2021年08月05日

初めての大魚神社(2

21.8.418.jpg

21.8.419.jpg

 再び、大魚神社へ。時間は午後4時。だいぶ潮が満ちてきた。荷揚げ用の作業用道路(海中道路)が沈み始めているのが目に見えてよくわかる。間近で月の引力を見ているのだ!

21.8.420.jpg

 鳥居にもだいぶ海面が迫ってきた。目に見えて海が迫ってくる。

21.8.421.jpg

 午後5時。ついに海面はここまできた。

21.8.422.jpg

21.8.423.jpg

 午後5時を過ぎると、もう鳥居は海水に浸かってしまっている。これからさらに水位は上がり、最終的には鳥居の半分以上の高さまで水位は上がるそうだ。この干満差がもたらす神秘的な光景は、大魚神社ならでは。次は朝から夜までじっくり時間をかけて、この潮の満ち引きが作り出す光景を堪能したいな。
posted by 坂本竜男 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

竹崎城址展望台

21.8.415.jpg

 祐徳稲荷神社の次は、再び太良町。竹崎城址展望台へ。
 竹崎城址展望台は、南北朝時代に築城され、島原の乱の後に取り壊された竹崎城を模した展望台。1階は漁具資料館、2・3階が展望所になっている。

21.8.416.jpg

21.8.417.jpg

 展望台からは雲仙岳がこんなに近くに見える。そうか、太良町から長崎まではこんな距離感なのだ。そして、北には佐賀空港。有明海が一望できる展望台だ。
 有明海を一望できるこの眺望は、かつては竹崎城が唐津城などにも負けない重要な城だったであろうことを物語っている。そして今は、桜やコスモスなど季節を楽しめる公園でもある。歴史と自然を感じながら素晴らしい眺望を楽しめるのが良いね。
posted by 坂本竜男 at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ