2022年06月07日

M2チップを搭載したMacBook Airが来月登場!

mba_2x.jpg

 新しいM2チップを搭載したMacBook Airが、来月に登場する。
 このM2チップはM1チップの1.4倍の処理スピードを誇る。個人的にはM1チップでも十分な性能だから、買い換えることはないが、多くの人にとってはAirで十分という世の中になってしまった気がする。それ以上を必要とするのは、動画や3D、高解像度な画像を大量に扱うクリエイターくらいなものだろう。
 欲を言えば、もう少しメモリを積めるようにして欲しかったことと、Thunderbolt / USB 4ポートをもう一つ欲しかった。まぁ、当分は新マシンの導入は必要ないんだけれどね。
posted by 坂本竜男 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

和心料理はばきの海ぶどう

22.6.72.jpg

 昨夜は久しぶりのメンバーが集まり、和心料理はばきさんで会食。
 いつもながら、どの料理も美味しかったのだが、とくに印象的だったのが海ぶどう。今年は日本復帰50年ということもあって、改めて沖縄が注目されているが、海ぶどうはまさに沖縄を味わえる食材。この弾けるようなプチプチ感と、ほんのりとした程よい塩味がたまらない。当然、お酒も進む!かなりひさしぶりに食べたけど、やっぱい美味いですね。
posted by 坂本竜男 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

G9 PROの後継モデルは登場するのだろうか?

22.6.71.jpg

 いま、僕がメインで使っているカメラは、ルミックスG9 PRO(DC-G9)である。性能が近いオリンパスOM-D E-M1 mark IIもあるが、使い勝手や画作りが自分の方向性に合っているのは、やはりG9 PROの方。2018年の発表から4年以上経つが、未だに一級の性能を持っていると思う。
 と、そう言いながら、ミラーレスカメラはデジタルゆえに進化のスピードはやはり早い。他社のカメラの性能が追いつき、追い越していき始めると、センサーサイズの小ささゆえに、それまでの大きなアドバンテージを感じなくなってきた。マイクロフォーサーズとしてはかなり大柄なボディが、それに追い討ちをかけている。
 ゆえに、ユーザーとしては後継モデルが出てきて欲しいところだが、一向に噂すら出ない。そんな状況がしばらく続いていた。
 そして今年、ルミックス動画モデルのフラッグシップ、GH6が発表された。2500万画素の新センサーは大いに期待させるものだし、動画性能はかなり強化されてきた。一方、せっかくの新センサーなのに、静止画性能はほとんどアップしていない。これは、静止画もよかったGH5とは違い、完全に動画だけに特化してきたとも言える。
 ということは、静止画に特化したG9 PROの後継モデルが出てきてもおかしくないということになる。これはG9 PRO mk IIへの望みが出てきたと言えるのではないだろうか。
 mk IIが発表されるとすれば、おそらく最低でも半年は先だろう。スペックは2500万画素センサーを搭載し、AFもEVFも手ぶれ補正も強化してくるだろう。願わくば、動画性能はなくても良いので、もう少し小さく軽くして欲しい。あと、OM-1と同等の性能は欲しいところだ。
 G9 PROの後継が出るかどうかはわからない。だが、それに備えての貯金は始めたほうが良さそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ