2021年10月22日

「MARUNOUCHI BOOK FES×NINJA SPACE」〜次の旅先が見つかるライブラリー〜

IMG_1388 3.jpg

IMG_1404 2.jpg

 Have a Nice TOKYO!さんのイベント 「MARUNOUCHI BOOK FES×NINJA SPACE」〜次の旅先が見つかるライブラリー〜に、エゴイスタスを設置していただいています。
 Have a Nice TOKYO!さんは、地域との出会いの場を創出し、東京と日本の魅力を発信する多目的スペース。次の旅先を探すきっかけになれば…という想いを込めて、施設内には日本各地の地域の魅力が詰まったフリーペーパーや、思わず旅に出たくなるような本・雑誌をご紹介されています。
 近くまで来られた際はぜひ、ご覧ください。

開催期間:2021 年 10 月 20 日(水)〜2021 年 10 月 29 日(金)
開催時間:11:00〜19:00
開催会場:Have a Nice TOKYO!
※開催期間中、無休
※入場料無料

Hp:https://haveanice.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/haveanicetokyo/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/haveanicetokyo

posted by 坂本竜男 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

Instagram、無事に復活

 個人で使っているInstagramのアカウントが今日無事に復活した。
 対策は3日間何もせずにほったらかすだけ。アカウントを頻繁に切り替えたり、「いいね」を連続でたくさん押しすぎたりすると、不正アクセスとして間違って認識されることがあるようだ。
 不正でもなんでもないから、もう少しなんとかならないものかとは思うのだが、今後は気をつけた方がよさそう。だって、3日も発信が止まるのはねぇ?
posted by 坂本竜男 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

サッポロ 冬物語2021

21.10.222.jpg

 至福のコクの次は、これまたサッポロ限定醸造。先週から一気に寒くなったのに合わせるように登場したサッポロ 冬物語。30年以上続くロングセラーだ。
 冬物語をはじめサッポロの冬限定ビールは、やわらかでクリーミーな味わいが特徴。コクも豊かだが、それを前面に打ち出す感じではなく、軽やかな印象。こちらも美味い。
 やっと秋かと思いきや、季節もビールももう冬かぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

サッポロ 至福のコク2021

21.10.221.jpg

 今日の晩酌は、サッポロ 至福のコク。秋が深まるとファミリーマートのみで限定販売されるビールだ。
 サッポロファンの中では秋の定番の一つになっているこのビール。今年の出来も良い感じだ。名前の通り深いコクと味わいが特徴的。わずかに苦味と渋み(?)のようなもがあって、それが旨みを引き立てている。サッポロ贔屓としてはこれを飲まないと本当の秋は来ないのだ。
posted by 坂本竜男 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

ソニー、「α7 IV」海外発表

my_1019sony01.jpg

 昨日、ソニーはフルサイズミラーレス「α7 IV」を海外発表した。
 3300万画素の裏面照射型CMOSセンサー「ExmorR」。映像エンジンはフラグシップモデル「α1」に搭載されている最新の「BIONZ XR」を採用する。本体価格は約2500ドルの予定とのこと。
 ソニーの新しいα7シリーズの発表は、単なる新製品発表とは意味が違う。α7シリーズはフルサイズミラーレスのベーシックグレードであり、このクラスのベンチマーク的存在であること。キヤノンを除く多くのメーカーはソニー製センサーを採用しており、今回のα7 IVが新しいセンサーを採用しているということ。つまり、フルサイズミラーレスの新しい基軸を打ち出していることを意味するのだ。
 となると、来年以降はニコンやルミックスなども新型フルサイズにこのセンサーを搭載してくる可能性が高いとも言える。ミラーレスを使う全てのユーザーにとって、たとえソニーを使わなくてもソニーは無視できない存在なのだ。
 僕自身はソニーのカメラはどうも使い勝手などがしっくりこないので、いずれ登場するであろうルミックスの新製品の方を選ぶだろう。でも、正直なところ、僕にとってはフルサイズはややオーバースペック。今のままのスペックでも実用上ほぼ問題はないんだよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年10月21日

鳥栖のロゴデザイン

 依頼を受けたわけではないが、勝手に地元「鳥栖」のロゴを作ってみた。

Tosulogo_basic.jpg
まず、基本形。

Tosulogo_reverse.jpg
裏返すと「とす」の文字が隠れている(ちょっと強引)。

Tosulogo_pattern1.jpg

Tosulogo_pattern2.jpg
連続させると模様になる。この模様のためのロゴデザインでもある。

 まだ荒削りなので細かい部分は調整する必要はあるけど、大枠ができた段階で投稿したのは早めにアピールする意味もある。地元で使ってもらえたら嬉しいなぁ(さすがに無料で、というわけにはいかないけど)。
posted by 坂本竜男 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

八女福島白壁ギャラリーの手ぬぐい

21.10.211.jpg

 八女市で開催され、僕自身も深く関わらせていただいた「八女福島白壁ギャラリー」。そのときにデザインさせていただいたオリジナル手ぬぐいは、僕が今まで手掛けさせていただいた仕事の中でもお気に入りの一つだ。実はこの手ぬぐいを改めて見ていて、またこんな仕事をさせていただきたいなぁと強く感じている。
 というわけで、依頼を受けているわけではないが、地域の「模様になるロゴデザイン」を勝手に制作を始めた。地元はもちろん、縁がある地域、思い入れがある地域の「模様になるロゴデザイン」を作って、いろいろな形にしていく予定。具体的になったら、このブログを始め、各SNSで発表します。
posted by 坂本竜男 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2021年10月20日

今日から一日一食生活

 今日から、一日一食生活に挑戦することにした(なった?)。
 一日一食といっても、厳密な一日一食生活ではない。普通なら一日に三回摂るしっかりとした食事を一回にしようということなのだ。
 メインの食事が一食になる代わりに、軽食まではないちょっとした食事を合間合間に少しだけ摂る。例えば朝はナッツ類とヨーグルト、コーヒーあるいは野菜ジュース、のような感じだ。
 で、メインの食事はいつに摂るのか?今のところ、早めの夕方に摂るようにしていく予定。具体的には4時くらいだ。
 一日一食生活をやってみようと思ったのは、妻の提案でもあるのだが、実践して体調が良くなった知り合いの方の勧めによるものだ。そして、僕自身、今年は身体がやや重く、体重もやや重めで推移しているのだ。
 というわけで、このチャレンジは始まっているのだが、このブログを書いている午前11時時点で実は結構お腹が減っている。こりゃ、早く慣れないといけないね〜。
posted by 坂本竜男 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月19日

新型MacBook Pro 14/16が登場!


2021-10-19mack00-1-w1280.jpg

macbook-pro-key-features-camera-202110_GEO_JP.jpg

 Appleが、ついに新型MacBook Pro 14/16を発表した。
 安価でありながら高性能のM1プロセッサーが、さらにM1 Pro、M1 Maxへバージョンアップ。さらに高性能化している。そして、M1 Macとして初のMacBook Proで散々指摘された拡張性のなさも解決。SSDもメモリも拡張性が上がるだけでなく、USB-Cポートの増設、さらにMagSafe 3、HDMI、SDXCカードスロットも増設され、USBハブも必要なくなった。ディスプレイはLiquid Retina XDRディスプレイを搭載。より高画質・高性能になった。
 価格は14インチモデルが23万9800円から。16インチモデルが29万9800円から。僕が買ったM1 MacBook Airは、メモリ16GB、SSDを1TBに増設して186,780円。スペックを考えると意外に安いかも。僕は今のところM1 MacBook Airで問題ないが、将来このMacBook Proを導入するのは良い選択になるだろう。
 以前はデスクトップ型がいいと思い込んでいたけど、今や別に大型モニターがあるのなら、ノート一択だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

いま、フルサイズを考えるなら

 マイクロフォーサーズには、個人的には機動性や金銭的な部分はもちろん画質に関してもメリットがあり、マウント移行は大正解だったと思っている。
 とはいえ、ダイナミックレンジやボケ量、暗所での撮影など、フルサイズの方が明らかに優ったいる部分があるのは明らかだ。やはり、少し前まではフルサイズを使っていたこともあり、こんなときにセンサーサイズがもっと大きければ…と思うシーンはなくはない。だが、今やフルサイズのカメラは以前よりかなり高額になってしまった。そして、レンズはより高画質にはなったものの、軒並み大型化。価格も高額になってしまった。もはや手軽に手を出せるものでは無くなってしまったのだ。
 もちろん、比較的小型軽量で低価格なフルサイズもある。だが、それらはマイクロフォーサーズの上位モデルを使った後では不満を感じてしまう。シャッタスピードも1/4,000秒までしか対応してなかったり、ユーザーインターフェイスがイマイチだったり、ファインダーの質が良くなかったりと、場合によってはマイクロフォーサーズの中級機以下のレベルだったりするのだ。キヤノンEOS-RPも、シグマfpも、ソニーα7Cも、せっかくミラーレスらしいコンパクトさを持っているのに、いろいろ残念なのである。
 その中でシグマfpは、キヤノンやソニーとは一味違うので、その不便さを補うだけの魅力があるのは事実。しかも、Iシリーズレンズや28-70mm F2.8 DG DN | Contemporaryなど、小型軽量で性能が良い純正レンズが増えているのも良い。(ちなみに、これらはEマウントもあるので、ソニーのコンパクトなボディとも相性が良さそうだ。)
 だが、シグマfpは魅力的だけどやっぱり実用性では少し微妙。ソニーは何度扱っても個人的にはしっくりこない。僕との相性が良くないのだろう。キヤノンは使い慣れているから使い勝手はいいのだが、スペックを見る限り明らかに手を抜いている部分がある(これはソニーもだが)。これは下位モデルだから仕方がないのかもしれないが、ちゃんとしているメーカーもあるので使いたいという気持ちになれない。
 そうなると、ベストはルミックスなのかなぁという気はする。ユーザーインターフェイスは個人的には一番。Lマウントレンズもシグマの存在が期待感を煽る。
 ではどのカメラが良いか?DC-S1はスペックも使い勝手も問題ないが、1kgオーバーと重く大きい。それにまぁまぁ高額だ。

DC-S5.jpeg

 となると、現実的にはDC-S5だろう。シャッタースピードなどは気になるが、実際に使ってみたら、やはり一番と言っていいくらい僕には使いやすい。それに、G9 PROと大差ない大きさと重さなので、そういう意味でも導入はしやすそうだ。仮にフルサイズミラーレスを導入するのなら、最有力候補だろう。
 ちなみにDC-S5の価格はボディのみで22万円くらい。レンズキットで25万円ほど。決して高くはないのだが、G9 PROの性能と価格を考えると…………やっぱり、僕が導入するには高いかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

シン・ウルトラマンについて

640.jpg

 庵野秀明監督が企画・脚本を務めることでも話題になっている「シン・ウルトラマン」。本来なら今年の初夏公開予定だったのだが、残念ながらコロナの影響もあり公開は遅れている状況だ。実は、この「シン・ウルトラマン」、個人的には密かに、しかしとても楽しみにしているのである。
 楽しみにしている理由は、世代的なものも大きいが、実は一番感心しているのはウルトラマンの造形。この造形が、成田亨のオリジナルに極めて忠実なのだ。
 ウルトラマンの象徴的なカラータイマーもないし、着ぐるみのために必要だった背鰭や黒目もない。完全にCGで作られるからこそ、成田亨デザインの再現が可能になったのだろう。
 他にも細かな部分で成田亨デザインは忠実に再現されている。これは、成田亨への大いなる敬意の表れでもある。つまり、作品に対する思い入れや力の入れ方が想像できるというものだ。成田亨ファンとしては、これは期待せずにはいられないではないか。
 というわけで、「シン・ウルトラマン」は密かに心待ちしているのである。今のところ、公式サイトでは新着情報も止まっっている。この様子だと来年なのかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐竜・怪獣・妖怪

2021年10月18日

可変式NDフィルターってどうなのだろう?

 可変式NDフィルターはあまりおススメではない。これを信じてきた僕だが、決して高価ではない製品の中に使えるモノがあるらしい。

4_000000001635.jpg

 それは、K&F Concept NANO-X バリアブル (可変式)NDフィルター。減光範囲 ND2-ND400だから、調整できる光量の幅が広い。しかも、一部のプロカメラマンも使っているらしい。これはいいかも。
 僕がまず使うんだったら、使っている標準ズームと同じ62mmだろう。実売5,000円ほどで数枚分のNDフィルターが買えると考えれば格安だ。試しに買ってみてもよさそう。僕が今後力を入れていきたい撮影では大活躍してくれそうだ。
 ただ、一番NDフィルターを使いたいのは超広角。しかし、オリンパス7-14mm F2.8 PROは出目金レンズだから使えない。となると、やはりLAOWAか?キリがないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2021年10月17日

マウリーノカフェのパスタランチ(オイルパスタ)

 今日は、久しぶりに鳥栖のマウリーノカフェさんでランチ。注文したのはパスタランチ。パスタはオイルパスタを選んだ。

21.10.171.jpg

21.10.172.jpg

21.10.173.jpg

 さすが、前菜からどれもしっかり美味しい。お店の名前はオリーブの名称からきているだけあって、使われているオリーブオイルが最高だ。それがしっかり楽しめるオイルパスタは絶品。香り豊かで味わいが深く、しかし不思議なさわやかさがある。後味もまた良い。余韻がいいのだ。そして、デザートも抜かりはない。最後まで美味しい。地元のイタリアンではピカイチだね。
posted by 坂本竜男 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

ハイレゾモードを忘れていた

 今更だが、G9 PROにはハイレゾモードがあることを忘れていた。
 ハイレゾモードは、センサーをシフトさせながら計8回の連続自動撮影を行い、カメラ内で自動合成処理を行うことにより、約8000万画素相当の高解像画像を生成する撮影モード。ハイレゾモードだと、画素数は一気に4倍の8,000万画素になる。基本的には撮影は三脚必須とはいえ、その画質は極めて解像度が高くフルサイズ高画素機に匹敵する。つまり、画素数や解像度で 上位フォーメットを気にする必要はなかったのだ。ただし、三脚が使える撮影だけだが。
 というわけでこの秋、G9 PROのハイレゾモードによる撮影ツアーをすることを決定。今はどこへ行くか検討中だ。
 ただ、G9 PROのハイレゾモードについて調べていると、パナライカでもズームレンズよりは単焦点レンズの方が高画質という事実が露骨に出るらしい。ハイレゾモードでは広角〜超広角レンズを使いたいところだが、僕はオリンパス7-14mm F2.8 PROしか持っていない。このレンズでも問題はないと思うが、マニュアルフォーカスだが高解像度で知られるLAOWAのレンズを検討した方が良いかな?
posted by 坂本竜男 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

都道府県魅力度ランキングについて

 この時期、毎年発表される都道府県魅力度ランキング。下位に沈んだ某県の知事がメディアで少々毒づいたりもしている。この結果を真に受けてのことだと思うが、これは本当の魅力度のランキングではないのは明らか。ただ認知度の高さを表しているだけなので、そんなに目くじらを立てるほどのものではない。とはいえ、いい気持ちがしないのはよくわかる。
 京都・北海道・沖縄など上位は観光でも有名なところばかり。認知度がとくに高いところだ。一方、下位は認知度が低いだけの話。むしろポテンシャルが高いとも言える。むしろ、そこに注目すると面白いだろうと思う。
 ちなみに我が佐賀県は下から二番目の46位。もちろん、県の魅力は山ほどある。しかし、順位は46位。同じ九州でも群を抜いて順位が低いのだ。
 しかしこれは、おいしいポジションと言えなくもない。それだけ一般的には知られていないということなのだ。僕は、そこにチャンスがあるように思うわずにはいられない。だって、魅力がないと思われている県から、魅力的なものがたくさん発信された方がインパクトがあって面白いよね?
posted by 坂本竜男 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月16日

Instagramがログインできない

 昨夜からInstagramの個人アカウントにログインできなくなってしまった。「アプリ上で情報を確認してからアカウントに戻ってください」と表記が出てしまう。僕はスマホではなく、PCからしかInstagramはしない。これは困った。
 いつもはfacebookのアカウントからログインしているので、facebookのパスワードを変更してログインを試みるが、結果は同じ。「アカウントに不審なアクティビティ」があったので、「アプリ上で情報を確認してからアカウントに戻ってください」と同じ流れに。
 調べてみると、同じケースで数日時間をおいてログインしたら大丈夫だったということがあるらしい。どうも、Instagram上で他のサイトに移動したり、「いいね」を多数の投稿に連発したり、アカウントをこまめに切り替えてたりすると、「アカウントに不審なアクティビティ」があったと判断されることがあるらしい。
 というわけで、しばらく個人アカウントでのInstagramの投稿はお休み。事務所アカウントのみで発信をすることにしよう。
posted by 坂本竜男 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月15日

サントリー プレミアムモルツ ダイヤモンドホップの恵み

21.10.152.jpg

 今日の晩酌は、サントリー プレミアムモルツ ダイヤモンドホップの恵み。この時期の限定醸造ビール。
 希少なダイヤモンドホップを使っているだけあって、爽やかで香り豊か。程よいコクと瑞々しさが特徴的。ノーマルのプレモルも良いが、こちらも美味い。というか、こちらの方が好みだ。
 残念なのは限定醸造ということ。すでに店頭でもあまり見かけなくなりつつある。秋は美味い限定醸造ビールが各社から出てるから、逃さないようにしないとね!
posted by 坂本竜男 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

こらからの「正義」の話をしよう

21.10.151.jpg

 ちょっと前に話題になった本だが、最近改めてあるTV番組で紹介されていたので手に取ってみた。
 「正義」とは、ある意味とても危険な言葉だ。この本を読んでも「正義」が何かとは書かれていない。人によって異なるし、状況によっても視点によっても異なってくる。やっかいなのは、そのそれぞれ違う「正義」を掲げる側は正しいと信じて疑わないことだ。だから戦争もなくならない。
 こんな世の中だからこそ、改めて「正義」について考えるのは良いことだ。そのことを教えてくれる本だと思う。
posted by 坂本竜男 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2021年10月14日

辺境・近境 写真篇

21.10.141.jpg

 村上春樹の「辺境・近境」を、松村映三が写真という角度で見せてくれる一冊。まさに最近、僕のテーマになっている「旅と写真(とデザイン)」にぴったりな本だ。
 だが、またしても本家(村上春樹の「辺境・近境」)を読む前に読んでしまうという暴挙(?)でもまぁ、これは僕の場合は仕方がないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2021年10月13日

久しぶりに篠山神社へ参拝

21.10.131.jpg

 久しぶりに、久留米の篠山神社へ参拝。あだち珈琲さんへコーヒー豆を買いに行った帰りに立ち寄る。

21.10.132.jpg

21.10.133.jpg

 本殿・拝殿は改修中。逆に今しか見れない光景とも言える。

21.10.134.jpg

 篠山神社は、もともとは久留米城。いつ来ても立派な城壁が印象的。僕にとっては身近な神社であり城跡でもあるけど、よく考えたらこんな場所は極めて珍しいのではないだろうか。僕たちは、もっとそのことを自覚すべきかもしれないね。
posted by 坂本竜男 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ