2022年05月24日

ビールは泡が大事

22.5.243.jpg

 アサヒ スーパードライは他のビールと比べると特に好きなビールとは言えないのだが、それでも生ジョッキ缶だけは買ってしまう。つまり、ビールは泡が大事。泡で美味しさが大きく変わることを、生ジョッキ缶は証明している。
 他のビールでも、この缶で飲んでみたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

キヤノン、R7とR10を正式発表

EOS-R7-front-1.jpg

EOS-R10-front.jpg

 キヤノンがRFマウントのAPS-C機、R7とR10を正式発表した。
 公式サイトによると、R7に関しては7D mark IIの後継と考えると十分なスペック。連写性能は最高レベルだし、AFも良さそう。スポーツや動物など動体撮影で力を発揮しそう。ただ、EVFや液晶モニターのスペックは噂通りでちょっと見劣りがする。これは残念。
 R7は当然だと思うが、驚くことにR10も防塵防滴を謳っているのも見逃せない。また、キヤノンのオンラインショップではR7の価格はボディのみで20万円弱。R10は13万円弱。R7の価格は十分競争力があるように思える。
 ちなみに、この2モデルはG9 PROよりも小型軽量だ。RF-Sレンズが充実すれば、マイクロフォーサーズはいよいよ危なくなるかも。ただ、キヤノンはやはりフルサイズ推しのはずなので、案外いい具合に住み分けはできるのかな?
posted by 坂本竜男 at 13:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 撮影機材

APS-CのRFマウント、いよいよ登場?

EOS-R7-2.jpeg

EOS-R10-3.jpeg

 キヤノンRFマウントに、以前から噂されていたAPS-Cモデルが登場しそうだ。
 APS-CのトップモデルであるR7は、7D mark IIの実質的な後継だと思われる。R10はRF版Kissといったところだろうか?それとも9000系?
 これにともない、R10と組み合わされると思われるRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMや、RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMも登場する模様。いずれも軽量コンパクトなモデルで、機動性の高いシステムが組めそうだ。
 これで、ますますEF-Mマウントは消滅しそうな感じになってきた。ただ、RF-Sレンズはスペック的には物足りないのも事実。R10はともかく、スポーツなど動体の撮影でプロが使うと思われるR7には、これに見合うAPS-Cに特化した高性能レンズが欲しいところだ。
 でも、キヤノンはフルサイズ重視で行き続けるのだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ