2021年09月03日

ニコZ fcでなくても…

 ニコン Z fcの単焦点レンズキット(NIKKOR Z 28mm f/2.8がセット)が良いな〜と思っていたが、マイクロフォーサーズにはルミックス 20mm F1.7があるではないか。少々AFが遅いものの、僕の使い方ではそれほど問題はない。それよりも、F1.7の明るさとその描写力は大きな武器だ。つまり、手頃なサイズのクラシカルなボディがあれば、Z fcのような使い方ができる。決してニコンを羨む必要はないのだ。
 ただ、GX7 mark III以降、手頃なサイズの2,000万画素モデルの新製品が出ていない。GX7 mark IIIは、今となってはファインダーがちょっと見劣りするし、そもそも製造中止になっている。GX8はさらに古いし、ちょっとだけ大きい。ライカを彷彿させる新しいレンジファインダータイプがリリースされればベストなのだが…。
posted by 坂本竜男 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

ニコン Z fcの評判が良いらしい

05.jpg

 この夏にデビューした、ニコン Z fcが大人気らしい。
 フィルム一眼レフカメラ「ニコンFM2」(1982年)のデザインを受け継いだというスタイリングは確かに魅力的。APS-Cミラーレスだからサイズも程よく比較的軽量なのも良い。特別デザインの「NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)」が付属する単焦点キットがあるのがまた良い。APS-Cで28mmは、35mm換算で42mm。40mm近い画角は、個人的には35mmや50mmより使いやすいと感じているので、この単焦点キットは大いに魅力的だ。
 このカメラは性能を追求するタイプではないから、スペックとしてはこれで十分なのだろう。ただ、個人的にはシャッタースピードが電子シャッターで良いので16,000秒に対応していたら…と思わなくはない。このスタイリングだったら、手頃な価格の中華製大口径マニュアルレンズも似合うと思うからね。まだニコン純正APS-Cレンズが少ないから尚更。ニコンもその辺りが充実してくると、さらにAPS-Cミラーレスも面白くなるだろうな。
posted by 坂本竜男 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ