2014年07月20日

価格と部数

 さぁて、インディーズ出版として発行する、最初の本の価格はいくらにしよう。そして、何部発行しよう。
 発行し、それが利益をキチンと生むまで、クリアすべき事は多々ある。しかし、全部クリアまでもう待ちきれない。
posted by 坂本竜男 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーズ出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101858455

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ