2021年07月27日

まだまだクマゼミ

21.7.274.jpg

 近所のセミはだいぶクマゼミからアブラゼミになってきたと思いきや、ちょっと場所をずらしたらまだまだクマゼミがたくさんいた。そういえば、もともとこの辺りは引っ越してきた時からアブラゼミよりもクマゼミの方が多かったような…。
 この2種類のセミはほぼ同じ場所に生息していると思っていたけど、実は微妙に住み分けているのかな?
posted by 坂本竜男 at 19:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

MFレンズ専用カメラの妄想

 ここ数年、中華製MFレンズの勢いがすごい。昔は安いだけだったが、最近は安いのに写りが良くてビルドクォリティが高い製品も珍しくない。そして、安価な製品だけではなく、高級路線(といっても安いのだが)のものやAFレンズも出てきている。
 僕自身、七工匠やパーギア、中一光学、銘匠光学のレンズを使っており、いずれも価格を大きく超えた写りと個性に満足している。
 だが、これらのレンズはマイクロフォーサーズ専用もあるが、多くはもともとAPS-C用レンズである。つまり、レンズの個性をしっかり味わうならAPS-Cがベストということになる。
 今までAPS-Cカメラは何度となく検討してきたが、僕にとってはマイクロフォーサーズの方が良いという結論に至っていた。だが、これら中華製MFレンズを基本とした場合にはどうだろうか?
 AFの速さや精度は気にしなくて良くなるし、タッチパネルもあるにこしたことはないが、絶対ではなくなる。APS-Cにはマイクロフォーサーズ以上に軽量モデルがあるから、軽量高画質のMF専用カメラができるのではないかと思ったのだ。
 では、どんなカメラがよいか?すぐ候補として思い浮かぶのはα6000シリーズだ。センサーの性能・画質、コンパクトさも申し分ないが、シャッタスピードの上限が1/4,000秒。F1.4以下の明るいレンズが多いのに、これではNDフィルター必須。これはいただけない。同じ理由でキヤノンEF-Mマウント、ニコンZマウントも候補から外れる。
 となると、やはり最有力は富士フイルムだ。X-T30がスペックの割に小型軽量だし値段も安い。X-E4は新製品だからまだ少し高い。とはいえ、ぴったりなカメラのひとつではある。
 で、僕が密かに良さそうだと思っているのが…

img_main01-1.jpg

 X-E3。センサーや画像処理エンジンは一世代前とはいえ、その画質は未だ現役と評判も良い。それに、軽量レンズ中心ならX-E4よりも使いやすいかも(ノーマルの場合)。値段もこなれているし、ルミックスGX7シリーズより軽い。X-E3の中古に、銘匠光学の17mm、35mm、50mmの3本セットを買っても10万円でお釣りがくる。これはいい!
 だが、なまじカメラの画質が良いから絶対に欲が出そう。おそらくレンズはその3本だけでは済まないし、ボディもより高性能な上位モデルが欲しくなってしまうだろう。
 それならAPS-Cはあきらめて、GX7 mark IIIかGX8を買った方がまだ無駄はない。
 とはいえ、APS-Cにはラオワ9mm F2.8 Zero-Dのような尖った魅力的なレンズもあるから、後ろ髪は引かれてしまう。まぁ、もうしばらく楽しく悩むとするか。
posted by 坂本竜男 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

ギア雲台 マセス DW-4、導入

 散々迷っていたギア雲台だが、マセスDW-4を導入した。アルカスイスやレオフォトよりも可動域は狭いのだが、自由雲台と組み合わせて使う場合、それでも十分だろうということ。可動域が狭い分、高さや重量が抑えられていること。それに伴い価格も安いこと。最後に、人と被りにくいこと。これらが導入の理由である。

21.7.271.jpg

 Amazonで注文し、中国から直送。注文から1週間後に届いた。割としっかりしたポーチと特徴的なクイックシュー、六角レンチが付属する。
 質感は思ったよりもずっと良く、好印象。もっと安っぽいかと思ったが、決してそんなことはない。これで1万円強なら不満はない仕上げだ。このあたりはマセスならではだ。

21.7.272.jpg

 早速、マセスFB-2につけ、カメラをセットしてみる。FB-2クラスの雲台にベストマッチと思われる。

21.7.273.jpg

 角度を調整するノブはややかため(というか重め)だが、途中で引っかかりはない。使っていくうちによくなりそう。操作性は悪くない。
 クランプノブと調整ノブノの形状が違うので、ブラインドで扱っても間違うことはなさそう。角度調整が±0°のときにクリック感がある製品もあるが、DW-4にそれはない。これは良し悪しというより好みの問題だろう。
 構図の微調整はとてもやりやすい。これに慣れると自由雲台や3WAY雲台には戻れないだろう。単体でも使えるが、可動域が狭いので、中型以上の自由雲台と組み合わせて使うのがベスト。その使い方なら、高さが低く重量が軽い分、レフォトよりもメリットがあるように感じる。これは導入する価値は十分にある感触だ。
 まだ重量級のレンズを使っていないから、実際の耐荷重がどのくらいあるかはわからないが、使った感じではマイクロフォーサーズなら35mm換算300mmくらいは余裕ではないかという気がする。これは後日検証してみよう。
posted by 坂本竜男 at 13:20| Comment(62) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ