2014年11月16日

南方熊楠英文論考「ノーツ アンド クエリーズ」誌篇 12月15日発売

 「ネイチャー」誌篇に続いて、やっと集英社から発売決定。熊楠の英文での寄稿と言えば「ノーツ アンド クエリーズ」。知名度だけなら「ネイチャー」だが、面白さと寄稿の数なら断然こちらだ。まだ、詳細は出てないが、これは読みたい!
 問題は価格。12,000円(外税)かぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方熊楠・民俗学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105633570

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ