2022年06月01日

シグマ、16-28mm F2.8 DG DN|Contemporaryを正式発表

206L.jpg

 シグマが超広角ズーム、16-28mm F2.8 DG DN|Contemporaryを正式発表した。
 全長10cm、重量450gと小型軽量でありながら、インナーズームと使いやすい設計。しかもフィルターの装着も可能。価格は140,800円と、純正よりもはるかに安い。28-70mm F2.8 DG DN|Contemporaryと合わせて所有したいレンズだ。
 フルサイズミラーレスは、ボディこそ小型されてきたが、高性能レンズの多くは大きく重く高額になった。とくに各社の大三元レンズは軒並み30万円クラス。しかも一部を除いて大きく重く高額になった。
 そんな中、シグマは性能をキープしながら大口径レンズの小型化も進めており、個人的にも無視できない存在になっている。マイクロフォーサーズをメインに据える気持ちに変わりはないが、スーパーサブは何にするか、とても悩ましい状況が続きそうだ。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

富士フイルム、X-H2Sを正式発表

X-H2S-front.jpg

 富士フイルムが、Xシリーズの新しいフラッグシップモデルとなるX-H2Sを正式発表した。
 APS-Cミラーレスとしては初となる積層型CMOSセンサーを搭載しており、スペックはAPS-Cミラーレスでは最高レベル。APS-Cとしてはやや大柄だが、それでも前モデルのX-H1よりはやや小さくなっており、実用では問題はなさそう。大いに気になるモデルだ。
 富士フイルムにはAPS-C専用レンズが豊富にあるが、まだ設計が古いモデルもそれなりにあるので、それらが全て一新されたときは大きなアドバンテージになるだろう。しかも、シグマ、タムロンのXマウント対応は追い風になっているはずだ。
 個人的には、この後に登場すると噂されているX-H2がどのくらいの価格で登場するか気になる。おそらく積層型CMOSセンサーではないが、4,000万画素と高画素モデルになるといわれている。静止画オンリーで動体をあまり撮らない僕としては気になるところだ。
 でも、スペックとしてはX-T4やX-T3でも十分なので、スーパーサブとして買い足すのもあり。X-H2Sの登場で安くならないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ