2022年04月22日

大中臣神社 福童の将軍藤

 今日は仕事の後、小郡市の大中臣神社の境内にある福童の将軍藤を見に行った。近場の藤の名所の一つで、樹齢650年と推定される大藤だ。

22.4.223.jpg

22.4.224.jpg

22.4.225.jpg

22.4.226.jpg

22.4.227.jpg

22.4.228.jpg

22.4.229.jpg

22.4.2210.jpg

22.4.2211.jpg

22.4.2212.jpg

 藤は満開で、いい香りに包まれていた。ここも真木の大藤のように、低めに咲いているので藤の花との距離が近い。フジの花の長さはほどほどだが、密度感がしっかりあって見事だ。この藤の花の密度感はなかなかのもの。行ったのは夕方だったから少し暗くなってしまっていたが、昼間はもっと華やかでさらに見応えがあるに違いない。明日か明後日までにはもう一度見ておきたいね。
posted by 坂本竜男 at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

勢いある緑

22.4.221.jpg

22.4.222.jpg

 日に日に緑が勢いを増している。鮮やかというか、生命感に溢れているというか。
 このエネルギー感は、春のものというよりも夏のものに近い。まだ4月ではあるが、夏はすぐそこまで来ているということだね。
posted by 坂本竜男 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

杉原さんのPHOTO BOOK

 柳川のキモノプロデューサー杉原督雄さんのPHOTO BOOKを手掛けさせていただいた。
 杉原さんのPHOTO BOOKは、宣伝ともパンフレットともカタログとも違うもの。今回で3冊目になる。唯一無二の上質な着物とそのプロデュース、余白が生きた展示場や庭を紙媒体でどう表現するか。僕にとっても刺激的で挑戦的な仕事である。

P4220001.jpg

P4220002.jpg

P4220003.jpg

P4220004.jpg

P4220005.jpg

 この3冊目は、今まで以上に杉原さんの独自性が表れた本になっている。自分でも納得がいく仕上がりにはなったと思っているが、この本で見るより実物は何倍も素晴らしい。ここに紙媒体の限界を感じるが、それで良いと思っている。だって、本物を見ていただくための本なのだから。
 この本は杉原さんの素晴らしい感性が詰まった一冊だが、本を見ただけで終わらず、ぜひ展示場に足を運んでいただけたらと思う。
posted by 坂本竜男 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
Powered by さくらのブログ