2015年09月13日

FIAT 500X & 500L 展示試乗会・商談会へ行って来た

15.9.131.jpg

15.9.132.jpg

15.9.133.jpg

15.9.134.jpg

 フィアット500Xと500Lの展示試乗会へ行ってきた。
 前評判の高いフィアット初のコンパクトクロスオーバーSUVである500Xは、もうすぐ正規で日本に入ってくるし、他のメーカーのライバルにはない魅力がある。しかし、僕はこのカテゴリーのクルマにそこまで関心がないらしい。魅力的だったのは断然500Lの方だった。
 500Lも500と比べると相当大きい。しかし、幅が広いだけで全長はそこまで長くない。むしろコンパクトである。グラプンと比べると、幅と全長は10cmほど大きいにすぎない。だが、中は広大だ。しかも見切りも良いし、運転もしやすい。デザインも雑誌やWEBで見るより遥かに魅力的だ。これが正規で入ってくる予定がないのが理解に苦しむ。右ハンドルだったら、購入を真剣に悩むと思う。

15.9.135.jpg

 500Xと500Lの他にもアバルトやアルファロメオ ジュリエッタなどが展示されていたが、やはり注目はアルファロメオ4C。実は現車を見るのは初めてだ。しかし、こんなに実物はカッコいいとは!自分が買える経済力があったとしても、多分買わないと思うが、友人の誰かに買って欲しいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
500x 見たとたんに欲しい、これ以外にないと思ったが、この500Lもいいねどうして輸入しないんだろう、これも欲しい。。
Posted by ABマン at 2015年12月14日 12:32
ホントですね。
500Lは右ハンドルがあれば、本気で欲しいと思うくらい魅力的でした。
なんとかして欲しいですね。
Posted by 坂本竜男 at 2015年12月15日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163534625

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ