2021年08月10日

あげまきで夏を味わう

 今日の夕食は、あげまきさんで「夏」を味わう。

21.8.101.jpg
ゴーヤの玉子とじ

21.8.102.jpg
特大アジフライ。厚みと旨味が凄い!!!

21.8.103.jpg
蓮根の天ぷら。シャキシャキ食感がたまらない!

21.8.104.jpg
ナスの肉巻きフライ。

21.8.105.jpg
チキンスープカレー。スパイシーでクリーミー。辛いけど旨味もたっぷり。

 さすが、あげまきさん。夏の味をしっかり堪能。特大のアジフライの美味さにびっくりしたが、専門店より美味いスープカレーにもまたびっくり。居酒屋の領域を遥かに超えているなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

結局、またまた富士フイルムに悩まされる

 レンジファインダータイプの高画質なカメラはやっぱり必要だなぁと思い、富士フイルム X-E3の中古価格を調べてみると、思っていたよりも高い。昨年、新品価格が最安値の頃、富士フイルムのキャッシュバックで実質4万円台で買えたのが夢のようだ。今の市場価格を考えると、買っておけばよかったと思っている人は多いかも。
 レンジファインダータイプに拘らなければ、ほぼ中身は同じのX-T20の中古価格はグッと安い。良品が4万円以下である。そして、X-E3ほどではないが軽量コンパクトだ。この軽さはマイクロフォーサーズのGX7シリーズを上回る。
 高画質でコンパクトなサブ機として、マニュアルレンズや単焦点レンズメインなら、これら型落ちの富士フイルムカメラでも十分。たとえ旧モデルとはいえ、暗所に強く、画素数も大きい富士フイルムなら、ルミックスやオリンパスと差別化できる。もちろん、AFや操作性を過度に求めてはいけないが。
 ただ、新たにマウントを増やすということは、当然ほかにレンズも買う必要があるし、ストロボやバッテリーなど備品や周辺機器も必要。間違いなくお金がかかる。例えば、仮にX-T20を4万円で購入しても、標準単焦点と広角単焦点を買えばすぐ10万円は超える。もちろんレンズは2本では済まないと思うので、出費はまだまだ増えるだろう。そこまでお金をかけてまで、それをやる価値があるか、意味があるかは自分次第。やっぱり、富士フイルムは悩ましい存在だ。
posted by 坂本竜男 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

レンジファインダーの良さと意味

 前にも当ブログで書いたが、ルミックスGX8を手放したことをちょっと後悔している。やはりレンジファインダータイプならではの良さというものはあって、それは一眼レフタイプにはない良さだったりするのだ。
 レンジファインダータイプは、一眼タイプのようなカメラカメラしていないところが良い。さりげなく撮ることができるし、撮られる側の心情も違う。動物写真家の小原玲さんが、だいぶ前にブログで富士フイルムX-E2のことを書かれているが、これを読むとレンジファインダーの良さがとてもよくわかる。カメラの形状というのはとても重要なのだ。
 僕は今、GX8の代わりにGM1を使っている。小ささでは文句なしだが、それゆえに操作性がやや犠牲になる。それに、さすがに古いモデルなので、G9 PROと比べると暗所は少々弱い。程よい大きさのレンジファインダータイプは、やはり必要かな〜と思い始めているのである。それがメインカメラと同等の画質を持っていたらベストだ。
 実はルミックスの現行モデルで、それに該当するモデルはない。GX7 mk3は製造が終わってしまった。GX7 mk3の中古か流通在庫を探すのが無駄がなくてベストではあると思う。
 だが、ちょっと前に当ブログで書いたように、富士フイルムX-E3も気になっている。ほぼ同じ性能のX-T20の方がずっと安いんだけど、レンジファインダーであるべき意味はしっかりあるのだ。フジのセンサーはフルサイズに迫る暗所での強さを誇るのも魅力。それは先代のセンサーでも変わらない。
 X-E3が新品でも安かったときに、買っておくべきだったかな〜。
posted by 坂本竜男 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年08月09日

爆笑 お笑いフェスin鳥栖 ナイツ、どぶろっく、錦鯉、東京03が鳥栖市にやってくる!

210809-0004.jpg

 2021年11月28日(日)に、鳥栖市民文化会館 大ホールで『爆笑!!お笑いフェスin鳥栖』が開催!
 これだけのメンツが地元鳥栖で生で観れるとは!とくに東京03やナイツが観れるのが嬉しい!今日からチケット販売だが、さすがに売れ行きが良いようで、後ろの方だけどギリギリチケットが確保できた。確保できただけでラッキー。今から楽しみだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2021年08月08日

七工匠 7Artisan 50mm F0.95が発売開始

7Artisans-50mm-F0.95.jpg

 七工匠の大口径レンズ 7Artisan 50mm F0.95 が、パーギアの公式サイトで販売が開始された。35mmにつづくF0.95の大口径レンズで、APS-C用だがマイクロフォーサーズマウントも用意されている。
 35mm F0.95は愛用していて、マイクロフォーサーズとは思えないボケが得られる良いレンズだけに、50mmも大いに気になる。パーギア公式サイトでの価格は27,258円と破格。銘匠光学50mm F1.2Cを買おうと思っていたんだけど、こっちもかなり良いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

「知」のソフトウェア

21.8.82.jpg

 知の巨人、立花隆さんのロングセラー、「知」のソフトウェア。今、もう一度頭に入れておくべき本のような気がしている。改めて、読んでみようかな。
posted by 坂本竜男 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

ONE KNIGHT STANDS

21.8.81.jpg

 昨日のライブの余韻に浸りながら、このアルバムを聴いている。
 山崎まさよし「ONE KNIGHT STANDS」。日本の音楽シーンで重要なライブアルバムの一枚。やっぱり、良いねぇ。
posted by 坂本竜男 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年08月07日

山崎まさよし “ONE KNIGHT STAND TOUR 2021”

21.8.71.jpg

 今日はおりなす八女で、山崎まさよし “ONE KNIGHT STAND TOUR 2021”。山崎まさよしは、大好きなのに今までスケジュールが合わずライブに行けていないミュージシャンのひとり。僕にとって念願の初ライブだ。

21.8.72.jpg

21.8.73.jpg

 音楽の素晴らしさと魅力は分かっているつもりだったが、ライブではまたCDとは全く違う凄さがあった。僕はこれまで、その魅力を知っているつもりになっていただけだったのだ。
 歌声、演奏(ギターも上手いがブルース・ハープもまた上手い!)、楽曲、そして総合的な音楽の力がとにかく素晴らしい。その場で演奏したフレーズを録音し、その場で音を重ねていくルーパーを使った演奏が多々あるとはいえ、それだけでは説明できない音楽の厚みは何なのだろう?彼のミュージシャンとしての凄さを思い知らされた。
 セットリストは初期の名曲から誰もが知る名曲、そして書き下ろされたばかりの最新曲までと嬉しい選曲。誰もが知る名曲「One More Time, One More Chance」は、散々聴いてその良さは十分知っているはずなのに、生で聴くと電撃が走って鳥肌が立つその凄さ。個人的には大好きな「名前のない鳥」が生で聴けて感動。ひたすら純粋に音楽に没頭した2時間半だった。
 コロナ禍で大声が出せないお客さんたちが、その想いを伝えるべくわれんばかりの拍手で応えていたのが印象的だった。本当に会場が一体化した素敵なライブだった。
posted by 坂本竜男 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

さて、次は何が必要か?

 富士フイルムのカメラとレンズが気になったり、フィルターが取り付けれる超望遠レンズが気になったり、三脚が気になったり、少し大きめのスリングバッグが気になったり、相変わらずいろいろな撮影機材に対して欲望が膨らんでいる今日この頃。
 しかし、先日の撮影で改めて気づいたのは、それらの機材・備品関係はすぐに必要なものではないということだった。もちろん、あると便利ではあるが、ないからと言って撮影ができないわけではない。つまり、撮影に必要な最低限以上の機材は既に揃っているということである。
 そんな中、すぐにでも導入すべきなのに、未だ導入せずにいるものが一つある。


51kIa8k1cYL._AC_SL1000_.jpg

 ピークデザインのカメラクリップ、キャプチャーである。撮影の際、カメラは2台体制で臨むのがベストだが、そんなとき両方ともストラップというのは意外と不便だ。太良での撮影でもキャプチャーがあれば…と思うシーンは何度もあった。もちろん、それ以前の撮影でもだ。それでも未だ導入していないのは、なんとなく高価に感じていることと、リュックを背負っているときはいい位置につけれるが、それ以外ではあまり便利に思ってなかったからだ。


610dK60RhOL._AC_SL1000_.jpg


 しかし、同社のプロパッドを使えば、ベルトに通して腰につけることが可能。これなら使い勝手も向上し、問題はほぼ解決する。
 というわけで、ピークデザインのキャプチャー&プロパッドが、もっとも僕が優先すべき撮影機材・備品となった。この二つは早速注文することにしよう。
 もちろん、これで他の機材に対する欲望が収まったわけではないのだけれど…。
posted by 坂本竜男 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年08月06日

太良町での撮影で改めて感じたこと

 先日の太良町での撮影では、改めて感じたことがいろいろとあった。これらのことと、普段渦巻いている機材への欲望が必ずしもマッチしていないこともはっきりしたように感じている。
 太良に持ち込んだ機材は、ボディとレンズがルミックス G9 PRO、ルミックス20mm F1.7、ライカ15mm F1.7、ライカ12-60mm F2.8-4、オリンパス EM-1 mark II、7-14mm F2.8 PRO、12-40mm F2.8 PRO、40-150mm F4-5.6、75-300mm F4.8-6.7、中一光学25mm F0.95。三脚はマセスFB-2、DW-4、ジッツオGT2532、ボディ2台、レンズ8本、雲台2台、三脚1本である。
 このうち使ったのはボディ2台、レンズがオリンパス7-14mmと75-300mm、ライカ12-60mmの3本のみ。三脚も使わなかった。
 保険で持参したオリンパス75-300mmの出番があった反面、単焦点レンズの出番はゼロ。とくに今回のような景色がメインの撮影では超広角ズームと標準ズームで、撮影シーンの9割以上を賄えた。G9 PRO + 12-60mm F2.8-4とE-M1 mark II + 7-14mm F2.8という体制で基本的には問題がなかったのだ。あとはケースバイケースで望遠ズームや単焦点を1〜2本追加すれば十分だろう。
  オリンパス7-14mm F2.8 PROは、こういった撮影ではいつも大活躍する。ただ、出目金レンズだから気を使うし、フィルターもつけれない。フィルターが使えるライカ8-18mm F2.8-4の導入を検討しても良いかもしれない。
 三脚は腰を据えてじっくり撮影したいところでできなかったことも多々あったが、基本的には僕の面倒くさがりな性分があったとも言える。僕は縦位置のローアングを多用するが、それには持参したジッツオでは広げた脚が邪魔になり難しいことも多かった。同じパイプ径で4〜5段の三脚があっても良いが、ローアングル用の全高が低い三脚の方が効率が良いかもしれない。
 機材をそこそこ持参したので、カメラバッグはリュックタイプのEndurance Extを使った。マイクロフォーサーズの機材なら、これだけの量があっても収納には余裕があり、そういう部分では不満はなかった。ただ、やはりリュックタイプはアクセスがどうしても悪い。重くなりすぎないように気をつけれれば、8〜10リットルクラスのスリングバッグの方が、僕の撮影スタイルにはいいのかもしれない。
 ストラップはピークデザインSLIDEをE-M1 mark IIに、G9 PROには同じくピークデザインのハンドストラップ CLUTCHを使った。どちらも使い勝手がとても良いが、さらにその良さを生かすためにも同社のカメラクリップ CAPTUREの導入は急務だと感じた。
 撮影が終わった後、気がつくと直前まで再燃していた富士フイルム熱がかなり収まっていた。それよりも優先すべきものがあることを、身をもって知ったからだ。いや、本当はどこかでわかっていたのだ。ただ、自分の使ってみたい願望、モノとして欲しいという欲望が勝っていただけなのだ。
 というわけで、今回の撮影で改めて感じたことをもとに、本当に必要な機材導入を進めていこう。
posted by 坂本竜男 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年08月05日

初めての大魚神社(2

21.8.418.jpg

21.8.419.jpg

 再び、大魚神社へ。時間は午後4時。だいぶ潮が満ちてきた。荷揚げ用の作業用道路(海中道路)が沈み始めているのが目に見えてよくわかる。間近で月の引力を見ているのだ!

21.8.420.jpg

 鳥居にもだいぶ海面が迫ってきた。目に見えて海が迫ってくる。

21.8.421.jpg

 午後5時。ついに海面はここまできた。

21.8.422.jpg

21.8.423.jpg

 午後5時を過ぎると、もう鳥居は海水に浸かってしまっている。これからさらに水位は上がり、最終的には鳥居の半分以上の高さまで水位は上がるそうだ。この干満差がもたらす神秘的な光景は、大魚神社ならでは。次は朝から夜までじっくり時間をかけて、この潮の満ち引きが作り出す光景を堪能したいな。
posted by 坂本竜男 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

竹崎城址展望台

21.8.415.jpg

 祐徳稲荷神社の次は、再び太良町。竹崎城址展望台へ。
 竹崎城址展望台は、南北朝時代に築城され、島原の乱の後に取り壊された竹崎城を模した展望台。1階は漁具資料館、2・3階が展望所になっている。

21.8.416.jpg

21.8.417.jpg

 展望台からは雲仙岳がこんなに近くに見える。そうか、太良町から長崎まではこんな距離感なのだ。そして、北には佐賀空港。有明海が一望できる展望台だ。
 有明海を一望できるこの眺望は、かつては竹崎城が唐津城などにも負けない重要な城だったであろうことを物語っている。そして今は、桜やコスモスなど季節を楽しめる公園でもある。歴史と自然を感じながら素晴らしい眺望を楽しめるのが良いね。
posted by 坂本竜男 at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本文化

2021年08月04日

30年ぶりの祐徳稲荷神社

21.8.49.jpg

21.8.410.jpg

21.8.411.jpg

 せっかく太良町まで来たので、隣町の鹿島にある祐徳稲荷神社へ参拝に。訪れるのは、なんと30年ぶり(!!)だ。

21.8.412.jpg

21.8.413.jpg

 祐徳稲荷と風鈴。神社に風鈴はよく似合う。ものすごい猛暑だが、少しは涼しく感じるかな?

21.8.414.jpg

 今日は撮影の合間だったので、駆け足での参拝だった。だが、祐徳稲荷神社は日本三大稲荷だけあって、本来なら駆け足で回るべきではない。改めて参拝に来なければいけないね。
posted by 坂本竜男 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

太良町の干潟にて

21.8.46.jpg

21.8.47.jpg

21.8.48.jpg

 道の駅 太良の裏はすぐ有明海。干潟が広がっているのだが、もう潮が満ち始めているのがよくわかる。波というよりも、海水面が迫ってくる感じだ。確かに月の引力が見える!これはすごい。
posted by 坂本竜男 at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真

初めての大魚神社(1

 今日は朝から太良町へ。目当ては有明海に浮かぶ大魚神社・海中鳥居。「月の引力が見える町」といわれる太良町は、干満差が日本一。その差は最大で6mに及ぶ。月の引力を見るために訪れたのだ。

21.8.41.jpg

21.8.42.jpg

21.8.43.jpg

 大魚神社に着いたのはちょうどお昼の12時。3つの鳥居の先にお賽銭箱があるのだが、引き潮時でそこまでは歩いていける。これはこれで、ちょっと神秘的な光景だ。
 今日の天候は晴れ。気温は35度を超える猛暑日。あまりに暑いので、ほどほどに写真を撮って、一旦退散。この光景がどう変化していくか、楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本文化

2021年08月03日

二度目のワクチン接種、無事完了

 今日、無事に二度目のコロナワクチン接種が終わった。
 今回は待ち時間もほぼなく、接種は極めてスムーズ。この感じだと、鳥栖市内は順調にワクチン接種が進んでいる感じだ。まだまだマスクや手洗い、密を避けることは必須ではあるが、ひとまずこれで少し安心だ。
 ワクチンに関しては色々なデマが出回っていて、それが若い人を中心にワクチン接種を拒む理由につながっている。しかし、ワクチン接種後の副反応などはあるにしても、やはり接種した方が色々な意味で安心だし、仕事などでも動きやすいと思うのだ。若い人たちもできるだけ接種して欲しいな。
posted by 坂本竜男 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

神社が守っているもの

21.8.3-1.jpg

 今日は仕事で新宮町。いつものように打ち合わせの前に新宮神社に参拝。

21.8.3-2.jpg

21.8.3-3.jpg

 街中にある小さな神社なのに、ここだけは緑が多くて他とは違った空間だ。夏の暑さは変わらないが、どこか爽やかだし魔の中にいるかのような空気感がある。実際、セミは良く鳴いているし、虫たちも多い。神社があるからこそ、街中でも守れているものがあるのだ。神社は文化的にも大事だが、自然という観点から見ても大事なものなのだね。
posted by 坂本竜男 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2021年08月02日

サーモス 真空断熱タンブラーでサッポロ黒ラベルを味わう

21.8.2-2.jpg

 欲しかったサーモス 真空断熱タンブラーをやっと購入した。大きさは420mlである。
 早速、ビールが飲みたくてサッポロ黒ラベル(瓶)で試すことに。もちろん、タンブラーは飲む前に冷凍庫で冷やしてある。
 最初の一口は特にグラスとあまり変わらない。強いて言えばグラスの方がまろやかだが、タンブラーの方がキレがある感じか。だが、飲み進めるにつれて違いが。やはり、温度が変わりにくいのは大きい。ゆっくりめに飲んだのだが、最後の一口まで冷たいまま楽しむことができた。これは良い!
 問題は泡の状態が見えないので注ぐのが難しいこと。そして、最初の一口が素材の違いが出る印象で、それに関してはグラスの方が好みだったこと。これはビールの銘柄でも印象が変わるかもしれない。
 今度は違う銘柄で試してみようかな。
posted by 坂本竜男 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

久しぶりの物撮り

21.8.2-1.jpg

 今日は自宅で久しぶりの物撮り。導入したギア雲台 マセスDW-4がとても具合がいい。可動域がレオフォトやアルカスイスより狭いのでどうかな〜と思っていたが、自由雲台である程度詰めれるので全く問題なし。三脚での撮影では必須アイテムになりそうだ。
 一方、商品のセッティングやライティングで少々手こずった。これは僕の仕事が撮影メインではないので、物撮りの時はありあわせのものでなんとか対応しているからなのだが、ライティングなどはもっといい機材を導入した方が良いかも。やっぱり、まだまだ投資は必要だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年08月01日

コロナ感染者数、連日の10000人越え

 東京オリンピックが盛り上がっている最中だが、そんな中、コロナ感染者の増加は加速している。今日も全国で10000人を超えた。
 オリンピック会場には人が入れなくても、近くまでは多くの人が足を運んでいる。確実に人の流れは増えているように見える。そして、その影響は確実に出ると思われる。まだまだ感染者は増えるだろう。
 今更、オリンピックのことを批判するつもりはない。ただ、ワクチン接種の優先順位が間違っていたことは否定しようがない。そして、一番の問題は国民の多くが政治家を信用してないと思われることだ。
 緊急事態宣言も飲食店などを苦しめるだけで、大きな効果は期待できない状況だ。これも政治家に信用がないからで、反発する人もたくさんいるのも当然のように見える。これでコロナが収束するはずがない。
 政治家は台湾に学んで、国民の(とくに若い人の)信用を取り戻す努力をすんべきではないだろうか。それが感染拡大を抑え込むことにつながるはずだ。
posted by 坂本竜男 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス
Powered by さくらのブログ