2022年08月18日

最近の値上がりはツライね

 ちょこちょこ欲しい機材が出てきているのだが、軒並み価格アップ。OMDS製品と中華レンズの値上げは厳しいし、中古も当然高くなっている。コロナによる半導体不足の影響も大きいが、それに加えて円安が続いているのも大きい。こんなことなら、あのときに買っておけばよかった……そんな製品がゴロゴロある。
 こんな状況だから新しく機材を買うタイミングではないのだが、なぜか欲しくなる製品はそれとは関係なく現れる。それが必ずしも新製品ではないところが不思議というか、困ったものだというか…。
posted by 坂本竜男 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年08月17日

綾部八幡神社へ久しぶりに参拝

22.8.171.jpg

22.8.172.jpg

22.8.173.jpg

22.8.174.jpg

22.8.175.jpg

22.8.176.jpg

 今日は久しぶりに、みやき町にある綾部八幡神社へ参拝した。
 この神社は日本最古の気象台と呼ばれる歴史ある神社。日本最古の天気予報といわれる「旗上げ神事」「旗下ろし神事」では、旗の巻き具合で風雨の襲来や農産物の豊凶を占う(もちろん、今のこの神事は行われている)。
 日本も含めた世界的な異常気象が早くおさまって欲しいものだ。
posted by 坂本竜男 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2022年08月15日

六所神社のカゴノキ

22.8.151.jpg

22.8.156.jpg

22.8.157.jpg

22.8.158.jpg

 今日は朝から新宮町の六所神社へ撮影(&参拝)。
 目的医は、県の天然記念物に指定されているカゴノキ。六所神社のカゴノキは九州で3番目の大きさ。かなりの大木である。しかし、もともとはここまで大きくなる木ではないらしい。この特別な大きさと六所神社は、色々な意味で無関係ではなさそう。やはりパワースポットなのだろう(この表現はあまり好きではないけれど)。
 ちなみに、カゴノキとは「鹿子の木」と書く。幹が鹿の子の模様のように見えるため、そう呼ばれるのだそうだ。
posted by 坂本竜男 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2022年08月14日

今日も雨

22.8.141.jpg

 朝は十分に日が差していたので、今日はそんなに降らないだろうなぁと思っていたら、結局雨。しかも結構大降り。せっかくの盆休みなのに…と思っている人も多いはず。僕も今日は家でおとなしくしてます。
posted by 坂本竜男 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月13日

アルスオブ珈琲のカプチーノ

22.8.136.jpg

 食後は、締めにコーヒーが飲みたくなって、アルスオブ珈琲さんへ。カプチーノを注文した。
 いつもよく飲んでいる、あだち珈琲さんにも負けない美味しさ。香り豊かで味わい深く、コクとさわやかな後味がとても印象的。食を締め括るのにふさわしい美味しさだ。気軽に寄れるところにオープンされて、本当にありがたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

キリン 一番搾りPremium

22.8.132.jpg

 今日はキリンビアファームでランチ。お盆休み(午前中は仕事だったが)ということもあって、昼間から飲むことに。
 一杯目は一番搾りPremium。そういえば、今まで生で飲んだことなかったっけ。
 ビール工場で飲むビールが一番美味いのは当たり前なのだが、共通しているな〜と感じるのは「かろやかさ」。それぞれのビールの良さ・個性がより活きるだけではなく、飲み口がかろやかなのだ。味わい深くてコクがあっても、決して重くない。ずっと美味しくいただける。
 一番搾りPremiumも、ノーマルの一番搾りとは一味違う旨味や上質さを感じるのだが、それがくどくなることも重くなることもなく、とてもかろやかに駆け抜ける。それがなんとも心地よいのだ。
 普段あまり口にしない銘柄だけど、Premiumを飲めるお店が近場にはないよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

せっかくのお盆休みなのに

22.8.131.jpg

 せっかくのお盆休みなのに、ウチの近辺はすごい雨。
 確かに予報は雨だけど…。やっぱ、山の麓だからかねぇ。
posted by 坂本竜男 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2022年08月11日

そうか、今日は祝日だったか

 朝からちょっと様子が違うと思っていたら、今日は祝日だったか。ただでさえ曜日の感覚が薄いのに、最近できたばかりの祝日は僕の中には全く浸透してないようだ。
 そして、今日から盆休みに入る会社もチラホラ。う〜ん、これも僕にはあまり関係ない話。今年はコロナ感染者の増加もあるので里帰りはしないし、仕事の予定もしっかり入っている。まぁ、これに関してはとてもありがたい話なんだけどね。
posted by 坂本竜男 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

飛んでいるチョウトンボに挑戦

22.8.111.jpg

 五万ヶ池で、飛んでいるチョウトンボに挑戦。見事に惨敗。上の写真はかろうじて撮れた一枚。
 やはり動体の撮影は難しい。被写体が小さいと尚更。もともとこの手の被写体は撮らない前提で機材を選んでいるから、無理に小さな動体に挑戦するものではないね。
posted by 坂本竜男 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

最近のルーティン?

22.8.112.jpg

 今週の日曜日に引き続き、今日も鎮西山へ登ってきた。実は先週の日曜日も登っているから、最近の休日のルーティンになりつつある。
 デスクワークが多いので、どうしても運動不足にはなりがち。それでなるべく歩くように心がけてはいるのだが、連日の暑さでそれもままならない。だからこそ、たまの軽めの登山は体を動かすのにちょうど良いのだ。
 鎮西山登山は30分弱で頂上まで登れるし、適度に日陰もあるから負担は少ない。何より、比較的近所であることが良い。
 登山の後は身体もスッキリして心地よい。やっぱり身体は適度に動かさなければダメなんだと思う。この調子でルーティンとして定着させたいね。
posted by 坂本竜男 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月10日

サッポロファイブスター

22.8.101.jpg

 今日の晩酌は、サッポロファイブスター。この夏限定醸造のビールだ。
 程よい苦味とコク、そしてキレの良さと喉越しの良さが印象的。アサヒスーパードライにさらなるコクと苦味が加わったような感じだ。最近のサッポロとはいい意味で違う印象。これはこれでアリだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

最良の選択

 仮に、一番最初に最良の選択を行なっていたとしても、そのことを自覚しているケースはごく稀だ。普通は良い悪い含めて色々な選択を繰り返しながら、どの選択が良くてどの選択が悪かったのかを学んでいく。しかし、最初にベストの選択を行えた場合、それがベストなのかどうかは、比較対象となる経験が自分の中にないので、本当にベストであるという確信が持てないのだ。
 そういう意味では、その時の自分に一番合う選択をしていくのがベストなのだろう。自分自身が変わる(スキルアップなど)度に、選択を変えていく。そうすれば、確実に経験値を積みながらステップアップできる。
 でも、背伸びをしたいときはままあるし、その逆もまたある。選択とは本当に悩ましい。
posted by 坂本竜男 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2022年08月09日

お盆前だから

 お盆が近づいてきたせいもあって、その影響が仕事にも表れ始めた。
 駆け込み的な仕事がチラホラ。そして、お願いしている業者さんのスケジュールも混みだした。いつも以上に前倒しが大事になってきた感じだ。
 しかし、今まではお盆前でもそこまでなかったのだが…。実は色々なところで変化が起こっているのかな?
posted by 坂本竜男 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2022年08月08日

今日の月

22.8.81.jpg

 今日の夕方の月。OLYMPUS 75-300mm+G9 PRO。もちろん、トリミングなしで手持ち撮影。これが余裕でできるのがマイクロフォーサーズの強みの一つ。
posted by 坂本竜男 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

マイクロフォーサーズ一本で行きたいが…

 フルサイズからマイクロフォーサーズに完全に移行してしばらく経つ。結論を言うと、基本的には大正解だったと言える。だが、もちろん完璧ではなく、暗所での撮影などではフルサイズが恋しい時もある。
 それでもマイクロフォーサーズ一本で行こうと思ったら、LEICA DG VARIO SUMMILUX 10-25mm F1.7、25-50mm F1.7は必要だ。このスペシャルな2本のズームレンズがあれば、僕の場合は完全にマイクロフォーサーズだけでやっていけそうに思う。
 しかし、この2本のレンズを導入しようと思ったら、40万円以上かかってしまう。それならフルサイズのLUMIX DC-S5レンズキットとSIGMA 28-70mm F2.8 DG DN、LUMIX S 85mm F1.8が余裕で買えてしまうのだ。しかも、これらの機器は、フルサイズとしては軽量コンパクト。その点ではマイクロフォーサーズのアドバンテージはそこまで感じない。ある程度のラインを超えると、マイクロフォーサーズの良さが活かしにくくなるということか。
 つまり、用途に応じてフォーマットを選んだ方が効率が良いということなのだが、複数のマウントを維持するのは大変だ。機材も必要以上に増えるからコストもかかる。場合によっては使い勝手も大きく変わる。もちろん、フルサイズでもLUMIXを選べば使い勝手で困ることはないのだが…。
posted by 坂本竜男 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年08月07日

アルスオブ珈琲のザ・ブレンド

22.8.71.jpg

 今朝のコーヒーは、アルスオブ珈琲さんのザ・ブレンド。焙煎は中煎でバランスがよく、毎日飲みたくなるスッキリした美味しさ。これは良い!
 アルスオブ珈琲さんは、鳥栖市民待望の鳥栖初の自家焙煎の珈琲店。今月に真木町にオープンしたばかり。鳥栖初だけあって、かなり力が入ったお店作り。定期的に行きたいお店です。
posted by 坂本竜男 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年08月05日

関係するアート展vol.2

22.8.53.jpg

22.8.54.jpg

22.8.55.jpg

22.8.56.jpg

22.8.57.jpg

22.8.58.jpg

22.8.59.jpg

 食事の後は、佐賀県立博物館。「関係するアート展vol.2」を観に行った。
 前回の展示がとても印象的だったこのシリーズ。障害を持った方たちの表現することに対する「純度の高さ」が多くの人たちの心を捉え、この展示のテーマであるたくさんの人たちと「関係する」ことにつながった。
 今回は、そういう意味では少し印象が違った。表現の純度というよりも、別のものを感じたのだ。それは、「関係すること」がより進んだ結果なのか、表現の方向性が変わったからなのかはよくわからない。正直なところ、今回は前回ほどのインパクトは残念ながら感じられなかった。作家さんたちの良さがスポイルされてなければ良いな〜と思った。
 様々な団体がサポートすることで、この展示は成り立っているし、作家さんたちも作品を発表できる。だが、団体の関わり方も難しそうだ。サポートするのと、やらせるのは違うからね。
posted by 坂本竜男 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

南天寿司のにぎりランチ

22.8.51.jpg

22.8.52.jpg

 今日のランチは、みやき町の南天寿司さん。初めて行くお店だ。
 ランチメニューはにぎりとあらだきの2種類。いずれも1,000円(税込)。にぎりを注文した。
 にぎりは、寿司8貫にサラダ、お吸い物、筑前煮、茶碗蒸し、そしてコーヒーがつく。低価格なのに、一つ一つがちゃんと美味しい。価格を大きく超えるクォリティだ。
 ちょっと寿司が食べたいな〜と思った時、回転寿司チェーンよりもずっと上質、なのに気軽に食べれる価格設定なのが嬉しい。この価格だから極上というわけにはいかないが、十分に満足できる美味しさだ。リピート決定です!
posted by 坂本竜男 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2022年08月04日

今日の地元の夕景は夏ならでは

22.8.42.jpg

22.8.43.jpg

22.8.44.jpg

22.8.45.jpg

22.8.46.jpg

22.8.47.jpg

22.8.48.jpg

 今日の地元の夕景は、いつも以上にダイナミック。大きな積乱雲が夕日に照らされ、独特の雰囲気に。真夏ならではの夕景だ。夢中になってシャッターを切っていると、どんどん表情が変わってくる。気がつくと、いつの間にかおとなしい風景に。この瞬間を見れただけでもラッキーだったなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

SUMMILUX 9mmは絵画的?

22.8.2-6.jpg

 LEICA DG SUMMILUX 9mmは軽量コンパクトなこともあって、常にカメラバッグの中に入っている。いざというときに18mm相当の広い画角は重宝するし、その描写の良さも気に入っているからだ。
 初めは接写でのハーフマクロ撮影が面白かったのだが、風景写真も思いのほか良い。個人的には、ちょっと絵画的な描写に感じていて、それがとても新鮮なのだ。
 このレンズは中央の解像度は絞り開放からかなり高いけれど、隅々まで高解像度というわけではない。だが、パナライカならでの色乗りの良さと線の細さとやわらかさ・しなやかさが相まって、感情移入したくなるような絵画的な描き方をする。それはやさしいとか、あたたかみがあるとかだけでなく、ときにダイナミックになったり、高揚感があったりするのだ。
 まぁ、これは僕の思入れが思いのほか強く、自分で勝手にそう感じているだけなのかもしれないが。でも、ちょっとだけ感情を揺さぶられる写真が撮れるような、そんな気にさせてくれるレンズではあるのだ。だから、ついつい持ち出してしまうのである。
posted by 坂本竜男 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ