2016年02月06日

I AM

16.2.63.jpg

 モールス・ホワイトを偲んで…。
 改めて聴くと、やはりこの頃のEW&Fは最強かも。とくにこのアルバムの完成度の高さは素晴らしい。こんなにキャッチーで美しく、飽きることなく聴き込める。ノリが良いし、明確なわかりやすさがあるのに、決してうすっぺらくない。今更だけど、ホント凄いね。
posted by 坂本竜男 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173581994

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ