2021年10月17日

マウリーノカフェのパスタランチ(オイルパスタ)

 今日は、久しぶりに鳥栖のマウリーノカフェさんでランチ。注文したのはパスタランチ。パスタはオイルパスタを選んだ。

21.10.171.jpg

21.10.172.jpg

21.10.173.jpg

 さすが、前菜からどれもしっかり美味しい。お店の名前はオリーブの名称からきているだけあって、使われているオリーブオイルが最高だ。それがしっかり楽しめるオイルパスタは絶品。香り豊かで味わいが深く、しかし不思議なさわやかさがある。後味もまた良い。余韻がいいのだ。そして、デザートも抜かりはない。最後まで美味しい。地元のイタリアンではピカイチだね。
posted by 坂本竜男 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

ハイレゾモードを忘れていた

 今更だが、G9 PROにはハイレゾモードがあることを忘れていた。
 ハイレゾモードは、センサーをシフトさせながら計8回の連続自動撮影を行い、カメラ内で自動合成処理を行うことにより、約8000万画素相当の高解像画像を生成する撮影モード。ハイレゾモードだと、画素数は一気に4倍の8,000万画素になる。基本的には撮影は三脚必須とはいえ、その画質は極めて解像度が高くフルサイズ高画素機に匹敵する。つまり、画素数や解像度で 上位フォーメットを気にする必要はなかったのだ。ただし、三脚が使える撮影だけだが。
 というわけでこの秋、G9 PROのハイレゾモードによる撮影ツアーをすることを決定。今はどこへ行くか検討中だ。
 ただ、G9 PROのハイレゾモードについて調べていると、パナライカでもズームレンズよりは単焦点レンズの方が高画質という事実が露骨に出るらしい。ハイレゾモードでは広角〜超広角レンズを使いたいところだが、僕はオリンパス7-14mm F2.8 PROしか持っていない。このレンズでも問題はないと思うが、マニュアルフォーカスだが高解像度で知られるLAOWAのレンズを検討した方が良いかな?
posted by 坂本竜男 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

都道府県魅力度ランキングについて

 この時期、毎年発表される都道府県魅力度ランキング。下位に沈んだ某県の知事がメディアで少々毒づいたりもしている。この結果を真に受けてのことだと思うが、これは本当の魅力度のランキングではないのは明らか。ただ認知度の高さを表しているだけなので、そんなに目くじらを立てるほどのものではない。とはいえ、いい気持ちがしないのはよくわかる。
 京都・北海道・沖縄など上位は観光でも有名なところばかり。認知度がとくに高いところだ。一方、下位は認知度が低いだけの話。むしろポテンシャルが高いとも言える。むしろ、そこに注目すると面白いだろうと思う。
 ちなみに我が佐賀県は下から二番目の46位。もちろん、県の魅力は山ほどある。しかし、順位は46位。同じ九州でも群を抜いて順位が低いのだ。
 しかしこれは、おいしいポジションと言えなくもない。それだけ一般的には知られていないということなのだ。僕は、そこにチャンスがあるように思うわずにはいられない。だって、魅力がないと思われている県から、魅力的なものがたくさん発信された方がインパクトがあって面白いよね?
posted by 坂本竜男 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ