2022年05月27日

北斎 日新除魔図の世界

22.5.2710.jpg

 美術館や博物館の展示を観に行って、基本的には図録は買うようにしているのだが、今回の「特別展 北斎」の図録はとくに充実したものだった。
 嬉しいのは、日新除魔図の世界とタイトルにあるように、日新除魔図を大きく詳しく取り上げていること。会場ではどうしても人が多いので、一点一点じっくり時間をかけて見ることが難しい。そこで(撮影OKなので)写真を撮るわけだが、これもちょっと落ち着かないし、撮ることに集中してしまいがちでもったいない。
 この図録で全作品をじっくり楽しめるのは本当にありがたいし、装丁も良いので眺めているだけで嬉しくなってしまう。買ってよかったなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 15:18| Comment(4) | TrackBack(0) | アート

「日新除魔図」にやられる

 今回の北斎展は改めて驚かされることばかりだったが、その中でも個人的に「やられた」のは「日新除魔図」だった。
 なんと、全作品が初公開な上に、全て撮影OK(!!!!!)なのだ。

22.5.274.jpg

22.5.275.jpg

22.5.276.jpg

22.5.277.jpg

22.5.278.jpg

 「日新除魔図」は、北斎が83歳を迎えた天保13年(1842)から翌14年にかけて、「日新たに魔を除く」ことを願い、ほぼ毎朝、獅子や獅子にゆかりのある人物などを日課として描いたもの。
 この作品は注文に応じて描かれたものではなく、北斎本人が厄除けのために描いたもので、他の作品とは性質が大きく異なる。だからこそ、北斎の本質的なものが見え隠れしているようにも思える。これを観ていると、北斎の根底にある技術や才能といった言葉を大きく超えた、大きさや凄まじさを感じてしまう。
 でも、それと同時にエネルギーをもらえたのも事実。観ていると、その画力の凄さや画としての素晴らしさを感じるだけでなく、体の奥底からフツフツと力が湧き出すような感覚があった。これはどうも、厄除け以上の効果もあるらしい。撮った写真はパネルにして飾っておいてもいいかもね。
posted by 坂本竜男 at 15:02| Comment(4) | TrackBack(0) | アート

特別展「北斎」

22.5.271.jpg

 今日は、朝から九州国立博物館。

22.5.272.jpg

22.5.273.jpg

 目当てはもちろん、特別展「北斎」。九州での大規模な北斎の展示は久しぶりだ。
 今回は初公開の作品も多く、従来の展示でメインになることが多かった富嶽三十六景などの浮世絵・版画はやや少なめ。代わりに、九州初公開の「東町祭屋台天井絵」や初公開の「日新除魔図」をはじめとする見応えのある素晴らしい充実した展示の数々。北斎の素晴らしさと凄さを改めて体感すると同時に、大いにエネルギーをもらった展示だった。
 平日の午前中にも関わらず人出は多かったが、これからもっと日が多くなりそう。でも、できればもう一度観に行きたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
Powered by さくらのブログ