2014年12月09日

ネット社会の疑問

 昨日からネット環境がトラブルで使えず、今日の夕方にやっと復旧。その間、プロバイダとアップルに何度も交替に電話をかけ、ほとんど仕事にならなかった。あらためて、自分の仕事がネットに依存していることを実感した。
 今や、仕事でも日常生活でもネットが不可欠になっている。ゆえにトラブルでその環境が使えないとき、いろいろなものがストップしてしまう。このことに恐怖を感じてしまった。これからはネットがなくても仕事も生活も成り立つことが求められるのではないか、そんな気がしているのだ。
 ネットの恩恵をしっかり受けているとはいえ、その真逆のことも模索すべきではないか。今だからこそ、アナログが力を発揮するような気がする。
posted by 坂本竜男 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 原始に学ぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106250125

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ