2024年02月01日

LUMIXかSIGMAか未だに悩む

 LUMIX S5IIを導入して10ヶ月。そろそろ新しいレンズの必要性が高まってきた。その中でも特に優先順位が高いのが中望遠単焦点レンズである。
 最初はLUMIX 85mm F1.8で十分と思っていたが、やはりボケがさらに豊かで解像度も高いSIGMA 85mm F1.4 DG DNが欲しいと思うようになった。
 LUMIXのレンズは全体的に動画寄りの画質だし、AFもS5IIで使う限り有利だ。SIGMAはカリッとした解像感が特徴で、スチルには特に向いている画質のように感じる。だから、本来ならスチルメインの僕は迷わずSIGMAを選べばいいということになる。
 しかし、そう単純なものではない。LUMIXのやわらかで繊細ながら解像度も高い画質は、インパクトは小さいものの、個人的には好みのものではある。一般的には動画向きの画質かもしれないが、スチル目線でも魅力ある画作りなのだ。
 これは85mm単焦点に限った話ではない。50mmや35mmなど、ほかのレンズでも画質に関しては同様の傾向があるようだ。ちなみに85mmの次は35mmと思っているが、これも相当悩ましいのである。
 まぁ、まずはG9 PRO IIを買うことが先なのだけれど…。
posted by 坂本竜男 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ