2021年07月11日

求めているのは圧縮効果

 オリンパス75-300mmを導入したのは鳥や昆虫を撮りたいというのもあるが、他にも撮りたいものがある。それは、圧縮効果がより出ている写真だ。遠くのものを近くにグッと引き寄せ、大きく写し出すことで迫力のある写真が撮れる。
 だが、被写体の周りの環境や被写体との距離も大事で、面白い写真を撮るのは意外に難しい。いま、密かに練習中である。

21.7.117.jpg

21.7.118.jpg

21.7.119.jpg

 駅スタは圧縮効果を狙う被写体としては身近で良いのだが、遠くから狙わないと思うような写真は撮りにくい。適度に距離が離れていて、カメラと被写体との間がいい具合に抜けていることが重要。我が家近辺も含めた駅周辺は、意外と距離が近すぎるのだ。だが、被写体としても面白いので、もっと良い場所を今後は検証する予定だ。

21.7.1110.jpg

 駐車場に停めている愛車を後方から撮る。このくらいの距離だと、一般的に解像度が落ちると言われている焦点距離300mmでも、高解像度でシャキッとした写りになる。被写体との距離は20mくらいか。これはレンズ性能だけでなく、空気の問題も大きいとは思うが、距離による画質の違いを頭に入れておくのは、このレンズの場合は特に大事なようだ。
posted by 坂本竜男 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

JR鳥栖駅でオリンパス75-300mmを試す

 今日、SL人吉に出会えたのは、JR鳥栖駅でオリンパス75-300mmを試そうと思ったからだった。

21.7.113.jpg

21.7.114.jpg

21.7.115.jpg

21.7.116.jpg

 駅というは超望遠ズームで狙いやすい場所ではある。あとでPCで見てみると、思いがけない瞬間が撮れてたりして面白い。人々のドラマが詰まっている場所だからこそだろう。
 フルサイズ換算600mm望遠を振り回せる機動力。オリンパス75-300mmの良さはそれに尽きる。画質も悪くない。
 明るくはないレンズだから焦点距離のわりにボケは少ないが、それが良い方向に働く場合もある。同じ焦点距離でも被写体との距離で画質は違う。ある程度の距離を越えると、急に解像度が落ちる感じがある(それでも最低限の画質は確保しているが)。だが、その手前までは300mm側でもなかなかの解像度を持っている。被写体との距離をシビアに考えて使えば、想定以上の画質が得られるレンズだ。一度、被写体との距離による画質の違いをきちんと検証してみたいな。
posted by 坂本竜男 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

JR鳥栖駅でSL人吉を撮る

21.7.111.jpg

 近所をいつものように散歩していたら、JR鳥栖駅に停まっているSL人吉を発見!そういえば、昨年7月豪雨で被災した肥薩線沿線の応援企画として、SL人吉が鹿児島本線 熊本駅〜鳥栖駅間を土日祝日に一日一往復走ってるんだっけ。

21.7.112.jpg

 前の方に回り込もうとしたらゆっくり走り出したので、あわてて体勢を整えてシャッターを切る。かろうじて収めることができた。
 今度はもっと見晴らしのいい場所で、時間をしっかり調べて挑戦したいな。
posted by 坂本竜男 at 14:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市
Powered by さくらのブログ