2021年09月16日

エゴイスタスで見えてきた?

 ここ数号のエゴイスタスの自分の記事が、一部で予想以上の評価をいただいている。そして、ある程度したら一冊にまとめてみてはどうか?とまで言ってくださる方もおられる。これは素直に嬉しいことなのだが、喜ぶと同時にハッとしたのである。そうだ。僕がやりたかったことの一つが、まさにそれだったのだと。
 つまり、自分で取材し(写真を撮り、文章を書き)、自分で編集・デザインをして本にする。そして、自分で販売する。まさにインディーズ出版そのものである。
 もちろん、エゴイスタスのページを集めて再編集するだけではダメだ。もっと掘り下げるべきかもしれないし、違う視点を加えた方がいいかもしれない。しかし、ヒントになるものや、土台になりそうなものはすでにある。僕が形にしたかったものが具体的になるの日は、思ったよりも早く来るかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーズ出版

GOEN トルコと日本の131年のご縁 被災地復興の架け橋展

21.9.161.jpg

21.9.162.jpg

21.9.163.jpg

21.9.164.jpg

21.9.165.jpg

21.9.166.jpg

 今日は福岡アジア美術館で今日から開催の「GOEN トルコと日本の131年のご縁 被災地復興の架け橋展」へ。
 この展示は、エゴイスタスにも寄稿していただいたことがある、エンシジ・ムラートさんが主催されている。昨年の豪雨被災があった人吉の復興支援、トルコと日本の文化交流、二国のご縁の歴史、トルコの文化紹介などなど。ムラートさんが普段から力を入れておられることを形にした、大きな意義のある展示だ。
 トルコから単身日本に来られて仕事でも成功を収められたムラートさん。それは間違いなくムラートさんの努力と人柄と才覚があってだと思うが、日本への恩返しとして、またトルコと日本の架け橋として頑張っておられる。このことは本当に頭が下がる。そのことを知っていただく意味でも、足を運んでいただきたい展示だ。僕も見習わなければいけないね。
posted by 坂本竜男 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
Powered by さくらのブログ