らなければいけない。とはいえ、33,000円くらいでこの焦点距離と写りは、とんでもなくコスパが高い。そして、僕の仕事では十分に出番がありそう。散々迷ったけど、買っておいてよかった!
posted by 坂本竜男 at 16:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影機材

新しいMac環境は…

21.7.61.jpg

 MacをM1 MacBook Airに移行し、モニターもLG 32UN880-Bに変えて6日目。
 M1 MacBook Airはまったくストレスなく処理スピードが速く、IllustratorもPhotoshopも快適そのもの。M1 Macの処理スピードの速さは噂通り。ほとんどの人はAirで済んでしまうのでは?そう思わせるくらい快適だ。
 そして、LGの4Kモニターも良い。32インチの大画面の恩恵で作業スペースが大きく広がり、作業効率も格段にアップした。アームスタンドを標準で採用しているので、ディスプレイの高さや角度の調整が細かくできるのも良いし、机周りがスッキリするのも良い。色の再現性も今のところ大きな問題はなし。ただ、プロのカメラマンなど画像処理が専門の人は、もうワンランク上の画質が必要かもしれない。
 気になっていた新しいOS、Big Surは不具合もないしとてもスムーズに使える。大きく使い勝手が変わった印象はないが、細かな変更は多々あり、それのほとんどが使い勝手の良さにつながっている印象だ。さすがAppleといったところだろう。
 システムが新しくなったので、デスクトップの画像も新しいものに変更。気分も新たに仕事に励めるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2021年07月05日

浮気心

 富士フイルムX-T3の実売価格が下がってくると、X-T3欲しい病が再発するし、タムロンのF2.8通しのEマウントレンズが超広角と標準ズームが揃うと、ソニーα6000シリーズもいいなぁ、なんて思ってしまう。いずれもAPS-Cでは画質や性能に定評があり、しかもG9 PROより小さくて軽い。つい、浮気心が芽生えそうになるのである。
 APS-Cは本来、マイクロフォーサーズ以上にボディとレンズと画質のバランスが良いフォーマットだと思うし、先述の通り魅力ある製品が存在するのも事実。しかし、結局マイクロフォーサーズの方が僕の使い方ではメリットが大きいのだ。
 富士フイルムは純正レンズは比較的高価だし、寄れないレンズも多い。それに、良いレンズは結局大きく重くなる。せっかくの軽量ボディとのバランスも悪くなる。それでも大きさと重さはフルサイズよりはマシではあるが。
 ソニーは純正レンズは寂しいが、サードパーティ製はAFレンズもそこそこある。ただ、シャッタースピードが1/4,000秒まで。8年も前のGM1ですら電子シャッター1/16,000秒が使えるのに、と思ってしまう。MFレンズでは明るいレンズも多いのに、屋外ではNDフィルターが必須となってしまう。これでは使い勝手が悪い。また、富士フイルム同様、ボディのコンパクトさは、高性能レンズとの組み合わせの時にバランスを崩す。ソニーの方がコンパクトなだけに、その傾向が強い。
 というわけで、浮気心が起きてしまっても、結局は浮気をすることなくマイクロフォーサーズにとどまるのだ。G9 PROがもう少しだけ小さく軽かったら、この浮気心もそこまで起きないのかもしれないのだけど…。
posted by 坂本竜男 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

新型コロナウイルス ワクチン接種のお知らせ

21.7.51.jpg

 鳥栖市は先週、早々と65歳以下の新型コロナウイルス エワクチン接種のご案内が来た。ひとまず最寄りの病院に予約の電話入れ、連絡待ちの状況である。
 佐賀県は全国でも一番ワクチン接種が早い県だ。人口が少ないということもあるが、自治体の対応の早さも当然あるだろう。コロナで人口が少ない県の良さが出てきているように思うが、それはワクチン接種にも表れている。
 組織が大きくなると、レスポンスは悪くなるし、スピードも遅くなる。これは企業も自治体も同じだ。そして、今読んでいる「Think Simle」にも通じるものであると思う。いいかげん、都市部にいろいろと集中するのはやめた方が良いと思うんだけどねぇ。
posted by 坂本竜男 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

2021年07月04日

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7を試す

 やっと、オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7を試すことができた。ボディはE-M1 mark IIである。

21.7.42.jpg

21.7.43.jpg

21.7.44.jpg

21.7.45.jpg

 まず、フルサイズ150-600mm相当の超望遠ズームとは思えないコンパクトさと軽さ、そして扱いやすさに驚く。E-M1 mark IIとの組み合わせでは、強力な手振れ補正のおかげで超望遠ズームを使っているという実感がいい意味であまりない。これはマイクロフォーサーズならではの良さだろう。
 正直、高価な製品ではないので、ズームリングはズムーズとは言い難く、ところどころ引っ掛かりを感じる。これは使っているうちに改善される可能性はある。
 AFそのものはそれなりに早いが、少々迷う傾向がある。ひょっとしたらG9 PROと組み合わせた方が良い可能性がある。
 写りはやや薄味。しかし、画質は個人的には必要にして十分。望遠側は思いの外解像度が高く、これにはちょっと驚いた。一般的には200mmを超えると甘くなるという評価だが、それ自体は否定しないが300mmでも甘々の画質ではない。必要なだけの解像度は持っている。
 問題はレンズの暗さだが、日中の屋外ならそこまで気にはならない感じだ。屋内は流石に厳しいので、基本的には日中の屋外用と思った方が良さそう。僕の使い方ならほぼ問題なしだ。
 ボケ味はそこそこ。背景によってはボケがうるさくなる場合もある。もう少しなめらかだとよかった。
 35,000円を切る価格の超望遠レンズとしては、コスパは良いし写りも悪くない。何より焦点距離のわりに軽量コンパクトなので、普段使いできる超望遠ズームとしては悪くないと思う。ただ、今は販売価格が底値ということは、近々生産が終了し、ニューモデルが登場する可能性も秘めている。そのニューモデルがもっと明るいレンズであれば、検討すべきではあるだろう。とはいえ、十分の所有する価値のあるレンズだと思う。手頃な価格で超望遠が欲しい人にはおすすめです。
posted by 坂本竜男 at 12:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影機材

トランセンド TS-HUB5C

21.7.41.jpg

 M1 Macにシステムを移行する際、今まで使っていたUSB-AやSDカードがそのままでは使えなくなるので、USB-Cハブは必須である。
 そこで購入したのが、トランセンド TS-HUB5C。本当はアンカーあたりの製品を検討していたのだが、SDカードなどでも実績のあるトランセンドの製品にしてみた。
 決定打はSDカードスロットがUHS-IIに対応していること。USB-Aポートは2つしかないしHDMIもないが、僕の使い方だとそれで困ることはない。それよりもUHS-II対応の方がメリットがある(といっても、現時点でUHS-IIのSDカードは所有してないのだが)。
 使用していて、今のところ不具合も不満もなし。いい選択だったと思っている。写真重視の人には良い製品かな?
posted by 坂本竜男 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年07月03日

うなぎの次郎長のせいろ蒸し

21.7.3-2.jpg

 今日のお昼は、両親と一緒に筑後市のうなぎの次郎長さんへ。今回はせいろ蒸しをいただいた。 
 うなぎもご飯もアツアツのフワフワ。甘辛のタレがいい具合に絡み、うまみで口の中が満たされる。これは素晴らしく美味い!!!うな重とは違う味の深みも感じる。この差は二度蒸すことによる違いなのだろう。
 ちなみにボリュウムもかなりしっかり。うな重とご飯の量は同じはずなのだが、これも二度蒸す効果か。これで3,000円を切るのだから良心的。また来なければね。
posted by 坂本竜男 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

カプチーノを飲みながら

21.7.3-1.jpg

 今日は朝イチで、あだち珈琲さん(久留米店)へコーヒー豆を買いに出かけた。
 サービスのカプチーノをいただきながら、久留米市美術館のしおりを兼ねた割引チケットをチェック。2枚いただいて帰った。
 この、何気ない月に2回のルーティンが、なんとも心地よい。カプチーノは美味しいし、久留米市美術館の割引チケットも嬉しいだけでなく、しおりとしてデザインのクォリティが高いので、いつも良い刺激を受ける。これが日常の中に自然にあることが嬉しいのだ。
posted by 坂本竜男 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm F1.7、間も無く登場?

LEICA-DG-VARIO-SUMMILUX-25-50mm-F1.7-ASPH.jpg

 噂されていた、パナソニックのLEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm F1.7が、まもなく登場しそうだ。
 このレンズは、LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPHに続くF1.7通しの大口径ズーム。フルサイズではF3.5程度のボケ量ではあるが、F1.7の明るさと描写力の高さは大きな魅力。マイクロフォーサーズのレンズとしては大きいが、個人的にはギリギリ許容範囲。問題は価格だが……。
posted by 坂本竜男 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年07月02日

カフェネイの野菜のてりやきライス

21.7.2-2.jpg

 今日のランチは、大牟田のカフェ・ネイさん。野菜のてりやきライスをいただいた。
 何度も食べているはずなのに、毎回新鮮な驚きと美味しさを感じるのは、野菜の良さが本当に生きている証拠なのだろう。いつもながら、さすがです。
posted by 坂本竜男 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ