2023年01月07日

ゆふいん角打屋の熟成明太子のブルーチーズ和え

23.1.3-4.jpg

23.1.3-5.jpg

 昨年、由布院旅行の際にゆふいん角打屋さんで買った、熟成明太子のブルーチーズ和えがとんでもなく美味い。
 濃厚で旨味がたっぷり。最初の一口から余韻まで素晴らしい。そのまま食べても美味いが、生ハムとクラッカーに合わせると、これまた抜群。お酒との相性も抜群。これは病みつきになるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

ゆふいん麦酒 ゆふの香り

23.1.71.jpg

 今日の晩酌は、ゆふいん麦酒 ゆふの香り。湯布院のエールタイプのビールだ。
 こちらは先日のゆふの豊純と比べると、ガツンとくる飲みごたえ。香ばしい香りと深いコクが良い。ワインのようにじっくり飲みたくなるビール。美味いねぇ。
posted by 坂本竜男 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

なぜ揺れ動くのか?

 キヤノン6D mark IIから完全にマイクロフォーサーズに移行して2年ほど経つ。マイクロフォーサーズをメインで行こうと覚悟を決めたはずなのに、ここ最近はXT-5やS5IIが気になって仕方がないのは、マイクロフォーサーズへの移行とミラーレスへの移行が同時だったために、それらのメリットやデメリットがごっちゃになっていたからだと思う。それは、マイクロフォーサーズのメリットとミラーレスのメリットを理解しているつもりで、どこか混同していた部分があったのではないかということだ。
 それに加え、マイクロフォーサーズの最大のメリットであるシステム全体での軽量コンパクトさも、上位フォーマットである程度実現できてきていることも大きい。フジなんてマイクロフォーサーズと同等以上に小さい(レンズは別だが)。
 価格に関してはマイクロフォーサーズの方が安くはあるが、今回のLUMIX S5IIのように挑戦的な価格提示をされると、圧倒的なアドバンテージはないとも言える。ただ、小さくて安くて写りの良いレンズの多さは、マイクロフォーサーズならではとは思うのだけれど。

 では、マイクロフォーサーズ一本でやっていけるのだろうか?
 今のところ、仕事ではとくに問題はない。むしろ、その小型軽量さと被写界深度の深さはメリットになっている。画質も全く問題ない。むしろ、印刷物になった時は解像感が上がって、フルサイズ時代よりも良くなったと感じる部分も少なくない。
 ただ、暗所での撮影は少々厳しいし、実は低感度もちょっと厳しいと感じる時がある。これはキヤノンフルサイズ時代には感じなかったことだ。この辺りは、センサーの限界なのだろうか。ちなみにノイズに関してはデータ上では多少気になるときも、印刷物になると気にならないことが多かった。
 現時点ではマイクロフォーサーズだけでも仕事上は基本的には問題はない。つまり、現状に問題はないのだ。ただ、フルサイズを追加することで撮影環境をより強化できるのは間違いない。
posted by 坂本竜男 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ