2021年07月05日

浮気心

 富士フイルムX-T3の実売価格が下がってくると、X-T3欲しい病が再発するし、タムロンのF2.8通しのEマウントレンズが超広角と標準ズームが揃うと、ソニーα6000シリーズもいいなぁ、なんて思ってしまう。いずれもAPS-Cでは画質や性能に定評があり、しかもG9 PROより小さくて軽い。つい、浮気心が芽生えそうになるのである。
 APS-Cは本来、マイクロフォーサーズ以上にボディとレンズと画質のバランスが良いフォーマットだと思うし、先述の通り魅力ある製品が存在するのも事実。しかし、結局マイクロフォーサーズの方が僕の使い方ではメリットが大きいのだ。
 富士フイルムは純正レンズは比較的高価だし、寄れないレンズも多い。それに、良いレンズは結局大きく重くなる。せっかくの軽量ボディとのバランスも悪くなる。それでも大きさと重さはフルサイズよりはマシではあるが。
 ソニーは純正レンズは寂しいが、サードパーティ製はAFレンズもそこそこある。ただ、シャッタースピードが1/4,000秒まで。8年も前のGM1ですら電子シャッター1/16,000秒が使えるのに、と思ってしまう。MFレンズでは明るいレンズも多いのに、屋外ではNDフィルターが必須となってしまう。これでは使い勝手が悪い。また、富士フイルム同様、ボディのコンパクトさは、高性能レンズとの組み合わせの時にバランスを崩す。ソニーの方がコンパクトなだけに、その傾向が強い。
 というわけで、浮気心が起きてしまっても、結局は浮気をすることなくマイクロフォーサーズにとどまるのだ。G9 PROがもう少しだけ小さく軽かったら、この浮気心もそこまで起きないのかもしれないのだけど…。
posted by 坂本竜男 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

新型コロナウイルス ワクチン接種のお知らせ

21.7.51.jpg

 鳥栖市は先週、早々と65歳以下の新型コロナウイルス エワクチン接種のご案内が来た。ひとまず最寄りの病院に予約の電話入れ、連絡待ちの状況である。
 佐賀県は全国でも一番ワクチン接種が早い県だ。人口が少ないということもあるが、自治体の対応の早さも当然あるだろう。コロナで人口が少ない県の良さが出てきているように思うが、それはワクチン接種にも表れている。
 組織が大きくなると、レスポンスは悪くなるし、スピードも遅くなる。これは企業も自治体も同じだ。そして、今読んでいる「Think Simle」にも通じるものであると思う。いいかげん、都市部にいろいろと集中するのはやめた方が良いと思うんだけどねぇ。
posted by 坂本竜男 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス
Powered by さくらのブログ