2022年05月03日

SOHAPIのオフィスチェア

 Hbadaのオフィスチェアは見た目は悪くないし、価格も安くて良い。だが、Amazonのレビューを見る限り、1年くらい使うと座面がヘタる、イスが折れて壊れた、などの投稿をちょこちょこ見かける。それで購入寸前までいったけど、一旦保留。ほかにも気になる製品はいろいろあるが、いずれも不良品が届いたという投稿や、座面の薄さなどの指摘が一定数あり、購入するにはリスクがある感じだ。
 そんな中、決定的に悪いレビューがない、同価格帯のチェアを見つけた。

sohapi.jpg

 SOHAPIのオフィスチェア。これも中国メーカーのようだ。
 リクライニングの角度は控えめだが、僕にとっては問題のない範囲。アームレストは跳ね上げ式で、使わない時は邪魔にならない。座り心地はわからないが、レビューで致命的なものがなく、概ね高評価。デザインは白と黒の2色を基調としたもので、僕の部屋にも合う。それに、取説がわかりやすいなどの投稿も、メーカーの姿勢が垣間見得て好印象。今のところ、最有力候補だ。
 あとは耐久性だけが心配だが、この価格帯の製品に高望みをするべきではないのかもね。
posted by 坂本竜男 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

Hbadaのオフィスチェアが気になる

 ワークチェア選びは悩ましい。ずっと使うものだし、デスクワークの人間にとって重要なものでもあるから、ケチらない方が良いという考え方はおそらく間違っていない。しかし、個人的には必要以上に高いものを買わなくても良いと思っている。もっといえば、1万円以内で意外に良いものがあるような気がしているのだ。
 僕がワークチェアに求めるものは、高さの調整ができ、ロッキング機能があり、座面がある程度分厚いもの。そして、背もたれはメッシュ。アームレストはなくても良いが、ある場合は邪魔にならないように動かせること。できればあまり大きくないこと(スペースをとらないこと)。このくらいの条件なら1万円以内でもいろいろあるはずだ。その中でデザインが気に入ったものが候補になる。


Hbada.jpg


 で、良さそうだと思ったのが、Hbadaのオフィスチェア。さっきの条件は全て満たす。価格は実売9,000円ほど。
 Hbadaは中国のメーカーで、日本では店頭での販売はしていないらしい。実物を確認して購入することはできないが、田舎住まいだと他の多くのメーカーでも似たようなものだ。
 気になるのは信頼性と耐久性。Amazonでは結構売れている製品のようでレビューも多い。だが、サクラレビューも多いらしいし、不具合や不良品が送られてきたというコメントも多い。この辺りをどう解釈するかは難しいところだ。当たり外れは中国メーカーに関わらず少なからずある。ただ、ハズレに当たる確率が少し高いのだろう。うまくハマれば大当たりの可能性もある。
 中国製品に対し未だにに根強い偏見などはあるが、中国メーカーの良品が身の回りに増えている身としては、買ってみても良いかな〜という気持ちにはなってきている。さて、どうしたものかねぇ〜。
posted by 坂本竜男 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具
Powered by さくらのブログ