2014年11月19日

マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開

02.jpg

03.jpg

 ついにお目見えしたマツダCX−3。新型デミオベースのコンパクトクロスオーバーSUVだ。ニッサン・ジュークたホンダ・ヴェゼルと競合するモデルになる。
 個人的にはあまりSUVに関心がない。それに今のSUVはコンパクトと言いつつ、幅は1.7mを超える3ナンバーだ。もっと小さくても良いのでは、といつも思う。
 …と、それらを踏まえた上でもCX-3は惹かれるものがある。1.5リッタークリーンディーゼルの「SKYACTIV-D 1.5」は魅力がある。それにCX-5よりもデザインのまとまりは良い。コンパクトSUVの中では優れたデザインだと思う。また、SUVにしては車高もそんなに高くないのもいい。使い勝手も良さそうだ。
 でも、自分で買うかと言われれば「ノー」かな?買うとすればデミオだろうけど、僕の場合、しばらくクルマの買い替えはないだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105761892

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ