2021年10月15日

サントリー プレミアムモルツ ダイヤモンドホップの恵み

21.10.152.jpg

 今日の晩酌は、サントリー プレミアムモルツ ダイヤモンドホップの恵み。この時期の限定醸造ビール。
 希少なダイヤモンドホップを使っているだけあって、爽やかで香り豊か。程よいコクと瑞々しさが特徴的。ノーマルのプレモルも良いが、こちらも美味い。というか、こちらの方が好みだ。
 残念なのは限定醸造ということ。すでに店頭でもあまり見かけなくなりつつある。秋は美味い限定醸造ビールが各社から出てるから、逃さないようにしないとね!
posted by 坂本竜男 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

こらからの「正義」の話をしよう

21.10.151.jpg

 ちょっと前に話題になった本だが、最近改めてあるTV番組で紹介されていたので手に取ってみた。
 「正義」とは、ある意味とても危険な言葉だ。この本を読んでも「正義」が何かとは書かれていない。人によって異なるし、状況によっても視点によっても異なってくる。やっかいなのは、そのそれぞれ違う「正義」を掲げる側は正しいと信じて疑わないことだ。だから戦争もなくならない。
 こんな世の中だからこそ、改めて「正義」について考えるのは良いことだ。そのことを教えてくれる本だと思う。
posted by 坂本竜男 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2021年10月14日

辺境・近境 写真篇

21.10.141.jpg

 村上春樹の「辺境・近境」を、松村映三が写真という角度で見せてくれる一冊。まさに最近、僕のテーマになっている「旅と写真(とデザイン)」にぴったりな本だ。
 だが、またしても本家(村上春樹の「辺境・近境」)を読む前に読んでしまうという暴挙(?)でもまぁ、これは僕の場合は仕方がないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2021年10月13日

久しぶりに篠山神社へ参拝

21.10.131.jpg

 久しぶりに、久留米の篠山神社へ参拝。あだち珈琲さんへコーヒー豆を買いに行った帰りに立ち寄る。

21.10.132.jpg

21.10.133.jpg

 本殿・拝殿は改修中。逆に今しか見れない光景とも言える。

21.10.134.jpg

 篠山神社は、もともとは久留米城。いつ来ても立派な城壁が印象的。僕にとっては身近な神社であり城跡でもあるけど、よく考えたらこんな場所は極めて珍しいのではないだろうか。僕たちは、もっとそのことを自覚すべきかもしれないね。
posted by 坂本竜男 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2021年10月12日

キヤノンEFレンズが大量に製造中止?

 キヤノンの公式サイトによると、EFマウントレンズが大量に在庫希少になっている。つまり、これは製造中止になって流通在庫のみと思われる。もはやキヤノンは一眼レフはもうすぐ終わり、完全にミラーレスに移行してしまうと考えているのだろう。
 ソニーが一眼レフに見切りをつけ、キヤノンも見切りをつけたとすると、ニコンもいずれそうなるだろう。すると、残る一眼レフメーカーはペンタックスのみだ。
 この流れは少々寂しい気もするが、そう言いながら僕も昨年、ミラーレスに完全に移行した。まだミラーレスが不利な部分もあることはあるが、大抵の場合はミラーレスの方が有利なのは間違いない。キヤノンの大幅なEFレンズの製造中止は、一眼レフの終焉が近いことを物語っている。
posted by 坂本竜男 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

湯布院で、アートと音楽と…

21.10.121.jpg

 今月末はアートと音楽のイベントで再び湯布院へ行く予定。場所はアルテジオ。新しい展開が待っていそう。とても楽しみです。
posted by 坂本竜男 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2021年10月11日

和心料理はばき 11周年!

 今月で、和心料理はばきさんは11周年!11周年、おめでとうございます!!
 というわけで、今日の夕食は和心料理はばきさんである。

21.10.105.jpg

21.10.106.jpg

21.10.107.jpg

21.10.108.jpg

 写真以外にも筑前煮や大根の竜田揚げなど、大好きなメニューも注文。いつもながら、安定の美味さ。この美味しさの安定感は、地元でも一番。さすがです!!!
posted by 坂本竜男 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

等価値ということ ―坂本善三の絵画理論―

21.10.104.jpg

21.10.101.jpg

 昨日は、小国町の坂本善三美術館からスタート。
 今回の展示は「等価値ということ ―坂本善三の絵画理論―」。坂本善三の重要なキーワードでもある「等価値」をテーマに、坂本善三の言葉とともに絵画理論に迫る展示だ。
 等価値とは、同じ値打ちを持つこと、価値が等しいこと。これが作品とどう関係があるのか?最初、ピンときてなかったことが、展示を観ていくにつれて解き明かされていく。しっくり自分の中に入っていく。
 この展示を観た後に、改めて我が家にある善三作品「光」を見ると、また新鮮な見え方をするから不思議だ。(ちなみに、この「光」は、今回展示されている)そして、ありとあらゆるものの見え方や感じ方も変わってくる。坂本善三に触れるということの豊かさを改めて感じるね。
posted by 坂本竜男 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2021年10月10日

湯布院・日田は麺づくし

 湯布院・日田配本は基本的には麺づくし。

21.10.92.jpg
 麺一さんの鶏天と温泉玉子うどん。

21.10.102.jpg
 たかむらさんの冷やし欲張りうどん。

21.10.103.jpg
 中華さとさんのプノンペンラーメン。

 いずれも、それぞれの個性が際立つ美味しさ。最高ですね。
posted by 坂本竜男 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

ステップスカラーのデュワーズ8年カリビアンスムースのハイボール

21.10.95.jpg

 昨夜の締めくくりはステップスカラーさん。今回は、デュワーズ8年カリビアンスムースのハイボール。軽やかで華やかで飲みやすい。柑橘系を思わせる爽やかさと、ほんのりとした甘味、僅かに感じるスモーキーさ。ただ飲みやすいだけでなく、豊かな味わいと爽快さがある。最近飲んだハイボールでは一番かも。これはハマりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

レストランかじかのミックスグリル

21.10.93.jpg

 昨日の夕食は、レストランかじかさん。久しぶりのミックスグリル。お店で一番の人気メニューだ。
 牛ステーキ、チキンステーキ、ハンバーグそれぞれの旨味をしっかり楽しめる。肉そのものも美味いが、ソースもまた絶品だ。
 50代が食べるにはなかなかのボリュウムがあるのだが、これがどんどん食が進む。ご飯が進む。気がついたらご飯は無くなってしまっていた。食べ進めるにつれて美味さも増していく感じなのだ。これは食べ過ぎてしまう!ある意味キケンなメニューかも。
posted by 坂本竜男 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

ちょっと暑い、秋の湯布院

21.10.91.jpg

 昨日は朝から湯布院。稲穂も実り、湯布院はすっかり秋の風情。とはいえ、日差しは強く、まだまだ暑い。
 湯布院では会いたい人全てに会えただけでなく、新しい出会いもあった。エゴイスタス配本を兼ねて動き回ると、やはり面白い出会いがある。そして、それは面白い形になってこの後も続きそうな予感がする。これは今月、もう一度湯布院に行かなければならないようだ。
posted by 坂本竜男 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月09日

出張はオリンパスで

 今日・明日は湯布院・日田・小国へ出張。コロナがらみで遅れたエゴイスタス配本を含む、泊まりがけの遠出である。
 今回はいつもよりも撮影をしっかりしたいので、最近の定番であるGM1は封印。ひさしぶりにオリンパスE-M1 mark IIを持ち出すことにした。
 レンズは12-40mm、7-14mmの2本のPROレンズ。それにルミックス20mm F1.7を追加。比較的シンプルなセット。エブリデイスリング6Lにも難なく収まる。
 土日は天気も良さそうなので、今回はしっかり時間をかけて回ろうかな。
posted by 坂本竜男 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2021年10月08日

パナソニックが「G9 PRO」用ファームウェアアップデートを予告

 パナソニックが「G9 PRO」、そして「GH5S」「BGH1」用ファームウェアアップデートを予告した。動画性能などの機能向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを2021年11月4日(木)より開始するそうだ。
 僕はG9 PROで動画は撮らないものの、リリースから時間が経ってもアップデートが定期的に行われるのは素晴らしいと思う。もちろん、G9 PROの後継モデルが出てもおかしくないのだが、ファームウェアのアップデートで強化し続けるのはユーザーとしてはありがたい限り。
 でも、この時期にアップデートということは、後継モデルはもうしばらくは出ないってことかな?(それはそれで、悪いこととは言えないのだが)
 
posted by 坂本竜男 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

GX8が懐かしい

 撮影の仕事で出かける時は、間違いなくG9 PROとE-M1 mark IIの2台で臨むのだが、普段はGM1ばかりである。やはり小さく軽いというのは強い。
 しかし、GM1では少々心許ない。そんなケースはままある。例えば旅行の時。荷物を最小限にしたいが、画質も確保したい。そんなときは(マイクロフォーサーズだからシステム全体としてはコンパクトにできるとはいえ)G9 PROは流石に大きすぎるし、E-M1 mark IIも大きい。すると、手放してしまったGX8が絶妙だったなぁと思うのである。
 本来ならよりコンパクトで新しいGX7 mark IIIなんだろう。だが、追加グリップの必要がないGX8も捨てがたい。発売当時、スチル最上位モデルだけあって、古くなったとはいえ、いまだに優れた部分が多いのだ。
 とはいえ、使っていた古いモデルをわざわざ改めて買うのも気が引ける。かといって、マウントを増やすのはキケンだ。
 あぁ、ここまでGX8が気になってしまうとは。手放すべきではなかったかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2021年10月07日

ぼくはこんな本を読んできた

21.10.72.jpg

 智の巨人、立花隆さんの読書論・読書術・書斎論……という言葉だけでは括れない本だ。
 取材ひとつとっても、取材する人のほとんどの著書をしっかり読み、必要な下調べをしっかり行い、万全の体制で望む。基本的にはこれは一人でされている。スタッフがほかにいるわけではない(一部のものを除いて)。
 それゆえに、読書量は必然的にとんでもなく増える。それなのに何本もの連載を持ち、ときにはメディアにも出て、ときには講演などもされていた。どう考えても時間が足りないし、そもそもとんでもないハードワークだ。ご本人もそれは認められているのだが、それ以上に楽しまれている・面白がられているのがこの本からも伝わってくる。
 立花隆さんと同じようにはできないし、する必要もないだろう。ましてや時代も違うから、今なら違うやり方もあるだろう。それでも本だからこそ得られるものは多いよね。
posted by 坂本竜男 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

昨日の撮影でオリンパスに感じたこと

21.10.71.jpg

 昨日の巨石パークでの撮影は、久しぶりにオリンパス OM-D E-M1 mark IIと7-14mm F2.8、12-40mm F2.8の2本のPROレンズというシンプルな組み合わせ。これは仕事でも最も信頼できるセットでもある。
 だが、個人的にはオリンパスよりもルミックスの方が圧倒的に操作性は良いように感じている。画質はほぼ同等だが方向性が少し違っていて、高解像度なのはどちらも同じだが、より柔らかで繊細、色ノリの良いルミックスの方が好みではある。
 それでもオリンパスを使うのは、やはり信頼性の高さだ。強力な手ぶれ補正は失敗を大幅に減らしてくれるし、被写体とキッチリ捉えて描写してくれる。防塵防滴も実績が高い。それにE-M1 mark IIはボディの大きさもちょうど良い。そして極上のグリップを持っている。これは今まで使ったカメラの中で完全に頭ひとつ抜けている。だから手放せないカメラになっているのだ。
 というわけで、ルミックスが大好きと言いつつもオリンパスには絶大な信頼を寄せていて、結局、この2台メイン体制は我ながら良いなぁと思っている今日この頃。でも、まだどちらも使いこなしているとは言い難い。とくにオリンパスはまだまだだ。
 おそらく、ルミックスの方が漠然と撮ってもカタチになりやすい。一方、オリンパスは(僕の場合)漠然と撮るとパッとしない写真が量産されてしまう。おそらく、撮る際のさらなる追い込みが必要なのだ。昨日の撮影で、オリンパスから大事な宿題をもらった気がするなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2021年10月06日

旅する力 深夜特急ノート

21.10.67.jpg

 「深夜特急」の裏話的この本を、まだ読んでない「深夜特急」より先に読もうという暴挙。
 まぁ、いいか。
posted by 坂本竜男 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

レッフェルの牛100%手焼きハンバーグ

21.10.66.jpg

 巨石パークの後は、佐賀大和温泉ホテルアマンディ内にあるレッフェルさんでランチ。
 お腹が空いたのでガッツリ食べたくて、牛100%手焼きハンバーグを注文。サラダバー、ご飯、スープ、デザートつきだ。
 国産牛100%のハンバーグはジューシーで旨味もしっかり。肉の美味しさをしっかり楽しめるハンバーグだ。おかげで充電もしっかり。やっぱり、運動した後のお肉は最高だね。
posted by 坂本竜男 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) |

巨石パークは、やっぱり登山

 今日は朝から巨石パーク。写真を撮りたいのもあるが、登山の練習も兼ねているのだ。

21.10.61.jpg
烏帽子石。

21.10.62.jpg
天の岩門。

21.10.63.jpg
蛙石。

21.10.64.jpg
誕生石の上からの眺め。

21.10.65.jpg
神頭石。

 巨石パークは比較的気軽に来れる場所ではあるけど、登り出したらしっかり登山だ。それだけに、体力がないとガッツり撮影までは厳しい。今回こそはもう少しラクに登れるかなと思っていたが、大きな進歩はなし。体力がないと写真を撮る余裕も無くなるから、早いうちになんとかしたいところだ。
 それに、森の中に点在する巨石を撮るのは結構難しい。木々に隠れて巨石の全貌がわかりにくい場合もあるし、一枚の写真としての情報量が多過ぎてしまうこともたびたび。どちらにしても、巨石パークを卒業できるのは、まだまだ先のようだ。
posted by 坂本竜男 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ